Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「南米」×「IT」×「ベンチャー」国境かかわらずチャレンジをしたい

株式会社レアジョブに入る前

父が独立して楽しそうに働いている姿を見ていたことなどがきっかけで、学生時代からビジネスに関心がありました。そのため、大学入学後は大学の勉強よりも、iPhone営業販売・企業ウェブサイト制作・起業家インタビューなど学外活動にのめりこんでいました。その活動の中でレアジョブの加藤に出会い「将来ベンチャーをやりたいなら、ベンチャーに入ってみることが一番だよ」と言われたことがキッカケで、レアジョブでインターンを始めました。そして、インターンを経て3か月後には1年間の休学届を出してフルタイムで働き始めることになりました。休学までした理由は、レアジョブが「グローバル」×「教育」×「IT」という自分の関心領域で急成長していること、インターンを通して経験の浅いメンバーでも活躍のチャンスが掴める会社であることが分かっていたこと、そして何よりインターンが楽しかったこと、です。

フルタイムの学生社員として働いていた時は、主に立ち上がり期のB2B事業に携わり、法人営業や研修カリキュラム開発、リクナビとの提携キャンペーン、スピーキングテスト開発などを担当しました。部署が上司2人と私1人という3人体制だったので、B2B事業に関わるあらゆることを経験できました。この時代に、初の海外旅行に行き異文化体験をしたり、フィリピン出張でそれまで日本からスカイプ上でしか話していなかったメンバーと実際に出会って感動をしたりなど、「国境かかわらずチャレンジをしたい」という今の自分のモチベーションの土台となる体験をしました。大変充実した日々だったので大学中退も頭によぎりましたが、それよりも実際に働く中で分かり始めてきた自分の強み弱みを学生に戻って伸ばしたいと思い、大学復学を決めました。

復学後すぐは、レアジョブで学んだことを活かして自分でベンチャーを立ち上げようとしましたが失敗しました。その後、自身の課題となっていた英語力や異文化コミュニケーション力を徹底的に伸ばそうと思い、レアジョブ受講で準備をして、フィリピン1ヵ月間留学、アメリカのイリノイ大学に1年間留学、などをしました。特に、IT・アントレプレナーシップ教育を重視するイリノイ大学での留学は今の自分に大きな影響を与え、帰国後は「グローバル」×「IT」×「ベンチャー」という軸で就職活動を行いました。当初は働く場所として東南アジアを考えており、インドネシアやミャンマーに赴きITスタートアップでインターンをしていたのですが、就職活動の途中で加藤・中村に久々に会い「今度ブラジルに展開するからやってみない?」という話を聞いて一気に気持ちがそちらに傾きました。ブラジル市場におけるオンライン英会話事業の可能性を感じたこと、「東南アジア」×「IT」でやっている同世代は周りに沢山いるが「南米」×「IT」はいないこと、そしてレアジョブの経営陣を知っているので働き方に関してはギャップなく安心できることが決め手となりました。

現在

今回再入社してからは一貫して、オンライン英会話事業のブラジル展開を担当しています。ブラジル市場のリサーチ、ブラジルにおける事業責任者の研修資料作成、フィリピンオフィスとの連携、サービス開発の上流工程の補助、カスタマーサポート体制の仕組みづくりや、政府補助金の獲得など、立ち上げに関わる全般を実行しています。

また、今年9月下旬からはブラジル長期出張の機会を得て、現地において様々なマーケティング・PR施策を試して仮説検証、関連事業のフィジビリティ調査、さらにはポルトガル語の学習も行っています。

ブラジルは日本の反対側に位置し言語も文化も全く異なり、ビジネスどころか生活することすら簡単ではありません。この状況の中でビジネス立ち上げを行うのはハードルが多いですが、それだけ学びも多く非常に充実した毎日を送っています。若いうちから幅広い業務について大きな裁量で仕事をできるのがベンチャーの醍醐味だと思いますが、その中でもレアジョブは特に「異文化に飛び込む覚悟」がある人にとっては、他にないくらい面白く濃い経験をできる場所だと思います。フィリピンオフィスとの連携やフィリピン事業、ブラジル事業、さらにはその後の諸外国への展開など、活躍の機会に溢れています。

株式会社レアジョブについて

レアジョブという会社の最大の特徴は、一言で表すとフラットであることだと思います。例えば、役職にかかわらず全員「さん」づけで呼び合うカルチャーです。新卒1年目だから、経験が浅いから、という理由で、意見が無視されることはありませんし、同様に経営陣や上位の役職者に意見を言いづらい、という雰囲気もありません。 これは、レアジョブが創業当初からフィリピンの仲間と一緒に仕事をつくりあげてきたため、異文化や多様性を受容・尊重するカルチャーが自然と根付き、日本オフィスでの組織の在り方にも影響しているのだと思います。このフラットさがあるからこそ、新卒1年目の私でも多くの機会に恵まれ、日々成長できていると実感しています。

今後どういうことをしていきたいか

レアジョブのミッションである"Chances for everyone, everywhere"を実現するため、まずはブラジル事業を軌道に乗せて、ブラジルにおいて多くの方々に格安 で高品質な英会話サービスを届けたいと思っています。また、ブラジル以外の グローバル展開も実現していきたいと思います。 その中で個人としては、海外で事業をつくるところ・軌道に乗せるところを、優秀なメンバーたちとともに経験し、将来的には自分が中心となってそれを実現できる実力を身につけたいです。

株式会社レアジョブでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
4e8ea753 4362 4319 822e 9eea915ec16d
Picture?1523096167
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
12654336 10153899719536764 8976836821513568140 n
4 いいね!
Anonymous
4e8ea753 4362 4319 822e 9eea915ec16d
Picture?1523096167
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
12654336 10153899719536764 8976836821513568140 n
4 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon