1
/
5

時代の流れが変化している今こそ必要とされる、READYFORのプロダクト開発


皆さま、はじめまして。

READYFORでエンジニア・デザイナー採用担当をしております、西和田です。

緊急事態宣言が解除されたとはいえ、コロナ禍は私達の生活にそれぞれの影響を与えました。READYFORも、2月後半から全社フルリモート体制となり、メンバーがこれまで以上に密なコミュニケーションを心掛け、誰もが初めて経験するこの事態を乗り越えようとしています。

そんな中、「この状況の中で、私達にできることはないか?」と社員が一丸となり「必要とされるところに必要な資金が届く」ように、さまざまなアクションを取りました。

今こそ、必要なところに想いの乗ったお金を届けたい

新型コロナウイルス感染症の拡大防止に取り組む、個人・団体・事業者・医療機関・自治体の為のクラウドファンディングでは、活動にご賛同頂いたプロ野球界からもご支援があり、メディアにも多数取り上げて頂きました。

沢山の方に拡散して頂き、これまでの最高同時アクセス数を更新し続けるような時期もありましたが、プロダクト開発チーム一丸となってサービスの信頼性向上に日々注力しております。本当に多くの方のご支援を頂き感謝しております。

新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金

【#マスクを医療従事者に】あなたの拡散や寄付が医療の力に

【#マスクを医療従事者に】あなたの拡散や寄付が医療の力に - クラウドファンディング READYFOR (レディーフォー)
アクセスの集中による二重決済等、ご支援の不具合のあった支援者様に対しては、数日以内にREADYFORにて履歴を確認し、ご本人の登録メールアドレス宛にご連絡をさせていただきます。 ※ ご支援が正常に実行されたかどうかは、「マイページ」の「購入履歴」にてご確認いただけます。 ※上記、および銀行振込決済分の入金確認に伴い、最終的な寄附総額はこの先変動する可能性があります。 【この件に関するお問合せ先】 <READYFOR事務局>メールアドレス: info@readyfor.jp 開始約21時間で1億円到達という
https://readyfor.jp/projects/JapanMaskProject

地域飲食応援 クラウドファンディング「みらい飯」

長友佑都 緊急企画:コロナで苦しむ"ひとり親"へ支援を届けたい

国内クラウドファンディング史上最高額達成。

大変有難いことに、READYFORメンバーとクラウドファンディング実行者の方の想いは多くの方に伝わり、クラウドファンディング史上最高額達成へと繋がりました。怒涛の55日間の軌跡は、是非、下記をお読みください。

国内クラウドファンディング史上最高額達成。コロナ基金、立ち上げから55日間の軌跡

プロダクトチームのメンバー募集中!

さて、「ウィズ コロナ」とも言われるこの時代、今後も必要なところに想いの乗ったお金を流すというミッションの為、私たちREADYFORは邁進して参ります。多様な資金の流通を実現していくうえで、エンジニアリングは経営の最重要テーマとなっており、強くしなやかな組織づくりをしていただきたいと思っております。

今こそ必要とされる、READYFORのプロダクト開発チームに、是非お力添えください。

現在、リードフロントエンジニア、リードバックエンドエンジニア、バックエンドエンジニアリングマネージャー、決済・会計領域のエンジニアの各ポジションを募集しております。

※現在、基本的にはオンラインでのご面談とさせて頂いております。

リードフロントエンジニア

リードフロントエンドエンジニア
お金を軸に社会課題と真っ向勝負するリードフロントエンドエンジニア募集!
「想いの乗ったお金の流れを増やす」というミッションを掲げ、様々な団体・個人の資金集めや寄付をしたい法人・団体の支援をしています。 || クラウドファンディングサービス「READYFOR」 主幹事業であるクラウドファンディングサービス「READYFOR」は、国内最大級のクラウドファンディングサービスとして、中学生から80代の方まで幅広い方々の夢への一歩をサポートしています。 || 「レディーフォー遺贈寄付サポート」 近年、終活への意識の高まりや、おひとり様世帯の増加などを背景に、遺贈寄付に対する意識・関心が高まっています。2020年7月には自筆証書遺言書保管制度が開始するなど、関連制度の整備も進んでいます。一方で、社会的な活動を行う団体の多くは、遺贈寄付の呼びかけ・受入に必要な人員・財源・知識が不足しており、遺贈寄付に関する取り組みを思うように進められていない現状があります。 そこで、遺贈寄付サポートでは、READYFOR社内に相続・遺言の専門家を含むチームを組成し、社会的な活動を行う団体と遺贈寄付検討者の方のマッチングの実施に加え、団体が抱える遺贈寄付受入に関する悩みに寄り添った包括的なサポートを行っています。 団体の資金調達手段の多様化・強化を推進することで、「想いの乗ったお金の流れ」を増やしていきます。 || 「READYFOR 継続寄付」 READYFORは、NPO・医療機関などの活動団体が継続的に寄付を募集し、支援者情報を管理することができる「READYFOR 継続寄付」を提供しています。 「READYFOR 継続寄付」は社会的活動団体が掲載料無料で、毎月の寄付金を集めることができる新サービスです。これまでのクラウドファンディングサービスREADYFOR同様、前後のサービスを含めて、安心してご利用いただける体制をご用意しました。 過去に実施したクラウドファンディングの支援者様にREADYFORのプラットフォーム上で継続寄付募集の声かけをすることができ、支援者様には登録済みの決済情報などをご利用いただくことができるので、気軽に継続寄付を始めてもらいやすくなります。また、支援者情報の管理がスムーズになる等、団体の継続的な寄付集めを促進する仕組みを構築しています。 その他、新しい事業の立ち上げも行っており、READYFORは一度きりの寄付集めから、トータルファンドレイジングを実現するサービスへと進化する第一歩を踏み出しています。
READYFOR株式会社

リードバックエンドエンジニア

バックエンドエンジニアリングマネージャー

バックエンドEM
バックエンドチームのエンジニアリングマネージャー募集!
「想いの乗ったお金の流れを増やす」というミッションを掲げ、様々な団体・個人の資金集めや寄付をしたい法人・団体の支援をしています。 || クラウドファンディングサービス「READYFOR」 主幹事業であるクラウドファンディングサービス「READYFOR」は、国内最大級のクラウドファンディングサービスとして、中学生から80代の方まで幅広い方々の夢への一歩をサポートしています。 || 「レディーフォー遺贈寄付サポート」 近年、終活への意識の高まりや、おひとり様世帯の増加などを背景に、遺贈寄付に対する意識・関心が高まっています。2020年7月には自筆証書遺言書保管制度が開始するなど、関連制度の整備も進んでいます。一方で、社会的な活動を行う団体の多くは、遺贈寄付の呼びかけ・受入に必要な人員・財源・知識が不足しており、遺贈寄付に関する取り組みを思うように進められていない現状があります。 そこで、遺贈寄付サポートでは、READYFOR社内に相続・遺言の専門家を含むチームを組成し、社会的な活動を行う団体と遺贈寄付検討者の方のマッチングの実施に加え、団体が抱える遺贈寄付受入に関する悩みに寄り添った包括的なサポートを行っています。 団体の資金調達手段の多様化・強化を推進することで、「想いの乗ったお金の流れ」を増やしていきます。 || 「READYFOR 継続寄付」 READYFORは、NPO・医療機関などの活動団体が継続的に寄付を募集し、支援者情報を管理することができる「READYFOR 継続寄付」を提供しています。 「READYFOR 継続寄付」は社会的活動団体が掲載料無料で、毎月の寄付金を集めることができる新サービスです。これまでのクラウドファンディングサービスREADYFOR同様、前後のサービスを含めて、安心してご利用いただける体制をご用意しました。 過去に実施したクラウドファンディングの支援者様にREADYFORのプラットフォーム上で継続寄付募集の声かけをすることができ、支援者様には登録済みの決済情報などをご利用いただくことができるので、気軽に継続寄付を始めてもらいやすくなります。また、支援者情報の管理がスムーズになる等、団体の継続的な寄付集めを促進する仕組みを構築しています。 その他、新しい事業の立ち上げも行っており、READYFORは一度きりの寄付集めから、トータルファンドレイジングを実現するサービスへと進化する第一歩を踏み出しています。
READYFOR株式会社

SoR(決済・会計エンジニア)

決済・会計基盤エンジニア
新たな資金流通エコシステムの基盤をつくる、SoRエンジニア募集!
「想いの乗ったお金の流れを増やす」というミッションを掲げ、様々な団体・個人の資金集めや寄付をしたい法人・団体の支援をしています。 || クラウドファンディングサービス「READYFOR」 主幹事業であるクラウドファンディングサービス「READYFOR」は、国内最大級のクラウドファンディングサービスとして、中学生から80代の方まで幅広い方々の夢への一歩をサポートしています。 || 「レディーフォー遺贈寄付サポート」 近年、終活への意識の高まりや、おひとり様世帯の増加などを背景に、遺贈寄付に対する意識・関心が高まっています。2020年7月には自筆証書遺言書保管制度が開始するなど、関連制度の整備も進んでいます。一方で、社会的な活動を行う団体の多くは、遺贈寄付の呼びかけ・受入に必要な人員・財源・知識が不足しており、遺贈寄付に関する取り組みを思うように進められていない現状があります。 そこで、遺贈寄付サポートでは、READYFOR社内に相続・遺言の専門家を含むチームを組成し、社会的な活動を行う団体と遺贈寄付検討者の方のマッチングの実施に加え、団体が抱える遺贈寄付受入に関する悩みに寄り添った包括的なサポートを行っています。 団体の資金調達手段の多様化・強化を推進することで、「想いの乗ったお金の流れ」を増やしていきます。 || 「READYFOR 継続寄付」 READYFORは、NPO・医療機関などの活動団体が継続的に寄付を募集し、支援者情報を管理することができる「READYFOR 継続寄付」を提供しています。 「READYFOR 継続寄付」は社会的活動団体が掲載料無料で、毎月の寄付金を集めることができる新サービスです。これまでのクラウドファンディングサービスREADYFOR同様、前後のサービスを含めて、安心してご利用いただける体制をご用意しました。 過去に実施したクラウドファンディングの支援者様にREADYFORのプラットフォーム上で継続寄付募集の声かけをすることができ、支援者様には登録済みの決済情報などをご利用いただくことができるので、気軽に継続寄付を始めてもらいやすくなります。また、支援者情報の管理がスムーズになる等、団体の継続的な寄付集めを促進する仕組みを構築しています。 その他、新しい事業の立ち上げも行っており、READYFORは一度きりの寄付集めから、トータルファンドレイジングを実現するサービスへと進化する第一歩を踏み出しています。
READYFOR株式会社

今後のチャレンジに向けて、皆さまからのご応募を心よりお待ちしております!

READYFOR株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
16 いいね!
16 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング