1
/
5

6年前の今日「Readyfor」生まれました。

こんにちは!HRの増田です。

実は、本日3/29はクラウドファンディングサイト「Readyfor」の誕生日なんです。

ということで特設サイトをご用意しましたので、ぜひご覧ください!


と同時に「ハフィントンポスト」に代表米良の記事も掲載いただきました!

アメリカでクラウドファンディングという仕組みに出会って「びびびと来た」そうです。人のアドバイスも重要ですが、自分の思いに立ち返ることは簡単なように見えて難しい。けど大切なことだと思います。

働く場もそうだと思います。READYFOR株式会社に「びびび」と来た方。ぜひ「話だけ聞いてみたい」でもご応募お待ちしております!


キュレーター
BtoC×ソーシャルインパクト×ITベンチャーで活躍したいメンバー募集!
「想いの乗ったお金の流れを増やす」というミッションを掲げ、様々な団体・個人の資金集めや寄付をしたい法人・団体の支援をしています。 || クラウドファンディングサービス「READYFOR」 主幹事業であるクラウドファンディングサービス「READYFOR」は、国内最大級のクラウドファンディングサービスとして、中学生から80代の方まで幅広い方々の夢への一歩をサポートしています。 || 「レディーフォー遺贈寄付サポート」 近年、終活への意識の高まりや、おひとり様世帯の増加などを背景に、遺贈寄付に対する意識・関心が高まっています。2020年7月には自筆証書遺言書保管制度が開始するなど、関連制度の整備も進んでいます。一方で、社会的な活動を行う団体の多くは、遺贈寄付の呼びかけ・受入に必要な人員・財源・知識が不足しており、遺贈寄付に関する取り組みを思うように進められていない現状があります。 そこで、遺贈寄付サポートでは、READYFOR社内に相続・遺言の専門家を含むチームを組成し、社会的な活動を行う団体と遺贈寄付検討者の方のマッチングの実施に加え、団体が抱える遺贈寄付受入に関する悩みに寄り添った包括的なサポートを行っています。 団体の資金調達手段の多様化・強化を推進することで、「想いの乗ったお金の流れ」を増やしていきます。 || 「READYFOR 継続寄付」 READYFORは、NPO・医療機関などの活動団体が継続的に寄付を募集し、支援者情報を管理することができる「READYFOR 継続寄付」を提供しています。 「READYFOR 継続寄付」は社会的活動団体が掲載料無料で、毎月の寄付金を集めることができる新サービスです。これまでのクラウドファンディングサービスREADYFOR同様、前後のサービスを含めて、安心してご利用いただける体制をご用意しました。 過去に実施したクラウドファンディングの支援者様にREADYFORのプラットフォーム上で継続寄付募集の声かけをすることができ、支援者様には登録済みの決済情報などをご利用いただくことができるので、気軽に継続寄付を始めてもらいやすくなります。また、支援者情報の管理がスムーズになる等、団体の継続的な寄付集めを促進する仕組みを構築しています。 その他、新しい事業の立ち上げも行っており、READYFORは一度きりの寄付集めから、トータルファンドレイジングを実現するサービスへと進化する第一歩を踏み出しています。
READYFOR株式会社



累計5,500件ものプロジェクトがReadyforでスタートしていますが、まだまだわたしたちがつくりたい「挑戦と応援」の連鎖にはほどとおいです。社内のメンバーも、もっともっと必要としている人に届けていきたい!とあらためて感じる日となりました。

READYFOR株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
7 いいね!
7 いいね!
今週のランキング