社員紹介:前職は不動産の賃貸営業。給与よりも成長感を選び転職し、現在はグループマネージャーに

徳山晋一 2008年入社/仙台飲食G グループマネージャー

前職は不動産の賃貸営業。トップクラスの成績を収めていたが、給与よりも成長感を選び転職。リクルートの大阪勤務時代には通期MVPに輝く一方でメンバーの育成にも注力。福岡への異動を経て社員登用。現在はグループマネージャーとしてさらに多くのメンバーに影響を与えている。

圧倒的に売れる営業を目指した日々。

前職は不動産の賃貸営業。正社員という立場を捨てて契約社員になることに迷いもありました。しかし、営業としてお金を稼ぐだけでは同じような明日が続くだけ。年をとっても目を輝かせて働きたい。自分を成長し続けられる環境が、リクルートライフスタイルにはあると信じていました。3年経ったら会社から「ここでもっと働いてくれ」と頼まれるくらいの人材になってやると決めて入社。ホットペッパーグルメの営業として、リクルートの中でも「圧倒的に売れる営業」「必ず効果を出す営業」を目指しました。徹底的なヒアリングに基づいた綿密な計画、常に上を目指すという覚悟で、2年目には営業部の全社員から選ばれる年間MVPも獲得することができました。昨日よりも成長した今日を感じ続けた日々でした。


クライアントもメンバーも成長にかける想いは同じ。

あまりに一人でがむしゃらすぎて、「一匹狼」なんてあだ名をつけたれたこともあります。そんなとき先輩に「メンバーを引き上げて、組織のために頑張ってほしい」と言われたのです。周りを見渡してみれば、ここの先輩たちは仲間の成長にも貪欲な人ばかり。人に教えることで自分も成長できると気づいたとき、次の成長のフィールドが目の前にひろがったのです。自分のもとに来るメンバーは絶対に成長させていこうと誓い、マネジメントを学んできました。中でも特に大切にしてきたのが課題設定スキル。現状の自分と、未来のありたい自分とのギャップを明らかにし、課題解決の計画を立てる力です。“現状”と“目指す姿“の間で必死に成長しようとするのは、クライアントも、社内のメンバーも同じ。相手のよりよい未来を本気で考え、提案するスキルは、社会人として大きなプラスになりました。


本気の仲間には、本気で応える。

振り返ると、自分も入社当時は気づきを与えてもらってばかりでした。しかし今では、気づきを与える立場へと成長することができた。だからこれからはさらにその先。グループマネージャーとして仲間や後輩に「気づきを与える人」を育てていきたいです。実際に、自分の後輩がチームリーダーになり、全国で活躍しているという噂を耳にすると、自分のことのように嬉しくなります。メンバーに対しては、その人の「3年の人生を預かる」という気持ちなので、強みの活かし方、成長の仕方をものすごく考えますね。それは、ホットペッパーで効果を出せるだけでなく、3年経ち、たとえ卒業した後でも、社会で活躍できる人材を育成していきたいから。いつの間にか私も、自分を育てて気づきを与えてくれた先輩のように、後輩を放っておけない人になったみたいです。本気で成長したいと思っている人には、本気で応えるマネージャーとして、これからもみんなを見守り続けていきます。

株式会社リクルートライフスタイル(企画営業職)'s job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more