1
/
5

経営者たちの成し遂げてきたものから、得るべきもの。

株式会社ZOZO設立についての広告を見ました。



10月1日に掲載されたこの広告が話題に。

一連の記事を読んでいると、それだけで社風や社員の表情が見えるような気がしてきます。

そういえば、ZOZOという名前はいつの間にか当たり前のように知っていたけど、一体どんな会社なのかを知らないことに気が付き、調べてみました。

社長の前澤氏はバンドマン→小売り→現在に至るという、シンプルで一直線な道を歩んできているようです。
苦労話よりも、近年の派手な取り組みの記事が多く出てきました。

たとえば、7月に発言されたZOZO球団について。

https://news.nifty.com/art…/domestic/society/12168-10096833/

続いて9月には月周回旅行の契約。
9/17と10/9の月周回旅行について


こうした記事から、なかなか自由な社長であることが想像できるのですが、それだけ派手なことをする動機は一体何だったのでしょう。

公式サイトの社長挨拶にその答えがありそうです。



「私たちは楽しく働くことを徹底します」

この宣言を、マジで貫いているのが昨今の取り組みなのかなと思います。まだまだ目を通した記事が少ないだけかもしれませんが、どれを読んでも「競争しなくていい」「楽しむこと」それが仕事の成果に実際に繋がっている。

それを世の中に体現して見せようとしているんですね。


前澤社長の取り組みのひとつひとつは壮大で、あこがれるけれど、無理だと諦めたくなるものばかりですが、前澤社長の最初の第一歩が「自宅でレコードの通販」だと思うと、もしかすると不可能じゃないのかもしれないと思えます。

大切なのは、そのひとつひとつを楽しんで取り組んできたことなのかなと思います。

私も楽しもう。

そして、一緒に仕事してみたい!


一緒に仕事してみたい!

株式会社リフレクトエンターテイメントでは一緒に働く仲間を募集しています
今週のランキング