職業としてのコンサルタント、実はめちゃくちゃ◯◯◯◯なんです。

Wantedly 初投稿・初登場の福川です。
本日は、新卒・未経験からのキャリアチェンジでコンサルタントを目指されている方に向けて、「コンサルタントの仕事はめちゃくちゃ泥臭い」というお話をしたいと思います。

面接でいろんな方とお話させて頂く中で、時折コンサルタントとういう職業や仕事の内容を 「カッコイイ」 「すごいことをしている」と捉えていらっしゃる方々と出会います。

具体的に聞いていくと・・・
大きな会議室クライアントの重役に囲まれているというシュチュエーションで、クライアントに対して提言している姿を思い浮かべて「カッコイイ」と感じられてたり
取組みテーマとして、「戦略」という普段なかなか自身の業務などでは携わらないようなテーマ自体に取り組めることを「カッコイイ」「すごいことをしている」と感じられているようです。

コンサルタントという職業にどのようなイメージを持つのかは人それぞれなので間違っているといったことはないのですが、ただ勘違いしないで欲しいなと感じているのは、
テーマなんてカテゴライズや言い方でいかようにでもなること、大きな会議室でのプレゼンなんかもプロジェクトワークの中でのごく一部でしかなく、そこまでに至る道のりは物凄く泥臭いですし、決してすごいことをしているわけではないということです。
(*カッコイイ、すごい、泥臭いなどの定義は人それぞれなので、ここではニュアンスが伝わればまずはいいかなと思うので、定義は割愛します)

ある側面だけを見ると、かっこよく見えたり、すごいと思われることをしているかもしれませんが、
森を見ること、そこに至るまでの道のりはどんなものがあるのかも併せて考えてみると、
コンサルタントという職業にまた違ったイメージを持っていただけると思うので、是非複数の視点でコンサルタントという職業を考えて頂ければより具体的なイメージを持っていただけるのではないでしょか。

例えば・・・

クライアントがある市場での売上が低迷しており、ビジネスモデルの転換も含めて検討されていた場合、

最終的にはあるべきビジネスモデルやプロセス、戦うために整備するべき情報システムやツール等を提言することになるのですが、例えばほんとに売上が低迷しているのかの現状把握をするだけでもざくっと記載しても以下のようなアクティビティがあります。

【主なアクティビティ】
まずは、会計データや市場調査会社のデータ等を基に、
・既存ビジネスモデルの把握
・市場の定義
・自社のポジショニングの定義
・市場自体の規模と自社のシェアの把握
・今後の成長性の把握
・成長性を踏まえた中期的なポジションの想定と売上予測
等を行う必要があります。

このように、例えば最後の提言だけのイメージだけではなく、そこに至るアプローチのアクティビティを分解して想像してもらうだけでも、かなり泥臭いんだな、ということは伝わるのではないでしょうか?

また、各アクティビティそれぞれを見ていくと超人でしかできないものではなく、地道なアクティビティの積み重ねが、すごい仕事をしているように見せているという事も伝わったのではないでしょか。

次回は、コンサルタントになれば早く成長できる、って本当?という内容に関する個人的見解をお伝えできればと考えております。

*当該記事は個人的な主観に基づき作成しており、弊社の総意ではないことご理解頂ければ幸いです

Regrit Partners's job postings
Anonymous
268b93ad 6f0e 49d8 a7cd bd1148711f02?1522879064
F60d4d91 d4d4 42ca b2a7 c2a25b1cc0e3?1515491476
8eafc0ea 9061 4d7f b2f4 5ddc0c96aaa0?1533451979
Picture?height=40&width=40
A54f2825 24c7 4843 a427 d91d4af65a08?1514446906
9 Likes
Anonymous
268b93ad 6f0e 49d8 a7cd bd1148711f02?1522879064
F60d4d91 d4d4 42ca b2a7 c2a25b1cc0e3?1515491476
8eafc0ea 9061 4d7f b2f4 5ddc0c96aaa0?1533451979
Picture?height=40&width=40
A54f2825 24c7 4843 a427 d91d4af65a08?1514446906
9 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon