【勇往邁進】人生一度きり、自らの道を切り開くのは自分だ!!

エンジニアとして就職後、29歳でワーキングホリデーを利用してカナダに飛び込んだ阿久津さん。海外留学を経て営業職に就いた後、Regritに参画した河田さん。今回は「キャリア」をテーマとしたお二人の対談です。
(左:阿久津さん、右:河田さん)

河田
本日はお忙しい中、お時間いただきありがとうございます。
今回はざっくばらんにいろいろなお話を聞いていければなと思います!
よろしくお願いします!

阿久津
よろしくお願いします。

河田
まず、阿久津さんのこれまでの経歴についてお聞きしたいです。
ファーストキャリアは何をされていたのですか?

阿久津
実は、最初はシステムエンジニアとして働いていました。途中で会社が倒産したりとトラブルはたくさんあったのですが、今振り返るとエンジニアとして色々な経験をしたことが今のコンサルタントとしてのキャリアにすごく生きていると思います。

やらない後悔よりもやった後悔

河田
しかし阿久津さんは、29歳のときにワーホリでカナダに行かれていますね。
29歳といえば就職して社会人としての生活にも慣れてきた頃でなかなか難しい決断だったと思いますが、何が決め手になったのですか?

阿久津
もともと旅行好きで、海外に興味もあったので、「ワーホリに行って英語を話せるようになって、英語を使って仕事をしたい。」という思いをずっと抱いていました。ただ、その一方で今持っている仕事を手放すなど、いろいろなリスクや恐怖心でなかなか決断できずにいました。

しかし、ワーホリのビザの期限が30歳までという事もあり、今しかない!と思い切って29歳の時にカナダへ飛び立ちました。自分自身の決断というより期限に後押しされた感じですね(笑)

河田
その行動力は本当に凄いですね・・・

阿久津
行動力と言われると凄いことのように思えますが、「やらないで後悔するならやって後悔しよう!」と思い、そんなに深刻に考えずに行っちゃいましたね(笑)

河田
行く前に感じていたリスクなども含めて、実際に行ってみてどうでしたか?

阿久津
いま振り返ってみても、当時の決断に後悔はないですね。
年齢制限ギリギリでしたがワーホリに行って、海外で生活し働いたことで、海外でも働けたという自信を得て、人の輪も広がりました。また、異なる文化や広大な自然に触れることが出来て、本当に良い経験になりました。
やるまでは迷っていても、決断してやってみたら意外と簡単だったり、どうにかなったりすることが分かったので、良い意味で自信になりました

河田
なるほど。私も大学生のころにカナダに行ったので、非常に共感できる部分が多いです(笑)
おっしゃる通りで、自分で決めたことをやり切ったという自信がついたことが一番大きかったです。


阿久津さんカナダでの一枚


決断の時に大切なこと

河田
帰国後には、エンジニアとは違うコンサルタントとして働くこととなります。
なぜコンサルタントを次のキャリアとして選択されたのですか?

阿久津
前職では、エンジニアとしてシステムを構築や保守をやっていましたが、コンピュータの仕組みそのものに詳しくなってITの専門家になるよりも、それらを使っていかに課題解決をしていくかを考える方が面白いと思い、コンサルタントという職業へのキャリアチェンジを考えました。

河田
他にもコンサルファームはありますが、その中でRegritを選ばれた決め手は何ですか?

阿久津
偶然の出会いもありますが、いちばんは「人」ですね。
これまでのキャリアでの決断においても「人」の要素が占める部分が大きく、今回もRegritの人達と一緒に働きたいと思ったことが最大の決め手です。

逆に河田さんは何を軸に決断しましたか?

河田
私の場合は「直感」ですね(笑)
なぜかわからないけど、これまでの人生で選択を迫られたとき、直感で選んでうまくいった経験が多いです。

阿久津
なぜだと思いますか?

河田
直感で選んだものに全力で取り組んで、それを自分の中で正解にしてしまおう
、という考えです。決断に対して納得できているのはそのためです。
留学の話とも少し関わりますが、自分の決断を評価するのは難しいものですが、自分で納得できたときには大きな自信につながると思います

阿久津
逆に失敗するときは?

河田
決断の理由を他人に委ねてしまうと、失敗する傾向にあります。
誰かに言われたからという理由で何かを始めると、自分に逃げ道を作ってしまい、気合いが入らないです。自分で決めたからにはやりきる。そういうスタンスが私には合ってる気がします。逆に言えば、100%自分で決めた決断が、悪い方に転ぶということはないですね(笑)

実際、Regritに入ったのも直感によるところが大きくて・・・
だから、前職と全く違うこの仕事が本当に合っているのかもわかりませんね(笑)

阿久津
考えるよりも直感で飛び込むタイプですね。
でも、答えを後から作るじゃないけど、その選択を正解にするために頑張っていくのもいいですね
海外に飛び出すときのがむしゃら感を今また再現できれば、もっと面白いことが出来そうですね。

河田
そうですね。日々、修行中ですが・・・(笑)

河田さん沖縄社員旅行での一枚


「部活」のような会社

河田
実際にRegritに参画してみてどうでしたか?

阿久津
Regritにはいい意味で「部活」のような雰囲気があります。メンバー同士フラットで近い距離感で話せるので、いい議論が生まれやすいです。共通の目標に向かって全員で挑戦していくのも「部活」のようだなと思っています。

また、業務外でもみんなが会社のために自主的に動いていて、なんだかんだみんなRegritのことが好きなんだなあ、と感じますね(笑)

河田
確かにみんなでRegritを良くしていこうっていう一体感を感じます。

やりたいことが無くてもいい 

河田
今後のキャリアについてはどうお考えですか?

阿久津
うーん、正直まだわからないですね(笑)
でも、先のことを考えるときに自分の好きな考え方があって、それを心がけていますね。

やりたいことがある人は素晴らしく、そこに向かっていけば結構。
さらに、そこに向かうことに自信をもっていれば尚よし。
逆に今、やりたいことがない人は無理に探す必要はない
目の前のことに精一杯取り組み、必死でやる中で、できること、任されることが増えていく。
結果として、自分に武器・特徴ができ、今まで見えなかった景色が見えてくる。

なので、今はRegritでの業務に全力で取り組んで自分のできることを増やし、その一角を担えればなと思っています。その先でやりたいことができたら、そのとき考えます。

河田
なるほど。先のことが分からないのなら一度目の前のことに集中してみるのもいいかもしれないですね!

最後に

キャリアに対する考え方は人それぞれですが、将来のビジョンが見えない、決まらないというときは無理して探すのではなく、目の前のことに全力で取り組むことで道が拓けてくる、という阿久津さんの考え方を参考にしてみてもいいかもしれません。

Regritでは様々なバックグラウンドを持つメンバーが力を合わせて日々業務に取り組んでいます。
もし興味があるという方がいらっしゃいましたら、いつでもご連絡お待ちしております!!

Regrit Partners's job postings
Anonymous
812d1d5f 713e 4248 9bba f642e734b232?1541407063
5b0b353e 8486 4bf4 b864 fed70d43f899?1559209807
F60d4d91 d4d4 42ca b2a7 c2a25b1cc0e3?1515491476
3c3b7173 0ece 49e3 ae2d 83467547b70d?1521696715
13b18f86 90ca 4b69 80a7 19d775b1693d?1561825406
8 Likes
Anonymous
812d1d5f 713e 4248 9bba f642e734b232?1541407063
5b0b353e 8486 4bf4 b864 fed70d43f899?1559209807
F60d4d91 d4d4 42ca b2a7 c2a25b1cc0e3?1515491476
3c3b7173 0ece 49e3 ae2d 83467547b70d?1521696715
13b18f86 90ca 4b69 80a7 19d775b1693d?1561825406
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon