1
/
5

CEO’s Message for New Graduates~個としての能力を求めるならスタートアップ~

<Regrit Partnersとは>

当社はITおよび経営におけるコンサルティングファームです。他ファームと異なる特徴としては人材の多様性があります。私自身は大手外資、内資系のファーム、ベンチャーの外資系ファーム出身ですが、当社は、コンサルティングはもちろん、大手事業会社やSIerなどの業界を経験した社員がおり、職種で分類しても、コンサルタント、エンジニア、営業、など様々なバックグラウンドを持つメンバーで構成されています。

<Regrit Partners設立の背景>

いくつかありますが、最大の理由はこの業界を変革したいとの強い思いからです。

我々は、プロフェッショナル・ファームを目指しています。その意味合いは、各領域のプロフェッショナルチーム、つまり、コンサルタントやエンジニア、営業や採用のプロフェッショナルが集う集団です。

私がこのような組織を創りたいと思うようになった背景には、様々なプロジェクトを通じて経験したコンサルタントとエンジニアの対立があります。私は、クライアントを支援するために協働して価値を提供していくことが、本来あるべき姿だと思っています。しかし、私はコンサルタントがコンサルタントの視点でエンジニアを批判する、エンジニアがエンジニアの視点でコンサルタントを批判するという場面を頻繁に目にしました。

このような問題は、相互のリスペクトが欠けていることから起こるのだと思っています。そもそも、コンサルタントとエンジニアは職能が違うだけなので、お互い不足している部分を認め合い、敬意をもって補完すれば、協働することはできます。

話を聞いていれば、「そんなこと簡単じゃん」と思うかもしれませんが、この業界ではその簡単なことが凄く難しいのです。

私は組織の中で、「職能」はもちろんのこと、「個々の能力」といったレベルまで、敬意を持ち合うことが出来れば、「個人の強みを最大化」することが出来ると考えています。また、特定の強みを持ったスペシャリストが、この業界では価値を提供できる人財であると思っています。このような背景により、ある程度を卒なくこなせるジェネラリストだけではなく、個の能力を徹底的に磨いたスペシャリストが集う会社を創りたい、と強く思うようになりました。

<スタートアップでも新卒採用を実施する理由>

新卒はコンサルタントという視点でみると、時間とお金をかけて教育しなければいけない投資対象です。しかし、私は逆にスタートアップという視点でみると即戦力だと考えています。

コンサルタントは日々リスク分析、イシュー分析を業務とし慣れている反面、何か新しいことに取り組む際にどうしてもリスク等の阻害要因を見てしまい、一歩目が非常に出にくくなります。中途社員は既に培った能力や経験がある一方、新しい取り組みという面では組織を停滞させてしまう要因そのものになってしまう可能性もあります。

しかし、新卒などの若手は、素直かつリスクを見る癖がついていないため、まずはリターンを考えて、誰かが指示する前に動き始めると思います。スタートアップにとっては、この姿勢が非常に重要になると考えています。さらに、その姿は他のシニアメンバーにも刺激を与え、組織は活性化していくと思います。

また、会社を興したからには、未来を創れる人材を育てていきたいと考えているのも1つの理由です。会社は大きくなるにつれて、独自のカルチャーが作られていきます。そのカルチャーが醸成されていく環境下で共に働くことによって、今しか出来ない経験と成長を与えることも、「CxOになり得る人材を輩出する」ことをミッションに掲げるRegritの役割だと考えています。詳しくは後の章で説明します。

<得られる経験と能力>

当社で培われる能力を一言でまとめるなら「独立する能力」です。まず、コンサルタントとして経験を通じて、業種・職種の垣根をこえたポータブルなスキルが身につきます。具体的には、ロジカルシンキング、クリティカルシンキング、仮説思考といった考える力、その上でドキュメンテーション、プレゼンテーション、ファシリテーションといった形にして伝える力です。これらは、どの業界・でも必要とされています。

また、コンサルタントとして参画するプロジェクトでは、前述の能力が高いレベルで求められるため、常に自分自身で研鑽していく必要があります。

加えて、当社ではただプロジェクトを運営するのみならず、若いうちから会社を創る機会に参画していただきたいと考えています。例えば、採用、新規事業開発、ブランディングなどです。このよう経験を通じて、経営とは何かを体感いただけると思っています。

これら「コンサルタントとしてのポータブルな能力」「会社運営に関する経験」は、私がコンサルタントしても、創業者としても、独立する際に非常に役に立ちました。あくまで努力するのは自分自身ですが、当社の若手メンバーに対してもその環境を用意したいなと考えています。

<成長できる環境>

コンサルティング業界を志望する理由として多くあげられるのが「成長の速さ」だと思います。なぜ成長の速さを求めるかは様々だと思いますが、当社にはその環境があると考えています。既にご存じかと思いますが当社はスタートアップのコンサルティングファームです。メンバーが一丸となり、会社を創っていく必要性があり、年齢や職位にかかわらず、様々な挑戦機会や広い裁量権を与えています。ここが大手とベンチャーの違いだと考えます。

また、当社はオープンなコミュニケーションができる環境が整っています。よく珍しがられますが、当社には社長室や役員室はありません。それどころかオフィスに部屋を隔てる壁すらありません。このため立場問わず、個人が声を上げやすい環境になっています。他社よりメンバー全員が経営に関与する機会が多く、成長スピードは圧倒的だと考えます。「大手かベンチャーか」。就活市場ではよく聞く悩みですが、個人的には、個としての能力を引き上げたいのなら大手よりベンチャーだと考えています。

また弊社はmissionとして CxO Firm ー1000人のCxOを輩出する企業となるーを掲げています。そのmission通り、1,000人のCxOをクライアントや当社、関連会社から輩出する企業を目指しています。"x"にはあらゆる単語が入り、1領域において"最高責任者"を名乗れる人材を輩出することを指しています。



<求める人物像>

まず、前向きに物事を考える人です。若いうちにチャレンジは沢山して欲しいです。チャレンジすれば、自然とたくさん失敗します。その際、心のどこかで「何とかなる」と前向きな気持ちを持って、何度でも立ち上がり、挑める力は重要だと考えています。

次に、考えて答えを出すことが嫌いではない人です。もちろん好きであれば、それに越したことはないのですが、嫌いでなければ何とかなります。というのも、コンサルタントは考えて動く、つまり“考動”する職業ですので、考えることが全てではありません。むしろ、スタートアップにとっては、考えても動かないほうが問題です。そのため、考えながら動き、その過程で学べる人は、当社のカルチャーにフィットすると考えています。

最後に、コツコツ取り組める人です。私はこれが最も重要と考えています。よく学生の方にお話を聞くと、コンサルティングの仕事を勘違いしている方が多いのかなと感じます。

例えば、コンサルタントは、若いうちから企業の役員の前でプレゼンできて、カッコいいというイメージがあります。しかし、そのプレゼンの過程には、膨大なリサーチや討議が重ねられています。つまり、事前の準備が全ての結果につながっているのです。また、先にも述べたようにコンサルタントは常に自分を高めていかなければいけません。なので、準備と自己研鑽をコツコツと積み重ねていける人は必ず成長し成果を出せると考えています。

<新卒学生に向けて>

“立場が人を作る “。当社には、努力次第で大きく成長できる環境構造的にあります。例えば、自分の能力やキャパシティを超えて背伸びしなければならない環境を、シニアがプロジェクトや社内業務で意図的に作るようにしていたり、ある領域を責任者としてリードした成果を評価制度における評価対象の1つにしていたりなど、何かしら責任や裁量を得られる状態を当たり前に思えるような仕組みづくりに取り組んでいます。
“立場が人を作る “という言葉通り、私のこれまでの経験からしても、思いっきり背伸びした時が一番成長しました。

当社は、まだまだ成長段階だと思っています。従って、共に良い会社を創っていけるような、前のめりのマインドセットを持った学生の応募をお待ちしております。

~弊社アピールブック~
弊社のアピールブック(会社紹介)を公開しておりますので是非ご確認ください!
https://www.slideshare.net/RegritPartners/regrit-partners-223913938

Regrit Partners's job postings
23 Likes
23 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more