トレーナーからスタートアップのセールスへ!常にアグレッシブだった彼がリハブに参画した理由

こんにちは、Rehab for Japan採用担当です!

社員インタビュー第3回目は、セールスの吉村です!

是非、ご覧ください!!

◆これまでの経歴を教えてください!

大学卒業後は、お客様とより近い距離で接することができるバーに勤めていました。

もともと接客が好きでしたので、楽しみながら貴重な経験をバーでできました。

ただ、高校時代の経験が忘れられず、バーを辞めてスポーツトレーナーを目指すために専門学校に通うことにしたんです。高校時代に所属していた野球部には、ストレッチなどで部員のサポートをしてくれるトレーナーの方がいました。
部員達のパフォーマンスをより上げていただける存在だな、と偉大さを感じることが多く、自分もこういった仕事をしたいと当時から思っていました。

そういった理由もあり、専門学校に2年通い、病院のトレーナーとして就職をしました。

実際にトレーナーとして仕事をしてみると、ストレッチやマッサージの前にコミュニケーション力が必要だと感じたんです。患者さまの本当にしたいことや目指したいことなどを日々の何気ない会話や所作などから見つけ出し、それを共有し、共に目指すことが大事なのです。

そこで、さらにコミュニケーション力を磨きたいと考えて、あえてトレーナーから一度離れて、営業を1年ほど経験しました。そしてその後、再度トレーナーへ戻ろうと考えていました。

そんな時に、リハブの創業メンバーである大屋から声をかけてもらいました。

◆トレーナーの仕事に戻らずにリハブを選んだ理由を教えてください!

「リハブなら、サービスを通して、より多くの人により良くなってもらえる」
と思ったからです。

営業を経てからトレーナーではなく、リハブを選んだのは、トレーナーや営業経験を活かすことができる環境であり、スタートアップ企業の可能性に、ものすごく興味が湧いたからです。

トレーナーは、病院や介護施設、スポーツ現場で仕事をしていることが多いです。私も人と接することが好きで、ご利用者さまが日に日に良くなっていく姿になっていくのが好きで、やりがいに感じていました。

しかしながら、対人で行う関係から、一度に多くのご利用者さまを良くすることは難しく、リハブのようなITの力を活用して、より多くのご利用者さまに良くなっていただける、つまり課題解決ができるのであれば、是非力になりたい!と強く思いまして、リハブにジョインしました。

また、トレーナー時代に同じ病院で働き、尊敬している大屋や藤本がいたことも大きく背中を押してくれました。



◆どういう世界観を実現したいですか?

「健康」は最も大事だと思っています。

トレーナーとして仕事をするにあたり、最初は高校時代の経験などからスポーツトレーナーに興味がありました。

ただ、病院で色々な患者さまとお会いして、「元気になろうと頑張っている方」がたくさんいらっしゃることに気づいたんです。

世代でいうと自分の祖父母くらいになりますが、
「退院したら旅行に行きたい」「足を良くしてゴルフをするんだ」
など色々な目標があるんです。

ただ、その目標達成をするために、日々のトレーニングを明確にして、共に目標のために頑張ることが大事です。

トレーナーは、その目標を達成するためのアドバイスや支援ができます。

達成できれば多くの方が「活き活きと健康に!」なることができるのです。

そういった方が1人でも増えてくれば日本全体も活き活きしてくるかと思いますし、そういった世の中を実現していきたいと僕は思っています。

◆現在の職務内容を教えてください!

インサイドセールスとして、主に介護施設のデイサービス向けにご提案を行っています。

ホームページからの問い合わせがあった方へ電話などでご対応をして
当社サービスの説明をしつつお悩みを聞いて、課題を見出し、その解決を提案しています。

当社サービス『リハプラン』は、デイサービスに勤務する機能訓練指導員の業務支援ツールです。

デイサービスの悩みで最も多いのは、「煩雑になっている業務管理」です。
膨大な計画書をはじめとした資料を、Excelや手書きで管理をしていることが多く、計画書作成業務や管理業務にご苦労されている事業所さまが多くいらっしゃいます。

また、デイサービスでは、リハビリ専門職以外である看護師さんや柔整師さんなどが、ご利用者さま毎の個別機能計画書立案を行っていることがよくあります。そこで、重要なのは、ご利用者さまに個別にあった目標とそれに基づいた日々の運動プログラムを提供することです。これがリハ専門職の方が行うことが非常に難しいのです。『リハプラン』では、個別のご利用者さまにあった、目標から運動プログラムを自動提案できるサービスで、リハ専門職以外の方でも、質の高いリハビリを提供できることが特徴です。それにより、ご利用者さまの健康増進・維持を図ります。つまり、『リハプラン』を通して、リハビリを提供されている要介護者さまが数多くいらっしゃいます。これは、いちトレーナーではできないことだと思います。

インサイドセールスは、僕の他に2名いるのですが、いずれも介護などの専門的な知見を持っているわけではありませんが、入社1か月もたたないうちに、事業所さまへ良い提案ができるようになっています。それに必要な介護あるいは営業の知識などは、教育担当の僕から説明をしっかりしますので、安心してください。職業病なのか、人に教えて、成長していく姿をみるのが好きなのです。笑

◆吉村さんはどのような方と一緒に働いていきたいと思いますか?

何事も楽しんで仕事をしていける方が良いかと思っています。

やはりスタートアップ企業ですので、職務範囲も必然的に広くなり、未経験の業務も日々発生し、チャレンジをし、前向きに物事を捉え取り組んでいかなければならないことは多数あります。

そういった業務を楽しみながら取り組んでいただける方はマッチすると思いますし、僕としても一緒に働いて楽しんでいきたいので、良いかなと思います。

リハブは介護業界に対して新しい価値観を提供している会社ですので、色々な困難が今後も待ち受けているのではないかなと思っています。そういった困難も前向きに取り組んで解決をすることができるとすごく良いですね!ただ、それ以上に将来的にはワクワクする・される社会が待っていると信じています!


インサイドセールス
5年で10000事業所を目指す!インサイドセールス募集!
------------- 事業内容 ------------- 弊社は、デイサービス向けリハビリ特化型SaaS 「リハプラン」の開発をしています。 デイサービス施設では、きちんと歩くことができない、1人で立つことができない、など要介護者が多数いらっしゃいます。ただ、リハビリをすれば良くなる方も多数いらっしゃいます。 ですが、デイサービス施設にはリハビリの専門家である「作業療法士」がほぼ在籍しておらず、適切なリハビリテーションを提供できていない現状があります。 それを解決するために開発されたのが「リハプラン」になります。 リハプランには、2000種類のリハビリプランがあります。 競合製品は200程度になりますので、10倍程度のプランがありますので、現場で働く方々があらゆる場面に対応することができます。 ------------- 「デイサービス」、「作業療法士」とは? ------------- リハブを説明する上で重要なキーワードとしては、「デイサービス」、「作業療法士」です。日頃馴染みがない言葉だと思いますので、説明いたします。  a)デイサービスと老人ホームの違い   よく間違えられやすいデイサービスと老人ホーム。    ーデイサービス:     日帰りで施設に通い、食事や入浴など日常生活上の介護や機能訓練等を受けることのできるサービスです。    ー老人ホーム:     要介護認定を受け、かつ自立生活が困難な高齢者が入所する施設を指します。  つまりデイサービスは「通い型」、老人ホームは「入居型」になります。  b)作業療法士と理学療法士の違い   様々な違いがあります。最大の違いは、機能回復のためのリハビリを行う理学療法士に対して、   作業療法士は社会適応に向けた心と身体のリハビリを行います。    ー理学療法士:     機能回復のためのリハビリを行います。     起き上がり、筋力強化、座位保持、車いす移乗、歩行などが対象です。     一般病院・総合病院、リハビリテーション病院、老人保健施設、スポーツ関連施設など    ー作業療法士:     社会適応に向けた心と身体のリハビリを行います。     食事、料理、遊び、スポーツなどを通して、心と身体の両面から回復をサポートします。     一般病院・総合病院、リハビリテーション病院、精神科病院、老人保健施設、障害者福祉施設、児童養護施設など ------------- 「デイサービス利用者」と「作業療法士」のアンバランスな環境 ------------- 前述した通りデイサービスは通い型の介護施設です。また、デイサービスに足を運ぶ要介護者はリハビリを必要としている方が多くいらっしゃいます。 ただ、「デイサービス利用者」と「作業療法士の人数」は アンバランスな環境にあります。  ・デイサービス施設数:43,000事業所  ・デイサービス利用者:2,000,000名(200万名)  ・リハ国家資格者  :4,368名。 つまり、  ・デイサービス 1施設当たりのリハ専門職 人数:0.1名  ・作業療法士 1名当たりのデイサービス利用者数:457名 という「超」アンバランスな環境にあります。 デイサービスには介護士やアルバイトなど多数在籍をしておりますが、前述した通り、社会適応に向けた心と身体のリハビリを行う「作業療法士」はデイサービスにほぼ在籍はしておらず、要介護者が再度健康になるための手伝いをできる方は少ない現状です。
株式会社Rehab for JAPAN
株式会社Rehab for JAPAN's job postings
Anonymous
Picture?height=40&width=40
Cc923496 8039 47ca 8d76 2b7b1ffaec37?1539330346
C69f1af4 90e7 4ace 935c 32f9348f4008
Picture?height=40&width=40
Picture?1522982266
6 Likes
Anonymous
Picture?height=40&width=40
Cc923496 8039 47ca 8d76 2b7b1ffaec37?1539330346
C69f1af4 90e7 4ace 935c 32f9348f4008
Picture?height=40&width=40
Picture?1522982266
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon