B型一人っ子わがまま娘。大学すら行きたくなかった私が、ベンチャーへ入社し2年目でリーダーになった理由。

はじめまして!

リジョブで営業をしている、野崎優子と申します。

2016年に株式会社リジョブへ、経営幹部候補として新卒入社し、現在3年目です。

わがまま娘だった私がなぜベンチャーへ入社し、そして入社2年目でチームをまとめるリーダーになれたのかを皆様にお伝えできればと思いますので、どうぞよろしくお願いします!

プロローグ:海外で自由気ままに過ごしたい

私の人生を思い返してみると、かなりのわがまま娘でした・・・。

大学へ行きたくない。就職したくない。海外でのんびりと暮らしたい。

と本気で思っていました。

※わざわざ人生を思い返さなくても、『一人っ子&B型』というプロフィールからもわがまま娘が分かってしまいますが★

そんな私が、なぜ東京へ出てベンチャーへ就職し、リーダーになれたのか。


第一部:とりあえず進学した、東京の大学

大学に行く気も無かった少女でしたが、「とりあえずでもいいから行ってこい」と父に進められ、大学進学することに。完全に周囲に流されて行きました。そんな中でも、愛知から東京の大学へ進学することを選んだのは、B型の血でしょうか・・・。みんなと同じとをしていてはつまらないと思い、上京することに(笑)最初の2年間はサークルとバイトと授業を行き来する日々でした。


※バレーボール/ファッション/軽音 3つのサークルをふらっと掛け持ちしながら、GAPでアルバイト。たまに授業に行くような学生生活でしたw

これでは、普通の大学生じゃないかと思い(B型の血、二度目)、もっといろんな人と会い、いろんなことを知りたい、変わりたい!と思った私は、海外留学、起業・会社経営、MBAの要素を2ヶ月ですべて経験できるというビジネスセミナーへ参加しました。


※一番左で超猫背なのが私です。メキシコの大学での一コマ。

結果そこで、世の中にある『会社』とは、誰かが『起業』した結果存在しているもので、こんなにも誰かが『想い』を巡らせているのだと知ることとなりました。

そしてやっと、経営者である父の偉大さを知りました。「ああ、こんなにも頑張っている父親がいるから、私はのんびりと海外で暮らしたいなんて思えたんだなぁ」と。

※ちなみにセミナーはめちゃめちゃキツかったです。疑似的な子会社をつくり争うのですが、2ヶ月間の間に70以上のミッションがあり、どんな環境でも誰とでも必ず結果を出すことを求められ続ける日々でした。この写真は、ホテルの部屋がWi-Fi繋がらなくてみんなロビーで作業をしているところです(笑)


第二部:大学生活後半、興味があった海外への貢献を真剣に考え始める

仲間と何かを起こすことは、単純に楽しかったです。上記のセミナーから帰国後も、ベンチャーで長期インターンをしたり、友人の起業をお手伝いしたり、自分でイベントを開催したりしていました。

けれども元々『貧困問題』『格差問題』に興味があった私は、自分がやりたいことは他にあるのでは?!大学生のうちにやってみなきゃ!とカンボジアへ行きボランティアを経験しました。

子供たちは可愛く、やりがいのある仕事でした。ですがその結果感じたことは、

「この子供たちは、私が帰国したら次のボランティア団体を待つのだろうか」

「私がボランティアを続けたところで、本当に貧困は解決されるのだろうか」

というモヤモヤ感でした。


第三部:リジョブとの出会い


リジョブはシンプルに言うと、

「社会の課題をビジネスで解決する」

会社です。

リジョブとの出会いは本当にたまたまで、私が社会人のフリをして潜入した交流イベントです(笑)でもその、たまたまのきっかけは私の人生を変えました。「社会の課題をビジネスで解決する」という考え方を聞いた瞬間、自分のモヤモヤが晴れていくのが分かりました。

「あ、これやりたい。」

と。

もちろん世界の貧困問題に対しての向き合い方は、ボランティアや、政府や、様々にあると思いますが、スピードの速さと参画者を増やせる可能性の大きさから、私はビジネスという手法で向き合いたいと思うようになりました。


第四部:リーダーになるまで

リジョブには経営幹部候補として入社しました。「社会の課題をビジネスで解決する」という文化をリジョブ社として創りたい、そして父が私をわがまま娘(自由人)にしてくれたように、私も誰かを守れるようになりたいと思ったからです。経営幹部候補は、事業面のみではなく、組織面に関しても自分の意見を発し、活躍することが出来ます。

※※リジョブの経営幹部候補とは何か!詳細や採用基準などはこちらから★

入社2年目の6月に配属された部署にて、東京・大阪・名古屋・福岡、全拠点の営業数値を管理するようになり、同年冬には前年比170%の成長をもたらすことができました。これは『事業面での成長』です。ひたすらシンプルに、どうしたら売上を上げられるか!?と向き合い続け、PDCAを回したことで成果が達成できました。

そして入社2年目の2月、新卒研修のリーダーという役目を頂きました。こちらは『組織面での成長』を担う役割です。2018年春に入社してきた新卒メンバーの研修を、企画から実際の運営まで行いました。

※可愛い可愛い2018年入社の新卒達♡

現在私は、チームリーダーとして営業メンバーとともにお客様の課題解決に日々向き合っています。なぜ、私がリーダーになれたのか。自分なりに考えてみると、これは“自分一人の幸せにばかり目が向いていたわがまま娘が、様々な人の幸せに対して本気で向き合おうとした結果”なのではないか?と思っています。


エピローグ:ビジネスで社会課題へ向き合い続ける

『経営幹部候補』や『リーダー』という名に恥じない、野崎優子として、これからも社会課題へ向き合い続けたいと思います。

そして、どこに可能性が転がっているか分からないので、とりあえずやってみることと、普通は嫌だ!という精神は忘れずに進んでいきたいなと思っています。(B型は変えられないから忘れないと思いますがw)

最後まで読んでいただきありがとうございました。

私と同じように、人生の選択肢に悩んでいる人や、自分のやりたいことをどう仕事にしたらいいのか迷っている人がもし居たら、少しでも参考になるといいなと。そしてリジョブに興味を持ってくれる人が居たらいいなと・・・・♡

株式会社リジョブ's job postings
18 Likes
18 Likes

Weekly ranking

Show other rankings