教えて、terumi-chan!社内用語から資料の検索まで、Slack上で大活躍のお助けbot【5選】

こんにちは!RELATIONS株式会社でCCO(Chief Culture Officer)を務めている、高橋です。

多くの企業でおなじみのビジネスチャットツール「Slack」。弊社でも、社内のオンラインコミュニケーションは、ほぼすべてSlack上で行われています。

社員50名弱ながら、パブリックチャンネル数は600以上、インテグレーション数も100を超えています。

もはや、Slackナシでは生きられない、と言っても過言ではありませんね。

そんな弊社では、ただのチャットツールにとどまらず、オンボーディングや業務効率化など、あらゆる場面でSlackの「botサービス」を活用しています。

今回はその中でも、全社を横断して大活躍のbotから、5つほど厳選してご紹介したいと思います。(設定の裏側も公開していますので、ぜひご覧ください!!)

<今回ご紹介するbotたち>

1:オンボーディングで大活躍!「terumi-chan」
2:あの資料どこいった? を解決!「くれへん?」
3:360度フィードバックを歌ってお知らせ「サブローくん」
4:成果まとめ、定期的に書いてる?「seika-bot」
5:経費の納期は守りましょう!「経費リマインダー」
番外編:任務を終えた「1on1ブラザーズ」

1:オンボーディングで大活躍!「terumi-chan」

一番の新入りbotであり、今もっとも熱いのが、オンボーディングで活躍中の「terumi-chan」です。


▼オンボーディングbot「terumi-chan」


terumi-chanの由来は、「tell me(私に教えて)」。

その名の通り、社内用語や社内規定などを教えてくれるbotです。

昨年末にご入社された方から「RELATIONSの単語集がほしい」というリクエストをいただき、社内のメンバーが早速GASで実装してくれました。

入社したばかりの頃って、よくわからない社内用語が飛び交っていたりして、今更聞きづらかったりしますよね。そんな時に、このbotが大活躍!@terumi-chanのメンションの後に、知りたい単語を入力するだけで、terumi-chanがその意味を教えてくれます。


▼社内用語「ぴぴぴ」の意味を教えてくれました


検索したい単語は、誰でもスプレッドシートから追加することが可能です。このような感じで、必要だと思われる単語を、随時追加しています。


例えば「TGIM」は、「Thaks God It's Monday」の略で、参加必須の全社会議です。また「PUW」は、「PumpUpWeek」と呼ばれる、新入社員のオンボーディングプログラムを意味しています。(略語が多くて恐縮です…!)

これから春に向けて、新しいメンバーが続々と入ってくる予定なので、terumi-chanの益々の活躍に期待ですね!

2:あの資料どこいった? を解決!「くれへん?」

次にご紹介するのが、資料の格納場所を教えてくれるbot「くれへん?」です。


▼ファイル検索bot「〇〇くれへん?」


弊社ではBoxを使って資料共有をしているのですが、よく起こりがちなのが「あの資料、どこいった?」問題。Slackで聞けば誰かしら答えてくれるものの、毎回探すのって結構手間ですよね。

そんなやり取りを見ていた社内メンバーが、Slack botを使って「くれへん?」を設定してくれました。

これは、会社案内や、各サービスの営業資料、ロゴデータなど、よく使われる資料の格納場所を教えてくれるbotです。(資料内容の変更があってもいいように、格納先のリンクにした方が便利です◎)


▼使い方としては、以下の通り!

Slackのbotサービスなので、誰でも簡単に作成できますし、チャンネルでもDMでも、どこで使っても反応してくれます。


▼誰でも1分で設定可能です!


ちなみに「くれへん?」の由来は、一般的な「ください」にすると頻繁に反応してウザくなってしまうよね、という理由から、関西弁にしたそうです。(※方言については、大阪出身の弊社代表に監修してもらいました。)

Slack botは誰でも簡単に作れますし、工夫次第で活用の幅が広がるので、ぜひご参考にしてみて下さい!

3:360°FBを歌ってお知らせ「サブローくん」

ここからは、バババっとご紹介していきます!

四半期ごとの360°フィードバック(多面評価)の際に、活躍するのが「サブローくん」です。

弊社では、主業務を越えて複数の役割を担うメンバーも多いため、直属のマネージャーだけでなく、横や斜めからの多面的な声を拾うようにしています。

フィードバックする側がフォームに記入して送信すると、サブローくんが「〇〇さんから〇〇さんへの愛のこもった360°FB、は〜るばる来たぜ、お届けに〜♫」という歌とともに、お知らせしてくれます。



お気づきの方、いらっしゃいますよね。そう、サブローくんはあの「サブちゃん」に由来しています。少し濃ゆいキャラですが、愛のあるFBはいつ受け取っても嬉しいものです。

4:成果まとめ、定期的に書いてる?「seika-bot」

弊社では、四半期ごと実施される評価の前に、各メンバーが「個人の成果まとめ」を提出しています。ですが、3ヶ月前のことって、なかなか覚えていられませんよね…!そこで実装されたのが「seika-bot」です。

月1のペースで、「成果まとめを更新しましょう〜♪」とリマインドをしてくれます。更新することがある人はリンク先のスプレッドシートに記入し、ない人は「更新はありません」ボタンをクリックするだけ。

人事からリマインドをする手間が省けるので、工数削減にもなっています。

5:経費の納期は守りましょう!「経費リマインダー」

また、経費提出のリマインドにもbotが活躍しています。その名も「経費リマインダー」(そのまんま)


こちらも成果まとめと同様、経理からリマインドする手間を省き、全員が経費提出の納期を守るために実装されました。

毎月、月末になるとリマインドがくるので「経費提出しなきゃ」という意識付けになりますね。(もちろんリマインドされなくても納期を守るべきなのですが…汗)

きちんと提出した人は、「提出済みですか?」に「YES」ボタンを押すだけ。すると、メンションが外れるので次回からは通知が来なくなるという仕組みです。

番外編:任務を終えた「1on1ブラザーズ」

最後に、今は稼働していませんが、無事に任務を終えたbot「1on1ブラザーズ」をご紹介します。



これは、1on1の実施アンケートの回答フォームを連絡してくれるbotです。弊社では、1on1のアンケートを実施前と実施後の2回取っていたため、1on1ブラザーズからリマインドを行っていました。

現在は、自社ツールの「Wistant(ウィスタント)」を使って事前アンケートに回答しているため、任期を終えてお休みしています。1on1ブラザーズさん、今までありがとうございました!

他にも、事業部ごとにファイル収集・生成botや、オンライン朝礼をサポートするbotなど、様々なbotたちが働いていますが、今回は全社に関わるbotをご紹介させていただきました!ご参考になれば幸いです。

RELATIONS株式会社's job postings
Anonymous
16142897 1213088282120243 1739872172304116803 n
Picture?1522982275
A9b8f074 84af 433c a821 f67f4ea95d00?1541246588
Picture?height=40&width=40
Aaa54449 4ac1 470f b353 59e66db965c8?1540272852
6 Likes
Anonymous
16142897 1213088282120243 1739872172304116803 n
Picture?1522982275
A9b8f074 84af 433c a821 f67f4ea95d00?1541246588
Picture?height=40&width=40
Aaa54449 4ac1 470f b353 59e66db965c8?1540272852
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon