「採用はスピードが命」って本当? 内心ビビりつつ、敢えて選考プロセスをめっちゃ長くした(全国2%レベル)結果…!

こんにちは。RELATIONSのCCO(Chief Culture Officer)こと高橋です。

今日は、自社の選考プロセスについて書こうと思います。私は2015年頃から自社の採用に携わってきているのですが、今の選考プロセスは、2017年に大幅リニューアルさせたものが原型になっています。

その変更点が、「選考ステップを増やす」「社員6人としっかり話す」など、"採用はスピードが大事!"と言われている時代の流れに逆行して、選考期間が長くなるようなものばかりでした。(さすがにカバー写真の時代は古すぎますが。笑)

そこで、なぜそんな逆張りなテコ入れをしたのか? 実際にどんな良いこと・悪いことがあったのか? について、ご紹介しようと思います。

▼入社した人が4日で離職!?誰も得しないミスマッチはもう勘弁。。

選考プロセスを見直す背景にあったのは、入社後のミスマッチに対する課題感でした。どんな会社にも起こり得ることだとは思いますが、入社してくる人、もしくは受け入れる人たちが「あれ、思っていたのと違う…」ってなるアレですね。

もちろんRELATIONSも例外ではなく、苦い経験をしたことがあります。

個人的に一番キツかったのは、自分が面接した方が入社して4日で離職した時でした…。

その時は私がお伝えしていた仕事内容と、その方がイメージしていた仕事内容に乖離があったことが原因でした。