「実装で頑張らない。設計を頑張る。」one visaエンジニアチームインタビュー

登場人物紹介

名前:馬場敏気

担当:バックエンドを中心に開発

経歴:大学時代に映画「ソーシャルネットワーク」をみてエンジニアを志す。

新卒でHRテックのベンチャー企業に入社し、新規事業の開発を中心に担当。

開発言語オタクで、言語の思想などに思いを馳せるのが好き。趣味でScala、Golang、Kotlinなど最新の技術を使う。通称ばばーる。

名前:土谷光

担当:フロントエンドを中心に開発

業務で使用する言語・技術:HTML・CSS・JavaScript(Vue)

経歴:SI業界で金融や物流企業の基幹システムをJavaで作る仕事からキャリアをスタート。その後GMOペパボ、CAMPFIREを経てone visaに参画。

名前:西垣静

担当:UIデザイン・UX設計・デザイン全般を担当

経歴:サイバーエージェント、クックパッドなどで様々な新規サービスの立ち上げ、運用に従事。

その後フリーランスとしてStripe.Inc、株式会社マナボ、など多数の企業のプロダクトのデザインやデザイナーの育成に携わる。特技はイラストで、本の挿絵なども手がける。

現在サービスをフルリニューアル中!デザイン、フロントエンド、バックエンドがそれぞれ独立して進めやすい開発手法を採用

アル:今日は社外の人にone visa開発チームの雰囲気を知ってもらおうということで皆さんにインタビューさせてもらいます!よろしくおねがいします。

まずはみなさんが今何しているかをざっくり教えてください!

馬場:カイハツシテマス。

アル:知ってます!

(一同笑い)

土谷:気を取り直して(笑)

今は企業版サービスのリニューアルを行っています。

馬場:今後の機能の改善や拡充を考えた時に、今あるone visaだと早いタイミングで限界が来るよねってことで、フルリニューアルをしているところです。

アル:0から作り直している感じなんですか?

馬場:フロントエンドは全く0から作っています。土谷さん、既存のフロントのコードとかもはや読んでないですよね?笑

土谷:読んでないですね。(笑)全く別物を作ろうとしてます。

馬場:バックエンドに関しては、データベースはもとのものを残しつつ、8割くらいは作り変えています。

今後の拡張性のことを考えて設計の方針を切り替え、API中心の設計に変えていっています。

アル:もとはどんな感じだったんですか?

馬場:もともとはモノリシックっていうThe Rails Wayな、Railsのサーバー上で裏側も表側も動く割とオーソドックスな設計でした。

今はSPAといって、裏側と表側で独立して動くような設計にしています。コードの管理も別々です。

アル:それは今後の拡張性とかを考えた時にそうした方がいいという風になったんですか?

土谷:そうですね。あと、今のチームは僕がフロントエンド、バックエンドはばばーる(馬場)といったように専門領域がはっきり分かれているので、独立して開発ができる分、作業がしやすくなりました。

馬場:滅茶苦茶やりやすくなりましたよね。

土谷:今は西垣さん、僕、ばばーるの3人で開発していて、ちょうど座席順にデザイン↔フロントエンド↔バックエンドという風になっているので、コミュニケーションもすごい取りやすいですね。

僕はフロントエンドなのでデザインを担当する西垣さんとも、バックエンド担当のばばーるとも話をする中間管理職見たいな感じですね(笑)

馬場:僕は土谷さんにこのデータちょうだい!って言われたのに対してへいっ!ってひたすら返すデータを作り続けてます!

土谷:僕はばばーると西垣さんの両方の方を向いて話しながら仕事してますね。

馬場:僕はあっち向いて仕事してますね。

アル:そこ誰がいるんですか?(笑)

馬場:データベース。

(一同笑い)

出社は週2~3回。集中して開発できる環境づくりにこだわる

アル:うちの会社って、リモート結構多いじゃないですか。どれくらいの頻度で会社来てますか?

馬場:最近は週2とかですかね、、笑

土谷:開発チームはみんな週3か週2ですね。

アル:開発するにあたって一緒に進めないといけないところも多いと思うんですが、そのへんはどうしているんですか?

全員:最近はSlackコールですね。めっちゃ便利です。

土谷:Slackコールで全員別の場所からつないだりしてますね。

馬場:全員自宅からとかも多いです。

この前も僕がいきなり、「ヘルプです!」って言って集合かけましたよね(笑)

土谷:リモートだからといって、悩んだら次会った時に解決とかはなくて、その場で解決してますね。

アル:じゃあ、みなさんリモートで独立して開発はしているけど、コミュニケーションは対面でやっているのとあんまり変わらないんですね!

全員:変わらないですね。

アル:リモートでありがたいことってありますか?

西垣:圧倒的に集中しやすいです!

うちの会社仲が良すぎて、一緒にいるとつい雑談がはかどってしまうので。(笑)

アル:ちょっと燃料投下すると30分くらい話してますよね(笑)

土谷:みんなサービス精神がある人が多いので、ノッていかなきゃ!期待を超えなきゃ!って感じですね。笑

アル:よく馬場さんの藤原竜也とか降臨してますよね。

馬場:う゛わ゛あ゛ぁ゛あ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛あ゛あ゛あ゛あ゛

アル:集中できるってことですね。

馬場:あとは普通に出勤時間いらないんで、その分長く開発時間が取れるっていうのはありがたいですね。やりやすいです。

僕は嫁が家にいるので、早めに開発始めて、夜ご飯は家で嫁と一緒に食べて、みたいな時間も取れてます。ありがたいです。

アル:勤怠はSlackで管理してますよね。おはって打つと出勤になって、おつって打つと退勤になるやつ。

あれって退勤したあともPC触ってたりするんですか?

全員:触りがちですね(笑)

西垣:家だと際限なくやりがちですね。

馬場:土谷さん結構夜中に動いたりしてますよね?

土谷:あれは一旦おつしたあとに、お酒飲み始めて、飲んでる途中であそこをあすればよかったって思いついて、、、

一同:分かるわー!

西垣:私も趣味の作業をしているときに、さっきのデザインこうしたら良かったかも!とかひらめいて、 家にいるとやっちゃえーっていうノリで、エンドレスにやってしまったりしますね。

アル:波もありますからね〜、調子の波が夜に来るとか。

西垣:そうそうそう!私はリモートで一番いいのはそこかもしれない。

自分がノッてきたタイミングで誰にも邪魔されずに作業できるから、調子がいい時にバーっと進められるのがいいです。

馬場:その日によって、今日コードかけるなーって日とかありますからね。書けない日は全く捗らない。

リモート推奨だからこそ、計画は対面にこだわってしっかり立てる

アル:リモートでよく不安要素に挙げられがちな、成果の管理ってどうしてますか?

土谷:僕たちは今スクラムという手法を取り入れています。

2週間に1回開発タスクの見積もりを行って、その後は一日に一回の進捗の報告を行い、2週間スパンで更に振り返って次のタスクの見積もりを行うというものです。

カンバンっていう、全部のタスクが並んでいる場所があり、そこでみんなが何をしているかを可視化しています。

なので、誰が何やっているのかがわからないということはないですね。

馬場:向こう2週間で何やります、っていうのはリモートではなく必ず対面でガッツリ丸1日くらいかけてやるようにしています。

土谷:今はフルリニューアルで割と新規開発に近いので、見積もりの通りに進まないことも多いですが、だんだん精度は上がってきてますね。

アル:ビジネスサイドとのコミュニケーションは困ってないですか?

土谷:one visaの開発に関しては、アルさんにプロダクトオーナーという形でスクラムに入っていただいているので、結構密に連携取れていると思います。

西垣:今のメンバーは指示がないと動かない人がいなくて、全員自立してるのでやりやすいですね。

馬場:全員推進力ありますからね。

開発チームのぶっこみ文化と「遊び」

土谷:推進力といえば、この会社は結構ぶっこみ文化というか、なんでも勝手にやっちゃうことが多いですね。(笑)

西垣:この前わたし、勝手にコーポレートサイトリニューアルしようとしちゃいました(笑)

アル:あれは結構びっくりしました(笑)

馬場:なんか急に、「サイト出来たからドメイン変えて」って言われて「えっ?!」みたいな。

(一同笑い)

西垣:コーポレートサイトのリニューアルは全く予定してなかったんですが、開発メンバーで雑談してる中で「You やっちゃいなよ!」って言われたんで、やっちゃいました(笑)

土谷:もっとかっこよくしたい!っていう一心でね。

「リリースしちゃいましょ!」ってばばーるも煽ってたし(笑)

アル:一応3人での合意はあったんですね(笑)

土谷:ずっと開発してて集中力切れた時に、そういうぶっこみタスクというか、遊べるタスクを自分の中に持っておくと、そこに気持ちを切り替えていけるのでやりやすくて。

西垣:エラーページとか私めっちゃ遊んじゃいました(笑)

アル:あー、あれいいですよね!

西垣:今のone visaのリニューアルって基本的にはルールが決まっている中でデザインをするんですが、それだけやっていると飽きてしまうので、

エラーページのデザインにはイラストをふんだんに使って、バックストーリーも用意して、すごくこだわりました(笑)

リニューアル版のエラーページ。

アル:あの犬が宇宙にさらわれるやつですよね(笑)

土谷:あれは色々みんなの意見も反映されてますからね。

馬場:途中完全に映画の話してましたよね。

土谷:2001年宇宙の旅に出てくるモノリスが出てきたりしてますね。

アル:遊び心があって素敵です!

「実装で頑張らない。設計を頑張る」

アル:開発チームを見てて思うんですが、結構いろんなことがノリで決まってません?

動けばいいだろ!みたいな(笑)

全員:いやいやいやいや!!!

馬場:動けばいいは嘘ですよ!

西垣:口では言ってるけどね!ちゃんとやってるよ!

馬場:ちなみに僕ら、設計には滅茶苦茶こだわってます。

今は既存サービスのリニューアルなので、データの持ち方はすでに決まっていて、動かせる範囲に限界はあるのですが、

このデータの出し方すると動きが遅くなるけど、こういう出し方したら動き早くなるみたいなことを一日中議論したりしてます。

西垣:デザインにおいても、そういう意見をしっかり聞いてデザインに落とし込んで、色んなパターンを出して、違和感がないかどうかの確認にはかなり気を使っています。

馬場:前土谷さんが明文化してくれたんですが、

僕たちは「実装で頑張らない。設計を頑張る」というのを標榜しているんですよ。

というのも、開発って基本頑張ればコードでなんとかなるんですよ。

でも例えば新しく入ったエンジニアの人がコードを読んでキャッチアップする時に、それだと何やってるのかわからないと思うんですよね。

それが表側から裏側まで、一貫したルールで綺麗に書かれていれば、見たままのコードなので一目瞭然ですし、キャッチアップも早くなります。結果的に開発のスピードアップにもつながると思うんですよね。

土谷:リモートでやっている時は基本一人ですが、設計の部分だけはあえて対面にこだわってしっかり決めて、実装は集中してガーッと進めるような感じですね。

馬場:だからこそ開発スピードが上がるんですよね。

設計の話をしっかりしておいて、レビューの段階では何も上がってこないのが理想です。

アル:明確にリモートと対面で目的を分けている感じなんですね。

土谷:基本的に実装の相談をすることはないですね。スラックコールでも。

馬場:そうですね。

馬場を中心に”適度にふざける”開発チーム


アル:話変わりますが、うちの開発チームって結構ふざけがちですよね(笑)

土谷:ふざけがちですね(笑)

西垣:私ばばーるのLGTMのgifがツボです。

(注:Looks Good To Meの略。Github上でレビューOKの意味で使う)

アル:あの「わかりカネルサンダース」とかのやつですか?(笑)

出典:GIPHY

西垣:そうそう(笑)いつも面白くてついつい一人でも笑っちゃう!

土谷:わかりカネルサンダースって、わかってねえじゃん!って。

馬場:お疲れ様っていう意味を込めて載せてます(笑)

アル:開発チームの雰囲気すごくいいなと思ってて、あんまオフィスに来ないですけど、開発チームがいるとオフィスが明るいですもんね。

西垣:それはいいことだ。

アル:大体よくわかんないことを馬場さんがぶっこんできて、みんなで突っ込むみたいな感じですよね(笑)

馬場:俺やべーやつみたいじゃん!!

(一同笑い)

馬場:結構仕事してるんだけどな、、、こう見えても、、

西垣:緩急がないと、ずっと真面目だとやってられないですよね。

一緒に働きたい人は「包容力のある真面目な人」?!

アル:うちのチームで働くとしたら、一緒にふざけてくれる人がいいんですか??

土谷:いやどうだろう、真面目な人もいたほうがいいんじゃないかな(笑)

(一同笑い)

馬場:この前まさにその話をしてて、真面目な人必要じゃねって話てたところですね。

土谷:でもなんか、冷たく止められるのは嫌だよね。

ストレートにいや、無理ですとか言われたら傷つく(笑)

西垣:包み込んでくれるようなひとがいい。

馬場:ちょっと待ってくださいよ〜〜〜〜〜〜!!!

はアリなんでしたっけ???

西垣:まあまあまあまあ!みたいな感じが良いですね(笑)

馬場:協調性があってコミュニケーションができる人がいいですね!

個人の成長はもちろん大事なんですが、

僕たちはチームの成熟度を大切にしているので、チームワークできるかどうかは重視してますね。

西垣:1人でできることは限られているので、「共創」の考え方ができる人がいいですね。

アル:スキルセットも重視してますか??

馬場:もちろん大事なんですが、実はあんまりですね。

土谷:僕とばばーるでよく話しているのは、

スキルセットも大切なんですけど、学習できて、柔軟な人がいいよねと。

西垣:柔軟な人?

土谷:one visaはスタートアップなので開発の状況も日々変わっていきます。

そこに対応できて、自分で学習していける人であれば問題ないでしょう、という感じですね。

アル:マインドやスタンスを重視しているんですね。

若手~大人が入り交じるチーム。年齢によるやりにくさはない

アル:one visaは結構年齢層がバラけてて、馬場さんは26歳で、僕と野田さん(ビジネスサイド)が27歳で、大人な方達(30代)もいて、っていう感じじゃないですか。

西垣:大人な方たち(笑)

アル:そういう部分でのやりにくさってないですか??

土谷:僕たちはないけど、そっちはどうかな??(笑)

馬場:やりにくさは全く無いですね!

西垣:年齢でやりにくいと思ったことはないですね。

アル:結構生意気なことも言ってますけど大丈夫かなって不安で!

土谷:むしろ、僕(最年長)が言った意見に変に気を使われて、通っちゃったりしてないかなって不安です。(笑)

馬場:ダイジョウブです、ダメな時は止めます。

僕ポジションゴールキーパーだったんで。

嘘です。

土谷:嘘なのかよ(笑)

最後に

アル:皆さん最後になにか言いたいことありますか?

全員:ないですね。

アル:はい。わかりました。(笑)

土谷:いいチームです(笑)

アル:はい、ありがとうございました!

最後までお読みいただきありがとうございました!

と、いうわけで、one visaでは現在一緒に働いてくれるエンジニアを大募集中です!

興味がある人はまずは気軽にオフィスに遊びにきてみませんか?

以下の代表インタビューも是非ご覧ください。

現以下の職種を募集中です。

サーバーサイドエンジニア
ビザ取得を簡単に!スタートアップで成長を加速させるWEBエンジニアを募集!
one visaは「世界から国境をなくす」をビジョンに掲げ、世界中の人々が物理的・心理的な国境を感じることなく、自分が生活する場所を選択できる世界を実現するスタートアップ企業です。 現在は日本で外国人が働く際に必要なビザの手続きを、「専門知識不要」「煩雑な紙書類不要」で完了できるクラウドサービス「one visa」と、海外出張・海外旅行時のビザの手続きを完全オンラインで完結できる「one visa visit」を提供しています。 ビザの申請には知識、時間、そしてお金が必要ですが、これは外国人の多くにとって障壁になっています。 one visa を使うことで、ビザに関する知識がなくても短時間でビザの取得が可能になります。 本来であれば作成するのに数時間かかる書類も、one visa を使えばシステムが提示するアンケートに回答するだけで、10 分ほどで作成できます。 下記、弊社アワードの実績とメディア掲載です。 【受賞歴】 Incubate Camp 2位 http://thebridge.jp/2017/08/incubate-camp-10th IVS 入賞 http://jp.techcrunch.com/2017/06/07/ivs10-launpad/ リクルート運営 Teck Lab Paak メンター http://thebridge.jp/2016/06/tech-lab-paak-4th-batch-demoday T-Venture Program ライトニングトーク採択 http://tvp2015.peatix.com/ IBM BlueHub採択 http://www-07.ibm.com/ibm/jp/bluehub/incubation_phase2.html 東京スター銀行 外国人起業家ビジネスコンテスト 2018 優秀賞 https://www.tokyostarbank.co.jp/profile/pdf/180723.pdf 【メディア掲載】 日経新聞「ワンビザの挑戦 不条理な送還、繰り返させない」 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30827810S8A520C1000000/ TechCrunch「出張や旅行時の面倒なビザ申請がオンラインでスムーズに、「one visa visit」のクローズドβ版公開へ」 https://jp.techcrunch.com/2018/05/23/one-visa-visit/
株式会社one visa
フロントエンドエンジニア
ビザ取得を簡単に!サービスの成長を加速するフロントエンドエンジニアを募集
one visaは「世界から国境をなくす」をビジョンに掲げ、世界中の人々が物理的・心理的な国境を感じることなく、自分が生活する場所を選択できる世界を実現するスタートアップ企業です。 現在は日本で外国人が働く際に必要なビザの手続きを、「専門知識不要」「煩雑な紙書類不要」で完了できるクラウドサービス「one visa」と、海外出張・海外旅行時のビザの手続きを完全オンラインで完結できる「one visa visit」を提供しています。 ビザの申請には知識、時間、そしてお金が必要ですが、これは外国人の多くにとって障壁になっています。 one visa を使うことで、ビザに関する知識がなくても短時間でビザの取得が可能になります。 本来であれば作成するのに数時間かかる書類も、one visa を使えばシステムが提示するアンケートに回答するだけで、10 分ほどで作成できます。 下記、弊社アワードの実績とメディア掲載です。 【受賞歴】 Incubate Camp 2位 http://thebridge.jp/2017/08/incubate-camp-10th IVS 入賞 http://jp.techcrunch.com/2017/06/07/ivs10-launpad/ リクルート運営 Teck Lab Paak メンター http://thebridge.jp/2016/06/tech-lab-paak-4th-batch-demoday T-Venture Program ライトニングトーク採択 http://tvp2015.peatix.com/ IBM BlueHub採択 http://www-07.ibm.com/ibm/jp/bluehub/incubation_phase2.html 東京スター銀行 外国人起業家ビジネスコンテスト 2018 優秀賞 https://www.tokyostarbank.co.jp/profile/pdf/180723.pdf 【メディア掲載】 日経新聞「ワンビザの挑戦 不条理な送還、繰り返させない」 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30827810S8A520C1000000/ TechCrunch「出張や旅行時の面倒なビザ申請がオンラインでスムーズに、「one visa visit」のクローズドβ版公開へ」 https://jp.techcrunch.com/2018/05/23/one-visa-visit/
株式会社one visa
HRマネージャー候補
広報・マーケ経験者求む!戦略思考で人事部の立ち上げにコミットできる人募集!
one visaは「世界から国境をなくす」をビジョンに掲げ、世界中の人々が物理的・心理的な国境を感じることなく、自分が生活する場所を選択できる世界を実現するスタートアップ企業です。 現在は日本で外国人が働く際に必要なビザの手続きを、「専門知識不要」「煩雑な紙書類不要」で完了できるクラウドサービス「one visa」と、海外出張・海外旅行時のビザの手続きを完全オンラインで完結できる「one visa visit」を提供しています。 ビザの申請には知識、時間、そしてお金が必要ですが、これは外国人の多くにとって障壁になっています。 one visa を使うことで、ビザに関する知識がなくても短時間でビザの取得が可能になります。 本来であれば作成するのに数時間かかる書類も、one visa を使えばシステムが提示するアンケートに回答するだけで、10 分ほどで作成できます。 下記、弊社アワードの実績とメディア掲載です。 【受賞歴】 Incubate Camp 2位 http://thebridge.jp/2017/08/incubate-camp-10th IVS 入賞 http://jp.techcrunch.com/2017/06/07/ivs10-launpad/ リクルート運営 Teck Lab Paak メンター http://thebridge.jp/2016/06/tech-lab-paak-4th-batch-demoday T-Venture Program ライトニングトーク採択 http://tvp2015.peatix.com/ IBM BlueHub採択 http://www-07.ibm.com/ibm/jp/bluehub/incubation_phase2.html 東京スター銀行 外国人起業家ビジネスコンテスト 2018 優秀賞 https://www.tokyostarbank.co.jp/profile/pdf/180723.pdf 【メディア掲載】 日経新聞「ワンビザの挑戦 不条理な送還、繰り返させない」 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30827810S8A520C1000000/ TechCrunch「出張や旅行時の面倒なビザ申請がオンラインでスムーズに、「one visa visit」のクローズドβ版公開へ」 https://jp.techcrunch.com/2018/05/23/one-visa-visit/
株式会社one visa
株式会社one visa's job postings
Anonymous
Picture?1523206573
2d6ab952 c8e2 423c 96fa 4f50f90367d3?1527003109
9a43e1d0 dc3c 4a96 8caf 4abc031dff12
22fce91a fce6 42af ab71 a697cebaf38b?1508656615
19399833 10213620269006884 3523163929415301892 n
6 Likes
Anonymous
Picture?1523206573
2d6ab952 c8e2 423c 96fa 4f50f90367d3?1527003109
9a43e1d0 dc3c 4a96 8caf 4abc031dff12
22fce91a fce6 42af ab71 a697cebaf38b?1508656615
19399833 10213620269006884 3523163929415301892 n
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon