Wantedlyは、月間150万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

誰かをHappyにするモノを作り続ける

私が「Webデザイナー」という職業を選んだワケ

 もともと私はアパレルショップで店員として働いていました。雑誌の編集者になりたいと思っていて、そのためにお金を貯めていたんです。しかし、ファッションに関する情報やECサイトをWebで見ていたら、「こっちのほうがワクワクする!」と感じ、ITに可能性と魅力をより持つようになりました。そして学歴に左右されず、物作りに関われる職種を軸に将来の夢をもう一度探すことにしました。    そして最終的に選んだのがWebデザイナーです。Webデザインを学ぶ為に、専門学校に通いました。学校では1年間を通してPhotoshop、Illustrator、Flash、コーディングの基本的なことを勉強しました。この1年間は過酷でした(笑)。生活スタイルは昼は学校で勉強、夜はバイト。そもそもWebデザインの一通りを1年間で学ぶというのがカリキュラムとして大変で、さらに私自身がパソコンをあまり触ったことが無かったのでとても苦労しました。当時を思い返すと、Webデザイナーの道を選んだことは自分でもチャレンジングでしたね(笑)。

 卒業後はアフィリエイトサービスの会社でデザイナーとして勤務し、ランディングページ、バナーから動画編集、サイトのイメージキャラクター作成など多岐にわたる仕事をしていました。2年間ほど働いた後、よりユーザーさんの気持ちを汲み取ってデザインをしたい気持ちが強くなっていき、自分が共感していて好きなサービスである、美容系のCGMサービスのアイスタイルに転職しました。

デザイナー以外の仕事も経験、ユーザーファーストを知ったアイスタイル時代

 アイスタイルでは最初はUIデザイン、ランディングページの作成がメインでした。半年後、クリエイティブディレクターに就任したのですが、そこから業務は変わりビジネス要件に対しての依頼に応える仕事が多くなりました。この際にデザイナーとして、ビジネス思考を身につける機会をいただきました。

 また、同時に@cosmeの有料会員様をどのように増やすかというPDCAも社内で回していました。そこでは、有料会員サービスに関してユーザーさんからの声が多く「サービスがより良くなって欲しい」「ここの部分はこうした方がもっと良くなる」という改善を願う声をいただいておりました。ユーザーさんの声を聞く、大切にするということをさらに意識するようになり、ここからCSとも連携し始めました。ご意見をまとめた社内ページがあったのですが、毎日チェックしていましたね。

 それからサービス開発について積極的に意見し、より良い開発フローに変化していけるよう動いていたことを評価いただき、スマートフォンのWebページリニューアルのPJのメインデザイナーを任されることになったんです。

 しかし、その時は様々な要件があり、ユーザー視点をたまに見失いそうになっていました。それでも、「綺麗になりたい女性を応援したい」気持ちで一心不乱に戦い続けていましたね(笑)。社長がその想いを理解してくださっていて、毎日MTGをしてくださり、アドバイスをいただいたお陰で進めていけたPJでした。この機会にユーザー分析の具体的な手法について学ぶようになりました。

 その他にも、私は積極的にチームや社内を巻き込むことをしていました。当時はUXという概念が浸透し始めた頃。私は社外のイベントなどにおもむいて知識をインプットして、社内で勉強会を開くことでUXに対しての理解を社員に深めてもらうことをしていました。

 また、アイスタイルではシステムの開発手順としてウォーターフォールモデルが採用されていたのですが、デザインチームでもそれを変えようという働きかけもしていました。以前はデザインを作りきってしまってから、ひっくり返されるということがとても多かったんです。そこで今では当たり前ですが、紙のプロトタイプを導入しました。企画時にその場で紙に書きだして議論するフローに変更したんです。他にも、チーム内でアウトプットに対してのブレストの回数を増やしたり、みんなで思い思いのサービスのデザインを自由に考えて作ったり、気になるアプリを紹介しあうなど、チームの視座の底上げを図っていました。そのように様々な工夫した効果は大きく、制作効率が改善されたんです。

Rettyとの運命的な出会い

 Rettyを初めて知ったのは4年前。あるセミナーでCEOの武田が話しているのを見て「すでに多くの競合があるのに、グルメ業界に挑むのはすごいな」と思いました。同時になぜか成功の予感を感じていました。武田が目立つ革ジャンを着ていたからでしょうか(笑)

 しばらくすると、Rettyを検索結果でよく見かけるようになったんです。「Rettyは、このワードの組み合わせで検索上位にくるのか!」というように、1人でテンションが上がったのを覚えています。このあたりからRettyのことが気になり始めたんです。

 Rettyにまつわる運命的な出会いは、ディレクターイベントでした。ドラゴンクエスト方式で色んな人に話しかけていると、Rettyで働いてる方と出会いました。社内の様子等を聞いたりと話が盛り上がり、そこから社内イベントの「いいご飯の会」に3、4回は参加していました。この会を通して働いている方や環境の魅力を知ることができました。

ユーザーHappyを徹底するRettyを選んだ

 そのうち、少人数での開発フローに興味を持つようになり、それを採用している企業に転職しようと決めました。Rettyに転職することをすぐ決めたかというと、実はそうではなくて他にも7社程度話を聞きに行きました。

 しかし、最終的にRettyを選びました。理由としては、Rettyの行動規範にある「それはユーザーにとって本当にHappyか?」と、私が仕事をするうえで絶対に外せない「自分の力で少しでも誰かの役に立つものを作りたい」というビジョンが一致していると強く感じたんです。あとは、食べることが好きで、Rettyというサービスが好きだったということも大きかったですね。

Rettyで実践している「ユーザーHappy」の作り方

 Rettyにはデザイナーとして入社し、ユーザー体験の設計からUIに落とし込むのがメインの仕事です。アプリの投稿UI改修、写真投稿機能のデザイン、直近だとRettyでもスマホWebリニューアルのPJリーダーをやらせていただきました。

 このPJではユーザーさんの声をより取り入れたいと思い、50人以上にヒアリングを行い、行動分析を1ヶ月かけてチーム全員で行いました。まず「お店探しをする人には、どういった人がいるんだろう」とマーケットを理解して、次に「その人たちにはどういったニーズがあるのだろう」と考え、そのニーズを叶えるにはRettyからどういった手法で提供すれば最適な手段なのかを考えています。その手段として画面設計をしてデザインする。並行してPJの推進も行っています。

 その他、オフ会にも頻繁に参加するようにしていて、コアユーザーさんへの理解も深めるように心がけています。デザイナーだけど、広島までオフ会に出張に行けるという柔軟なスタイルがとても好きです。

いつまでも誰かを幸せにする人でありたい

 私の直近目標はRettyのスマホWebで少しでも多くのユーザーさんに「自分に合ったお店探し」を体験していただけるような環境にすることです。

 Rettyでの中期目標は、ユーザーさんが食を楽しめるような環境を作ること。外食には色々なストーリーがあります。美味しい食事をしたいだけでなく、一緒に行く人を喜ばせたいという気持ちや、過ごす時間を大切にしたいなど様々な想いでお店を探されています。そんな場面を私は全力でサポートしていきたいと思っています。

 そして将来の目標は、自分の経験を活かして、一人でも多くの人を幸せにできるような体験・モノを作り続けたいです。ITは手法であり、そこにこだわらず誰かを幸せにすることを続けていきたいということ。自分と同じような点で苦労している人の支えになれるような動きをしていきたい。ここは絶対にブラさずに生きていきたいですね。

Retty株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Fecb2a0d 3bee 4873 9a06 98a959ca5bf3?1504804497
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
13 いいね!
Anonymous
Fecb2a0d 3bee 4873 9a06 98a959ca5bf3?1504804497
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
13 いいね!

社員インタビュー

私が今の会社で働くワケ

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon