1
/
5

20卒先輩に聞く!Rettyのエンジニアってどんな感じ?【アドテク:森田くん編】

🎉Rettyでは22卒エンジニアの採用も開始しました🎉

Retty、例年の採用活動はオフィスを開放して気軽に遊びに来ていただいていたのですが、現在コロナウィルスの影響で基本的にはオンラインで活動しているため、

Rettyで働くってどんな感じ?

そもそも今の1年目(20卒)はどうしてRettyに入社することを選んだの?

をオンラインでも知っていただくために先輩社員の話をインタビュー記事にまとめました!

エンジニア志望の就活生のみなさんの参考になれば幸いです。

ちなみにリモートメインの働き方ではありますが週2日程度出社しているため、希望があれば感染対策を行ったうえでオフィスに来ていただくことも可能です🍣

大森:という事情なのでインタビューをさせてください!

森田:承知しました!

Retty 20卒 広告コンテンツ部門 エンジニア 森田北斗くん

大森:森田君はそもそもいつくらいからエンジニアを志望しはじめたの?

森田:高1のときですね。

理系文系選択するときに国語より数学のほうが得意だから理系にいったけど理系の職種が医者や薬剤師、理科の先生くらいしかわかってなくて、先生になろうかなと思ってました。でも職種適性検査を受けたら先生の適性が5%未満で(笑)

大森:5%未満(笑)

森田:これは先生ではないのでは?と思って、その適性検査で向いている職種と出てきたのがエンジニアだったのでエンジニアになろうと思いました。

大森:その適性検査がすごいね(笑)

森田:R-CAPという職業適性検査です。有料ですが僕は受けてよかったと思っているのでもし悩んでいる学生さんがいたら受けてみてください。

森田:それで工学系の大学に進学しようと思ったんですが、家庭環境がアナログで自分自身も機械に弱くて、周りがスマホになり始めてもまだガラケー使ってるみたいな。時代に遅れを取っててやばいなと感じたのでITに興味を持つようになりました。

大森:今の森田君からは想像できないエピソードやね。

森田:それで会津大学に進学しました。会津大学はコンピューター理工学部しかなくて、コンピューター系の専門の授業ばかりだったのでIT企業に行こうと自然に思うようになりました。

大森:なるほど~。大学ではどんなことをしてたの?

森田:前途の通りアナログな人間だったのでタイピングも遅くて初級者レベルのところから急にプログラミング言語を実行してみようみたいな授業ばかり、当然できるわけない。

やばいなと思いつつもせっかくこの大学入ったからバイトでも接客業とかよりシステム開発をしたいなと思い、サークル紹介のビラ配りの中に含まれていたSIer系のシステム開発会社のバイトの募集(初心者大歓迎)チラシを見て、そこに行ってみることにしました。そこでの業務内容は、まず最初に3ヶ月間研修を受けた後にシステム開発プロジェクトにアサインされてシステム開発をするバイトです。

大学の授業と並行して1日4時間バイト先の研修を受けてたので食事と睡眠以外はずっとPCさわってるみたいな生活になりました。

大森:大変そう

森田:それがぜんぜん苦じゃなかったんですよ。バイト先は仕様やクライアントさん向けの資料を作ることも多く、国語苦手でエンジニアになったのにすごくたくさんの文章を書かないといけなくなりました(笑)

1年たつとそれなりに経験もつめて、2年の夏休みには東京本社で実際にクライアントさんと会ったりシステム開発の上流工程を学んだりもさせていただきました。

これらの経験を踏まえて2年の中旬頃には、徐々に開発の仕方がわかってきて、システムの仕様についてもプロジェクトマネージャーの方が決めたことをそのまま実装するだけでなく、「こうした方が良くないですか?」などの意見を言えるようになってきました。

しかし、クライアントさんの要望が優先されるため、私の意見をプロジェクトマネージャーは中々採用してくれませんでした。そのため、思ったことや意見が通りやすい環境として自社サービスを持ってる会社に興味を持つようになりました。

SIer企業の開発プロジェクトには、3年生まで参加しており、4年生からはイベントごとにのみ参加していました。この会社での経験は、本当に良い経験だったし今でもその会社の方達とは飲みにいったり旅行したりと交流があります。

大森:へー!素敵なつながりだね!4年生からは何をしてたの?

森田:3年生からは卒業後の進路を考えるために色々な軸でインターン先を探していたのですが、サークル活動にも結構参加していました。会津大学の地域の人たちとイベントを作るサークルで、田植えしたり日本酒作ったり、地域のまちづくりをする会社でもバイトをしました。

大森:楽しそう!

森田:すごく楽しかったです!ただ自治体で様々な考えの方や様々な事情があって、自分の意見が通るのには時間がかかる環境で、自分の最適ではないなと感じました。

それで大企業よりベンチャーのほうが向いているのかもなと思いつつ、大企業も見てみたくてインターンは幅広く探しました。

大森:どうやって探してたの?

森田:サポーターズと逆求人ナビを主に使って、逆求人イベントなどにも参加していました。

まちづくりのアルバイトをしているときに楽天のインターンに行きました。普段福島のローカルな環境からすごいグローバルな環境で刺激的でした。

6週間いたけど、その短い期間でもヘッドハンティングで来た人が急に上司になったり、優秀な人がたくさん出入りしていました。

あとは地方創生系の事業をおこなっている企業も見ました。IT系のスキルを役立てるのが難しく、自分は活躍できないかもなと感じました。

いろいろ見た結果、やはりベンチャーで自社サービスもってる会社を受けようと思いました。

大森:Rettyとはどう出会ったの?

森田:逆求人イベントに参加したときに出会った、だいとさんが面白くてRettyに興味を持ちました。

大森:だいちゃん!Rettyの最年少PdMだね。

森田:1日に10人くらいの人事やエンジニアの方と会うイベントで毎回同じ話するけど、「森田君のプロフィール見てるしFBも見てるから、自己紹介はなしで雑談しようよ!」と言われ、ずいぶん特殊な人事だなと思ってたらプランナーの方でした。(笑)FBの投稿かなり遡って読んでもらってて、すごいなと思いました。

大森:すごいね、さすがだ。

森田:言われたことをするのがそんなに好きじゃないので自分で提案してプロダクトを作って、開発だけじゃなくビジネスもやっていきたいという話をしたら、まさにRettyだね!と言われ、広告コンテンツチームのマネージャーを紹介されました。

大森:進藤さんだ。

森田:そうです!!「エンジニアのスキルを磨かないといけないのは前提だけどマネジメントやビジネスのスキルとの掛け合わせでキャリアを築いていくのがいいと思う」と進藤さんが言っていてまさに自分が目指したいものと同じで、進藤さんの元で働けるならRettyに行きたいと思いました。

大森:自分の目指すキャリアの延長線上にいる人が進藤さんだったのね。

森田:そうだったんですよ!!Rettyのサービス自体はそんなに知らなかったので、あの時だいとさんと進藤さんと出会えてなかったらRettyは第一志望ではなかったと思います。なのでRettyの中にいる人でRettyを選びました!!(笑)

それで選考に進んで、武田さんとの面接で内定をもらったんですが、だいとさんに「どうしたら承諾したことになるんですか」と聞いたら「いや特に」と言われて笑いました。(笑)「じゃあ承諾ってことで」と内定をもらったその場で即決で承諾しました。(笑笑)

大森:Rettyっぽい(笑)

森田:イベントで出会ってから内定まで1ヶ月以内で、早かったです。

大森:日程調整うまくいけば2週間くらいで内定になる場合もあるから早いよね。

内定者になってからはRettyでインターンしてたよね。

森田:進藤さんのチームに配属になるのでアドテクをやると聞いていたのですが、少し調べてみて独学でできる感じがしなかったのでインターンやりたいと言ったら用意してもらえました。3年生の3月から、最初2週間くらいオフィスに行って雰囲気に慣れてから、リモートでのインターンを開始しました。

大森:そっか、じゃあ森田くんはコロナ関係なく最初からリモートで働いてたのね。

森田:会津大学遠いので。

大森:そうね。(笑)ちなみに実際に働いてみてどうだった?

森田:選考で関わってた感じと何も変わらない、ギャップがないなと思いました。

進藤さんのチームは飲み会が好きです(笑)コロナの都合で最近はできてないけど開発MTGで議題に飲み会の話が出るくらい(笑)チーム全体で年が近いので仲良いですね。

大森:広告コンテンツチーム仲良い印象ある!仕事はどう?

森田:理想としていた、自分で提案して挑戦できる環境です。

意見が全部通るわけじゃないですけど、意見に対して議論が起きて自分の視点の間違いに気づいたり、よりよい意見がでてきたりして、楽しいです。

漠然と「ベンチャー」と思っていたけど、まさに求めていたベンチャー感があります。

大森:BtoCのサービスをしているから知名度的にメガベンチャーと言ってもらえることもあるけど、Rettyめちゃくちゃベンチャーよね。まだまだ良くも悪くも未熟で、成長が必要な環境。

森田:そうですね。あと、ベンチャーだなと思うのは、チーム編成や会社の体制がよく変わるので仲良くなる前に変わっちゃうのはさみしいですね。

大森:なるほど、確かに。

インターンから社員になってからはどう?

森田:今は徐々にプロダクトの実装をするだけじゃなくてアーキテクチャの設計もやらせてもらえているので、プロダクトの構成要素の大部分に私の思いが反映されているので、プロダクトへの愛着がすごくわいています。

もう自分の子供くらいの感覚、育ての親のような気持ちです(笑)プロダクトをもっとよくしていくためにもっと勉強していきたいと思っています。

あとこれはRettyだからというか社会人になって思うことかもしれないですが、学生より社会人になってからの方が楽しい。

大学は授業や研究室から大量の課題が与えられて、その中にはやりたくないこともたくさんあったけど、社会人になってからはやりたい仕事しかないのでそれが良いです。あと大学のときみたいに授業の区切り(期末)がないから1年とか2年のスパンでキャリアを考えられるのがいいなと思います。

大森:わかる!わたしも学生より社会人になってからの方が好きなことだけやれてる感じする!わたしは転職でどんどんそういう環境を自分で選んだけど、森田くんは1社目でそう思えているなら就活成功と言えそうやね!

森田:現時点では大成功です!あとはRettyで成果を出して本当の意味での成功と言えるように頑張ります!

大森:期待してます💛

以上、1人目森田君へのインタビューでした!

先輩社員の声として参考になりましたか?

森田くんはRettyの中でというか人類の中でもトップクラスに気さくなので、もっと詳しくお話聞いてみたい!という方がいらっしゃったらぜひWantedlyより気軽にご連絡ください!採用チームからおつなぎします!

ちなみに森田くんはカタンにハマっており、ゲームマスターとしてあらゆる社員を巻き込みオンラインカタンを主催しています。

わたしも森田君とはカタンメイトとして仲良くなっていたので、秋頃完全リモート推奨から週2日出社に変更になった際にオフィスで「はじめまして!」と声をかけられてはじめましてだったんだ!と驚愕しました。

Rettyには部活動がありボードゲーム部や漫画部などオンラインでも活動しているものが多々あります。

リモートであっても業務外のコミュニケーションを取れる環境なので、そのあたりもご安心ください😊

では、20卒他4名のインタビューもおたのしみに!

Retty株式会社's job postings
9 Likes
9 Likes

Weekly ranking

Show other rankings