1
/
5

第2号インターン生がリクシィにジョイン!その理由をご紹介。

代表の安藤正樹でございます。

インターンを募集しているリクシィですが、第2号インターン生がきてくれました!
立教大学経済学部4年生、佐々木彰さんです。
元々インターン経験もおありとのことで、即戦力感あふれるインターンとして、早速活躍してくださっています。

面接では、完成されていそうなのにまだ伸びしろが無限にある、という印象でした。
色々な仕事を早速やってもらっていて、新しい店舗の物件調査は彼に丸投げしています。

そんな佐々木彰から、ジョインを決めた理由のコメントをいただいたので、そのまま紹介させていただきます!

この躍動感あふれる内容に、インターンを考えてくださっている方はもちろん(今も募集中です!)、大人になってしまった社会人の皆さんも、フレッシュさを取り戻せるはず!!!

文中に、ミーティングの内容にも触れてくれていますが、週に1度全社員が参加する会議でキャッシュフローを共有していて、それが新鮮に映ってくれたのかもしれません。スタートアップは、キャッシュフローを社員に公開することを強くおススメします。何も言わなくても何をしないといけないかが勝手に伝わります。

ちなみにカバー写真は、遠近感にあふれて不思議な感じもしますが、後ろのメンズふたりが目をつぶっているものを敢えて使ってみています。理由は兄弟みたいに見える感じが和むからです(実際ほぼ兄弟ですし)。僕の写真映りの悪さは許してください・・・。

・リクシィに決めた理由

学生生活も残り半年となったタイミングでまた新しい経験を得たいと思い、インターンを探していたのですが、以前にもスタートアップで営業のインターンをしていたので、次は、以前よりも創業の若い会社で、マーケティング(カッコ良さげ。)をやりたいなあと会社を探していました。

そんな中、Real × ITを掲げるREXIT(リクシィ)を発見!ブライダルというレガシーなイメージのあった業界にテクノロジーでより良いものにしていこうという部分に惹かれ、話を聞きにいきます。

そこで代表の安藤さん、取締役の山口さんのお話させてもらうのですが、僕はというと、結婚式てなんか高いし。。高いのにやる意味あります?。。

そもそも結婚式に行ったの1度で記憶もない程昔です。。 とかなり後ろ向きなことばかり。

しかし、この二人のお話が面白いのです!!会社や結婚式のことを教えてもらうのですが、自身の結婚式や人の結婚式のことまでをこれでもかと楽しそうに話しているので、僕は結婚式に「何かあるぞ」、「結婚式いけば良いものであるに違いない」との気持ちに。

さらに、構想段階の新しいサービスの話も聞くことができました。これが僕の抱えていたブライダル業界への後ろ向きな気持ちを解消する様なサービスで、「これが実現すれば凄い!」、「サービス立ち上げに関われる!」との気持ちでリクシィで働かせてもらうことになりました!

・リクシィで働いて

いざ出勤初日、たまたまなのか半日以上に及ぶ全社員でのミーティングの日ということに驚きです!

会社のこれまでの業績や、将来について話し今後どうしていくかを話す重要な日なのですが、こんな会議に参加できるとは思っておらず、新しいサービスについて意見を求められるまで!これはとても嬉しかったですし、やる気が出ます!

仕事はというと、なんでもやる!

これまた驚いたのが色んな仕事が結構ざっくりと降ってきます。笑

もちろん最初のレクチャーや分からないことは丁寧に教えてもらいながらも、後は自由に任せてもらえるので、自分次第でなんでもできます。

学生時代にこの環境は貴重だと思います。だからこそこの環境を十分に活かし、自分自身も成長していきたいと思います!!

株式会社リクシィでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう