私が「リッチメディアで働く理由」と、そこで描く「夢」。

株式会社リッチメディアに入る前

就職活動をしているときに、主に2つの軸を持って会社選びをしていました。軸の1つはベンチャー企業であること。なぜかというと、年次関係なく裁量権が与えられ、チャレンジできる場所で働きたいと思っており、大企業よりもベンチャー企業の方が実現できる可能性が高いと思っていたからです。 時間は有限です。その中でいかに壮大かつ人々の生活にインパクトを与えられることをやれるかと考えたら、若い時期からより多くのチャレンジする機会があるところで働きたいと考えていました。

2つ目の軸は自社メディアを運営していること。 自分たちで生み出したものを、自分たちで運営し成長させていくことに、魅力を感じていました。私には、サービスをゼロからつくりあげたいという夢があり、それを実現するためにはサービスに愛情を持って事業活動している会社が良いと感じていました。 2つの軸に合致する企業はいくつかありましたが、その中でもリッチメディアを選んだ決め手は、「人」の魅力です。サービスへの愛がずば抜けていること、当事者意識が圧倒的だったということに驚きました。 愛を持って0からサービスを創るという夢がここでなら全部できる。人の魅力と裁量権の大きさを感じ、入社を決意しました。

現在

リッチメディアの主軸事業である、「大学シリーズ」に参画してくださるドクターや専門家の方とお会いし、協力をお願いする仕事をしています。現在約1000名のドクターに協力いただいています。

元々は、記事の作成やコンテンツを企画する部署にいました。しかし、その中で、ドクターや専門家の方に直接会い、「信頼性のある情報を正しく伝えたい」という専門家の方々の想いを可視化できるような仕事がしたいと感じ、現在のチームで責任者をやっています。

当たり前の事かもしれませんが、お会いするドクターや専門家の方々は、プロフェッショナル意識がすごく高く、さらには世の中のために何かしたいという想いが非常に強い方が多くいらっしゃいます。その方たちの強い想いを形にするべく、日々奮闘しています。

今後どういうことをしていきたいか

私の夢は、自分の手でゼロからサービスをつくること。これは、学生時代からずっと変わっていません。しかし、リッチメディアに入ってひとつ変わったことがあります。それは、「リッチメディア」でゼロからサービスをつくるということです。自分が作り上げたいという想いは変わりませんが、なによりもリッチメディアでつくりたいと思っています。

今、リッチメディアが運営しているサービスは、すべて人の可能性にも紐づくものです。「スキンケア大学」「ヘルスケア大学」では、ドクター。「HAIR」「Tiful」ではスタイリスト。「可能性を世界で最も開花させる」というリッチメディアの企業理念に紐づき、専門性や想いを伝えるサービスをおこなっています。リッチメディアで、より多くの方の可能性を開花させるサービスづくりをおこないたいと思っています。

また、サービスを使うユーザーを幸せにしたいというのはもちろんの事ですが、サービスをつくっていく今いる仲間も幸せにできるサービスをつくることが私の夢です。

株式会社リッチメディア's job postings
Anonymous
9e9648cf f375 4df1 9f01 22a3d37b1b68
Anonymous
Anonymous
10891583 10206104889967748 5844035857773901417 n
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
16 Like
Anonymous
9e9648cf f375 4df1 9f01 22a3d37b1b68
Anonymous
Anonymous
10891583 10206104889967748 5844035857773901417 n
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
16 Like

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon