Wantedlyは、月間150万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

メンバー

全員みる(8)

なにをやっているのか

Ridge-i (リッジアイ)は「機械学習・ディープラーニング技術を用いて、企業が抱える課題を解決し、社会にポジティブなインパクトを与える」ことを目的とした会社です。

「AI技術を使って課題を解決したいが、どうやってそれを実現できるのか」「そもそもどのような技術を使えば正解なのか」Ridge-i ではこういった悩みを抱える企業に対してコンサルティングから実証実験・ソリューション開発までを包括的に行っています。

また、弊社はディープラーニング技術で日本トップレベルの技術力を持つPreferred Networks(以下、PFN)と業務提携しており、PFNが商用向けに開発している、画像解析を中心とした学習・解析プラットフォームであるDIMo(ダイモ、Deep Intelligence in-Motion)の利用推進も行っています。

▼ 当社サイト
http://ridge-i.com/

▼ NHKアート様と白黒放送のカラー化AIの共同開発を行いました
http://ridge-i.com/news/topics/nhkart-sumo

なぜやるのか

私たちRidge-iは、機械学習・ディープラーニング技術には、現在人間の手によって行われている作業の多くを自動化し、人間が本来集中して取り組むべきことに注力できるようにすることで、社会をより高い次元に押し上げていくような大きな可能性があると考えています。

特に画像解析系の技術は基本的な物体検出・認識の精度が実用可能なレベルまで向上しており企業における業務への活用のために需要が急激に高まっています。こういった技術を活用して業務を改善・高効率化したいと考える企業は数多く存在しますが、そのような企業のうちのほとんどは、自分たちの課題を解決するためにどのような技術を選択し、適用しなければいけないのか、わからない状態にあります。

Ridge-i は、そのような企業が抱える課題を解決し、社会にポジティブなインパクトを与えたいと考えています。

どうやっているのか

Ridge-iでは、「アーキテクト」と「エンジニア」が機械学習・ディープラーニング技術を業務に活用したいと考える企業から、解決したい課題をヒヤリング・分析した上で、どの技術が最も有効かを判断し、その技術を使って実際のデータで実証実験から商用化まで行うソリューション開発を行っております。

ソーシャル

私たちについて

Ridge-i は、Social Impact(社会的影響)に大きな価値を感じています。昨今のAIブームもあって、弊社へはたくさんの企業様よりご相談を頂きます。しかし、Ridge-i として仕事を受ける際に、その課題を解決することによるSocial Impact が見込めない場合、どれだけ大きなクライアントであれ、誠に勝手ながらそのプロジェクトをお断りをさせて頂くこともあります。機械学習・ディープラーニング技術を用いて、社会へポジティブなインパクトを与えたいと考える方を私たちは心よりお待ちしております。

アルバム

投稿

株式会社Ridge-iの募集

地図

東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル442

Page top icon