始めたきっかけは、退屈していた大学生活からの脱出。【インターン生インタビュー第2弾】

名前:大山 晴也
学校:立命館大学経営学部経営学科
期間:2018年3月1日~12月28日(10ヶ月)

ーインターンシップを始めようと思ったきっかけ

大学で所属するゼミが長期インターンを推奨していたことが大元の理由です。その上で、退屈していた大学生活からの脱出とこのまま社会に出ることに対しての不安を解消するために始めることを決めました。

ーなぜリタワークスを選んだのか

起業やフリーランス、駐車場経営など自分自身の力でお金を稼ぐことに興味がありました。そこで、社長という起業家のすぐ側で起業家精神を学びつつ、新サービスに携われるということでリタワークスに決めました。また、今後IT化がどんどん進む社会においてITの知識を身に付けること、PCを使った業務に慣れることは必要不可欠だと考えました。

ーどんな業務をしていたか

テレアポ、営業同行、コラム作成、Facebook運用、WEBディレクション業務

ー成長したと思うこと

基本的なビジネスマナーに加え、一企業に勤めて働くことを責任感が身に付きました。特に、電話対応やメール返信力、資料作成力は普通の学生のままでは身に付くことはまずないと思います。他企業の短期インターンでのグループディスカッションや選考においても、普通の学生より1歩2歩先の考えや発言をすることができ就活でも物怖じしなくなりました。

ーリタワークスはどんな会社か(会社の雰囲気)

社内は全体的に和やかで、笑顔もよく見られます。インターンという立場でも社員さんに話しかけやすく、分からないことはすぐに聞ける環境です。また、積極的にインターン生にも業務を割り振ってくれます。

ーこれからインターンを始めようと思う人にメッセージ

正直言うと、授業がまだまだ残っている人にとっては大学、アルバイト、インターンととてもハードな生活になります。しかし、リタワークスはそんな方に対して親身にシフトに融通を効かせてくれます。今のまま普通の大学生として気軽に大学生活をエンジョイすることも大切ですが、ここで一歩踏み出して長期インターンを経験することは、就活や今後の自分にとって間違いなく誇れる力になります。

リタワークス株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more