1
/
5

【RS社員取材】ロックシステムは偉そうな人がいない対等な関係で話せる雰囲気がある。

ロックシステムの常に笑顔なロードバイカーこと北筋さん。

SE歴10年の北筋さんは一度SEの仕事に疲れてSEから離れた時期があった。

そんな北筋さんがロックシステムに入社した理由とは、北筋さんにとってSEとは、インタビューを通して語ってもらいました。


「ロックシステムはみんな対等で話せる柔らかい雰囲気がある。」


2019年2月に入社された北筋さん、ご出身と年齢を教えてください。

出身は大阪で年齢は32歳です。


ロックシステムに入社される前はなにをされてましたか

もともとPCが好きで学生時代から情報系の大学に通ってたので最初からSEを目指してまして前職では工場で使うタッチパネルに対応したWindowsのアプリを作ってました。


転職の決め手、ロックシステムに入社した決め手はなんでしたか。

SEの仕事って稼働時間が高い、残業が多いのがネックでなるべく下げたいって思いがありました。

自分も過去に仕事に疲れて2年間SEから離れた時期がありました、、、

それでも昔から好きだったプログラミングの仕事に戻りたいと思い転職活動してる時期に、新卒時代に仲良くなった同じSEをしている友達に相談したんです。

その2人はこのロックシステムで働いていて稼働時間に気を使ってくれたり、サポート体制も整ったロックシステムに魅力を感じたんです。

実際に働いている友達が勧めてくれるなら間違いないと思ったのが一番の決め手ですね。


入社してから分かったロックシステムと他社の違いは何ですか。

まず稼働時間が大幅に減りました、会社が高稼働のプロジェクトになるべく入れないようにしているのもあって今月140時間程度に収まってるのでとても安定してます。

それに今までの会社は上下関係が厳しくて堅苦しいとこがあったんですけどロックシステムは年齢が近い人も多いですし、上の立場でも偉そうにする雰囲気はないんでみんな対等な関係で話せる柔らかい雰囲気がありますね。


北筋さんにとってSEとはどんなお仕事ですか。

お客さんから依頼されたシステムを責任もって作り上げることがSEの仕事だと思っています。

納期を守ることが一番大事だと思っててどんな仕事でもそうですけどいつまでに終わらせないといけない仕事はあるのでそれを必ず守ることを意識してます。

でも納期を意識して長時間残業していては本末転倒なので自分なりに最悪を常に想定しておいて、もしトラブルが起きたときも落ち着いて対処していますし、普段から作業の効率化を考えています。

それが納期を守ることにも繋がりますし、残業時間も減って自分のためにもなりますからね。


北筋さんにとってSEの仕事はどんな魅力がありますか。

SEの仕事は自分も過去に感じてましたが大変なことが多いです。

経験が浅い内は毎日が勉強で苦労することの方が多いかもしれません、、

それでも自分が続けたいとおもったのは、、、

続きはロックシステムHPで公開しています!

北筋さんの仕事観、ロックシステムのメンバー達、これからの挑戦等語ってもらいました。

是非以下リンクからご覧ください。

株式会社ロックシステム's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings