1
/
5

入社して3ヶ月でLTをして自分が思った抑えておく3つのこと

初めましてSCOUTERでフロントエンドエンジニアをやっているhirokinishizawaです。

先日のNuxtMeetUp#2でLTをやらせてもらいました。

イベントの様子がこちらになります!

初の勉強会にて100人規模でLTの発表をしたので その話をブログに残したいと思います。


はじめに

今回発表したスライドがこちらなります!

入社して3ヶ月でLTをやることになったきっかけ

NuxtMeetUp#2の申し込み開始をした時にその事件は起こりました。 弊社のCTOであるkotamatさんから、「nuxtmeetup応募開始したよー誰かLT出る人いる?」と。その時はプログラミングを始めてから2ヶ月ちょっと。もちろん自分が技術的に話せることもないし、イベント自体は参加したいけどLTするという考えは1ミリもなかったので誰か出るのかなと思っていたら、「ここ最近で一番nuxt書いてるからやればいいんじゃない?」ん?聞き間違えかな?入社してから一番ビックリしましたw「とりあえずconnpass(イベント支援サービス)登録しよー」あ、了解です!・・・できました!「じゃあgithubでログインして、ここクリックして次に・・・」あれ?これってやっぱり。。。

と、まぁこのような経緯でしっかりLT枠の参加申し込みをしていました自分の意志で!!

自分の意志で。。。

初めてのスライド資料作りで学んだ3つのやるべきこと

1.テーマを決める

まず資料を作るのにまずはじめにやらなければいけないのはテーマを決めることです。 テーマの軸がしっかりしていないと、話す内容を決めるにあたりどんどんテーマがぶれていき、最初のテーマが何だったのかわからなくなります。

自分はそれで何度もやり直すことになり、結局なんの話をしたかったのかわからなくなり、時間に追われていきました。

自分場合はなにを話せば良いのか、どういう人に向けてなんの話をすればいいのかというのを軸に考えました!

2.スライドは見やすく

スライドを作るのにやってしまったこと

  • スライド1枚に5,6行になってしまうところがあった
  • スライドが60枚近くになってしまった

スライドを作成するにあたり、スライドを見やすいように1ページに付き1,2行がベストと言うことは分かっていたのですが、スライドにするとこと、口頭で言うことがうまくまとまらず、スライドが多いところや、5,6行になってしまって見づらいところとごちゃごちゃになってしまってました。

当たり前かもしれないですがスライドは何枚までという決まりはないが、大事なところはスライドに1,2行でわかりやすく、伝えたいことの大事な部分をうまくまとめてスライドにし、残りは口頭で!

3.もっと人に頼る

今回一番の反省すべき点です。

先程の「テーマを決める」や「スライドは見やすく」など全てにおいて言えるのですがもっと周りの方に助けを求めるべきでした。

というのも入社3ヶ月の自分が一人でやるには限度があります。上司の方のリソースを割いてもらうのを申し訳ないとか、思えば思うほどどんどん聞きづらくなり、1人で考えギリギリになってやばいことに気づき時既に遅し。結局大迷惑をかける。これはLTだけに限らないと思います。

直前まで変更することになり、発表内容も覚えられず結果大変みっともない内容になってしまいました。

なのでもっと経験者である先輩たちを頼りましょう!

LTをやってみて

初勉強会でLTをするとは思ってなかったし、まさかの100人という大規模で初のLTをやるとは夢にも思ってなかったです。 人前に出るのも苦手で緊張しすぎて気がついたら発表前にビール3本飲んでましたw

いろいろLTのことを調べていたら、同じように人前に出るのが苦手な方も多く、 それでもLTをやる理由を見てみると、「初めから3、40分は無理だからまず短いLTで練習」、「自分から話すのが苦手で、LTをすると親睦会で話しかけてくれる」など いろいろ理由があってすこし期待も高まりました!

実際に親睦会のときにはみなさん話しかけてくださり、初めてがっつりと社外のエンジニアの方と交流を持てて、とてもいい経験だったなと思います! 話しかけてくださった方本当にありがとうございます!!

LTをするにあたって作成したメディアの復習だったりドキュメントの読み直しをするという目的もあったので復習になりよかったです!

発表内容を忘れ、そのためのカンペも席に忘れた僕ですが、この日のことだけは忘れないと思います!kotamatさんの無茶振りで今回LTをやることになりましたが本当にナイス無茶振りでした!!w

まとめ

LTに興味はあるけどまだ経験が少なく話せることがあまりないと思って発表していない方もいるかと思います。 始めたばかりの人にしか分からない躓きポイント、共有できる部分はあると思います。

5分(今回は10分)の資料を作るのに最初はとても時間はかかるとおもいますが、それ以上に復習ができたり、プログラミング以外での経験値や、社外のエンジニアの方との出会いなど多くの収穫もあったのでLTをやるかやらないかで悩んでる人は是非やることをおすすめします!

株式会社ROXXでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング