1
/
5

「経営者」と「会社員」2つの🥺を持つマーケター伏見さん対談🌈🌟Vol.1🌟🦁&👓

久しぶりの投稿になりまっす!
人事と広報にもなりつつあるレオンです🦁
相変わらずサウナ王子👑は週4日のペースを崩さないで通っているおかげか、外の熱さが全く気になりません^_^;
サウナイキタイ、仲間募集してます。

最近入社した特徴的なキャリアを持つ伏見さんをインタビューしましたのでここに記します。


以下、
伏見→👓 レオン→🦁

🦁)では、早速自己紹介をオナシャス😄

👓)年齢35歳で(笑)バツイチの会社経営しながら会社員も兼任している、会社員です。主にマーケ中心にやっています。過去の変遷としては、広告代理店からかれこれマーケ業界を8~9年くらいやってきています。

🦁)いきなり年齢カミングアウトするのボクも前やって突っ込まれた記憶あるなwそして、バツイチw猿、バツイチおおいですね(笑)経営はいつからはじめたんですか?

👓)26のときなので、レオンくんと同じ時ですよ。そん時は制作会社として起業しました。元々テレビ業界のアシスタントディレクターやっていまして。夜中の2時~3時からロケとかは当たり前でしたね。大変ではあったけど、一つの作品(ドラマ)を作るために、一体感を持ってチームでやることに達成感がありました。父親も独立してデザインをやってて、そういった環境下もあって小さい頃からデザインに触れてきました。テレビ業界では、番組に使われる地図やポスターを作ったりしてました。そこからはデザインにシフトしていきました。でも、デザインだけだと弱いよねってことから、起業したタイミングでマーケティングやwebも強くなろうと思って始めました。


🦁)Hard work耐性あるんすね(笑)だからクリエイティブとかも見れたりするんですか。会社員から経営者、経営者やりつつ会社員に再度なるっていう働き方。今後増えてきそうですよね。でもなぜ会社員を再度やろうと思ったんですか?

👓)何かデカいことやりたいなってのが小さい頃からたくさんあって。たまたまそれが経営になったていうか。もっと世の中ここを改善したらいいなってのがたくさんあって。

🦁)不完全な世の中だなと?ww

👓)そこを改善していきたいというか(笑)世の中のユーザーに対して、少しでも生活が楽になったらいいなとやっていきたいなと思って起業しましたね。

🦁)26でそんな大志抱いて起業したんすか。ボクまったくいだいてないなーwww

👓)で、なんで会社員やるかというと、一つ自分の会社に全力を注ぐことも大事なんですけど、なんていうか、情報だったりとか、閉鎖的な感じになってきちゃうんですよ。それでこう世の中をみて、新たな情報だったりとか、良い刺激をもらうためにも、会社員として外に出て、いろんな刺激を受けていくっていうのが、僕のスタイルっていうか。

🦁)おー伏見スタイルがでましたね。なるほど、自分だけのものさしだけじゃなく、他のスパイス入れて世界観を広げていくことで、新たに何かを得ていくみたいな。

👓)そうですね、新しい仲間もできたりしますね。

🦁)確かにできますね。今に至るまでの間はどんな歴史を?

👓)26から3社ほど点々としてました。まあいい風に言うと、いろんな商材を扱って、いろんな情報を得て、自分に力をつけていきたいなっていうのがあって。事業会社だとその商材だけしか扱えないので他の商材がわかんなくなってきてしまうので。そういった意味だと、猿は色んな商材があるので凄く楽しいです。

🦁)なるほど、今までの会社とどう違いますか?色んな会社みてきていると思いますけど。まあまだはいって間もないですけどw

👓)ベンチャーとして、縦割りでなく、一人一人が色んなことができないと会社に貢献できないとことか。あと他に、とにかく明るいですよね。

🦁)社長筆頭にそうですね。人柄とかもいい人が多い。猿に入社しようと思った決め手はなんでしょうか?

👓)新しいことにチャレンジしていきたいっていう社長の思いにすごい共感しました。

🦁)purposeに共感して入社してくれたんですね。今どんな業務されてるんですか?

👓)今は組織創りとか、デジタルマーケの広告配信や管理、分析やクライアントとの折衝だったりを担当しています。

🦁)それこそ、元々伏見さんは見てきたものや経験があると思うのでこれまでの知識を猿にスパイスを加えて、アップデートしてくれそうですね。

👓)できることはやっていきたいです。チームとしては、もっとコミュニケーションを増やしていきたいですね。猿の雰囲気として、わからないことは恥ずかしいことではないという社風がありますし、せっかくのチームなので、わからないことは一人で抱え込まず、相談を受ける側も当たり前に答えていくチームとか理想ですよね。A社の成功事例みたいなのを、B社にも取り入れたらどう?とか。そういうのを増やしていくと、わくわくしますよね。やっている側も、お客さんも。

🦁)わくわくって猿のキーワードでありますけど、業務で感じることあります?

👓)お客さんには売上アップがわくわくhappyになると思いますが、それ以外にもお客さんが知らないことをこっちが提案すると、おもしろそうとか効果ありそうっていうわくわくはありますよね。当然逆もありますけどね(笑)

🦁)諸刃の剣ですね(笑)そういえば、伏見さんはある社員の方の紹介で、入社に至ってから間もないですが、猿に一人ご紹介してくれていましたよね。月末にお会いしますよ。こういったリファラルはどんどん増やしていく仕組み作りに力入れていきます。

👓)もっとこうしたらいいなていうのがあって、そこをこの人とタッグ組むとかなり良い方向性に持っていけるっていう確信があって。そんな思いもあって紹介しました。

🦁)嬉しいです。最後にどんな人にきてほしいですか?

👓)イケイケな人がほしいですね。レオンさんみたいな(笑)

🦁)照れますねw。具体的にどんなひとでしょう(笑)

👓)ポジティブな人がいいですね。業務をすすめていくっていう意味では。これは付き合う人にも大事なんですけどね?

🦁)バツイチの方からのそれは重みありますね。次回そこを聞かせてくださいw

→第2弾へ続く。


今回は経営者やりつつも、会社員をやるという働き方をする伏見さんとの対談の一部をご紹介しました!

猿ではメイン業務が猿であれば、経営者や副業という働き方はウェルカムです。
経営者やフリーランスの方は、一度面談してみませんか??


Webマーケター/ディレクター
CXO候補|培ってきたマーケティング経験を活かしてみたいという方に。
【Webマーケティング・コンサルティング事業】 猿公式ホームページ→https://saru.co.jp/ 私どもは、日本をもっと輝かせるために 『人のこころに眠る「わくわく」を呼び覚ます』 という信念を持って業務を遂行します。 主なコンサルティングサービスは以下の通りです。 --- ・記事LP戦略サポート (広告とランディングページの間に挟む記事風広告、広告を嫌うユーザーや潜在層にも効果的です。) ①広告を嫌がるユーザーにも商品・サービスを買ってもらうことができる ②95%以上と言われる潜在層にも商品・サービスに興味を持ってもらえる ③相対的に安く顧客を獲得できる 例えば3に関しては以下の通り、検索広告より安い単価で顧客を獲得できています。 ※ ベリーベストのB型肝炎の事例 https://best-legal.jp/hepatitis-subsidy-6372 詳しくは、 記事LP→https://saru.co.jp/lp-article-writing/ ランディングページ→https://saru.co.jp/lp-article/ --- ・戦略的わくわくマーケティングサポート (クライアントがお客さんに「わくわく」を感じてもらえるようなマーケティングをサポートします。) 日本でマーケティング戦略を構築するにおいては、「わくわく」という要素が不可欠だと考えています。 そもそもなぜ日本でデフレが置き、そしてなかなか払拭されないか分かりますか? それは、日本人の長所でもあり短所でもある「慎重さ」ゆえです。 慎重さが日本人の消費行動に対して消極的にさせているのです。 では、そんな日本人に商品・サービスを「気持ちよく」買ってもらうにはどうしたらいいでしょうか?(絶対に「買わせる」のではありません。お客さんとの間でWin-Winの関係を築くのです) それは、お客さんに「わくわく」を感じてもらうのです。 買い物に対してわくわくできればお客さんは気持ちよくお金を支払ってくれます。 買い物が楽しくなります。 私どもは、クライアントがお客さんに「わくわく」を感じてもらえるようなマーケティングサポートをします。 例えば、「成果報酬型広告」の仕組みを活用して、広告主と消費者がWin-Winになる集客を目指しています。猿は集客を担い、決められた報酬の中で利益を出し続けるためには、消費者の信頼を得ることが不可欠です。優れた商品を必要とする消費者に届けることが猿の役割です。 --- ・戦略的LP制作 きちんと効果が出る戦略的なランディングページを制作しています。 「LPを作ってリスティングをすれば売れる」そんな時代もありました。しかし今はそうではありません。 「LPを作って数十万円、数百万円かけても全く売れない」 そんなことが起こりうるのです。 ではLP制作をやめた方がいいのでしょうか? 断言します。 「やめて下さい」 ただし条件付きです。 “お客さん、競合、自社、市場環境のことを深く分析しないのであれば”、やめて下さい。 逆を言うと、 [お客さん] [競合] [自社(の強み)] [市場環境] をきちんと分析し、それらを材料として戦略を構築した上でLPを作ればまだまだ効果は出ます。 私どもはきちんと効果が出る戦略的LPを制作しています。 --- ・戦略的SEOサイト制作 (目的とする売上・利益を獲得するためのSEOに強いサイト制作を提供します。) 私どもには以下の相談がよく寄せられます。 「SEOしたいんだけどお願いできますか?」 こういう相談を頂いたら必ず以下の通り返答します。 「そんな目的が漠然とした状態でお仕事をお引き受けすることはできません。 まずは、目標とする売上・利益を明確にし、その売上・利益を実現するためにどんなキーワードで上位表示させたらいいか、 というところから戦略的に考えてお手伝いさせて下さい。いかがでしょうか?」 ただ単にSEOをするだけでは意味はありません。 目的とする売上・利益を獲得するには もっと戦略的に考えなければならないのです。 私どもは戦略をきちんと構築した上で SEOに強いサイト制作をお手伝いしています。 Webマーケティングメディアでの代表インタビュー記事 https://ferret-plus.com/14255
株式会社 猿


Webマーケター/ディレクター
マーケティングディレクターとして事業成長を感じたい方を募集!
【Webマーケティング・コンサルティング事業】 猿公式ホームページ→https://saru.co.jp/ 私どもは、日本をもっと輝かせるために 『人のこころに眠る「わくわく」を呼び覚ます』 という信念を持って業務を遂行します。 主なコンサルティングサービスは以下の通りです。 --- ・記事LP戦略サポート (広告とランディングページの間に挟む記事風広告、広告を嫌うユーザーや潜在層にも効果的です。) ①広告を嫌がるユーザーにも商品・サービスを買ってもらうことができる ②95%以上と言われる潜在層にも商品・サービスに興味を持ってもらえる ③相対的に安く顧客を獲得できる 例えば3に関しては以下の通り、検索広告より安い単価で顧客を獲得できています。 ※ ベリーベストのB型肝炎の事例 https://best-legal.jp/hepatitis-subsidy-6372 詳しくは、 記事LP→https://saru.co.jp/lp-article-writing/ ランディングページ→https://saru.co.jp/lp-article/ --- ・戦略的わくわくマーケティングサポート (クライアントがお客さんに「わくわく」を感じてもらえるようなマーケティングをサポートします。) 日本でマーケティング戦略を構築するにおいては、「わくわく」という要素が不可欠だと考えています。 そもそもなぜ日本でデフレが置き、そしてなかなか払拭されないか分かりますか? それは、日本人の長所でもあり短所でもある「慎重さ」ゆえです。 慎重さが日本人の消費行動に対して消極的にさせているのです。 では、そんな日本人に商品・サービスを「気持ちよく」買ってもらうにはどうしたらいいでしょうか?(絶対に「買わせる」のではありません。お客さんとの間でWin-Winの関係を築くのです) それは、お客さんに「わくわく」を感じてもらうのです。 買い物に対してわくわくできればお客さんは気持ちよくお金を支払ってくれます。 買い物が楽しくなります。 私どもは、クライアントがお客さんに「わくわく」を感じてもらえるようなマーケティングサポートをします。 例えば、「成果報酬型広告」の仕組みを活用して、広告主と消費者がWin-Winになる集客を目指しています。猿は集客を担い、決められた報酬の中で利益を出し続けるためには、消費者の信頼を得ることが不可欠です。優れた商品を必要とする消費者に届けることが猿の役割です。 --- ・戦略的LP制作 きちんと効果が出る戦略的なランディングページを制作しています。 「LPを作ってリスティングをすれば売れる」そんな時代もありました。しかし今はそうではありません。 「LPを作って数十万円、数百万円かけても全く売れない」 そんなことが起こりうるのです。 ではLP制作をやめた方がいいのでしょうか? 断言します。 「やめて下さい」 ただし条件付きです。 “お客さん、競合、自社、市場環境のことを深く分析しないのであれば”、やめて下さい。 逆を言うと、 [お客さん] [競合] [自社(の強み)] [市場環境] をきちんと分析し、それらを材料として戦略を構築した上でLPを作ればまだまだ効果は出ます。 私どもはきちんと効果が出る戦略的LPを制作しています。 --- ・戦略的SEOサイト制作 (目的とする売上・利益を獲得するためのSEOに強いサイト制作を提供します。) 私どもには以下の相談がよく寄せられます。 「SEOしたいんだけどお願いできますか?」 こういう相談を頂いたら必ず以下の通り返答します。 「そんな目的が漠然とした状態でお仕事をお引き受けすることはできません。 まずは、目標とする売上・利益を明確にし、その売上・利益を実現するためにどんなキーワードで上位表示させたらいいか、 というところから戦略的に考えてお手伝いさせて下さい。いかがでしょうか?」 ただ単にSEOをするだけでは意味はありません。 目的とする売上・利益を獲得するには もっと戦略的に考えなければならないのです。 私どもは戦略をきちんと構築した上で SEOに強いサイト制作をお手伝いしています。 Webマーケティングメディアでの代表インタビュー記事 https://ferret-plus.com/14255
株式会社 猿
株式会社 猿's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more