1
/
5

22卒必見!?猿の筆頭人事が語る採用面接前の意外なポイントとは?

はじめまして!猿のインターン生、筋肉担当のわくです!
今月で猿でのインターンも4ヶ月目になりました!

最近は自重トレーニングにハマってて、今年中に「プランシェ」っていう技ができるようになるのが目標です💪💪
ぱっと見で「これホンマ?」ってなると思うので、気になる方は画像検索してみてください!

今回は猿の人事筆頭であるレオンさんに、

「就活で使える採用面接の攻略法!」

についてインタビューしてみました!

面接前・面接中・面接後の気になるポイントについて、色々聞いていきます!
めちゃめちゃありがたいアドバイスをたくさんで頂いたので、

就活時期前に周りと差をつけたい画面の前の22卒の就活生のあなた!!!

に役立つ情報となるかもです!
本来はレオンさんから、自分ともう1人のインターン生がインターンについてのインタビュー受けたのですが、音声が上手く録音できておらず、、、
何やかんやで気づいたら自分がWantedlyのフィードを書くことになってました(笑)

拙い部分があるかもしれませんが、ちょっとでもわくわくしてもらえたら幸いです!

やったら即OUT!?履歴書で外せないポイントは?

わく:早速なんですけど、面接前のところについて聞いていきたいと思います!

レオン:おう!

わく:面接を受ける前に、エントリーシートや履歴書って提出すると思うんですけど、そういう書類を書く上で外せないポイントとかってありますか??

レオン:最初はまあ当たり前のことだけど、写真がないとかは論外かな😅

わく:たしかに写真がないのはヤバイですね(笑)

レオン:あとは、たまにいるんだけど、学歴の欄で高校からしか書かないとか!

できれば、中学から書いてくれた方が、俺は見る!👀!

わく:中学の情報も頭に入ってるって以前言ってましたね!

レオン:女子校から男子校まで大体の学校は把握してる(笑)

東京とかだと特に良い高校いくために、中学浪人とか受験一年遅れて入るって子も中にはいるから、そういう意味でも、中学からの学校も見たいかな👍

わく:中学からの努力や頑張りも見ていきたいと!😤

レオン:そうだね!

自由欄には何を書くと好印象?

レオン:あとは、スカスカな履歴書よりは、しっかりみっちり書いてある方が良いかな!👍

わく:なるほど!たしかに、しっかり埋まっている方がいい印象良さそうです!

レオン:やっぱり自由欄とかって、なんかいらないよう気もするけど、

そういった自由欄に趣味とか交通経路とかまでガッツリ書いてくる人とか、

空白を8割くらい埋めるように記載している人とかは、

丁寧でまじめだなっていう風に思うし、印象が良いよね!😊😊

わく:たしかに、自由欄までしっかり書いてある方が、仕事もしっかりやってくれそうな感じしますね

レオン:やっぱり、いっぱい履歴書を見る中で、みっちり書いてある子の方が、

「やる気あるな!」って完全に思うし!

そういう書類ひとつとっても、差は出るね~

わく:なるほど~🤩 じゃあ、自由欄とかは大体8割くらいを埋める気持ちで、みっちり書いておく方が印象良くなるよ~って感じですかね?

レオン:うん!

わく:ちょっと気になったんですけど、趣味とかも書いたほうが良いんですか??🤔

レオン:まあ、あった方が面接官としてはいいかな。

別にそれがあることによって、マイナスになることは無いと思う!

わく:そうなんですね!趣味まで書くのは意外と盲点でした!

志望理由とか課外活動は結構書いたりしますけど、趣味までは書かないのかなと思っていたので

レオン:趣味とかまで書いてあると、よりその人の情報が知れるから面接官としてはありがたいね!🥳

SNSを利用した別ルート面接ってどうなの?

わく:ちょっと話変わるんですけど、面接って基本的には応募フォームから申し込むと思うんですけど、

SNSとかを利用して、人事や担当の人に直接連絡取るみたいなことって人事的にはどうなんですか??

レオン:そうだね、面接官に直接ダイレクトメッセージ送ったりして、面接にこぎつけるってのは1つのやり方で正しいと思う

わく:じゃあそういう形で面接を受けた方が、採用されやすいみたいな感じですか?

レオン:まあ採用されるかどうかは、結局面接中で決まるかな😉

基本的にエントリーシートから来る人を想定して面接って組まれているから、面接にたどり着くまで道のりが違うと、面接の内容は変わってくるかもね

わく:面接までの形が違うと、受ける面接も違うんですか!?

レオン:ダイレクトメッセージで来たら、その人のことをSNSくらいでしか知れないわけだし、書類とかないと判断できない部分もあったりするからね😅

できる人ここが違う!大事なのはOO力!

レオン:コロプラのフローは、履歴書とエントリーシートっていうのは王道で、なんだかんだであれが一番いいのかなってすっごい思う(笑) 文章力も見れるし

わく:文章力とかも見られてるんですか!!

レオン:おれも新卒で面接担当やってた時は、文章力とかそこまで分析してなかったんだけど、でも文章力ってめっちゃ大事だし、400文字以内で、自分のやってきたことをアピールできる力があると、今後色々便利だし!できる人とかは文章力一つとっても違うしね!構成とか丁寧に考えてあるし😁

わく:じゃあ、ダイレクトメッセージとかで、連絡取るのもありだけど、エントリーシートでしっかり自分をアピールできる文章力が大事と!

レオン:そうだね~、文章力は身に着けてて損はないよね👌

わく:ですね(笑) なんにしてもですよね!

レオン:ほんとなんにしても(笑) 転職する時でも、職務経歴書って書かなきゃいけないわけだし、文章が書ける方がメリットでかいかな

わく:猿でのインターンって、記事LPとかSEO記事をめっちゃ書くんで、文章力っていう意味では、何気にかなり鍛えられてますね💪

レオン:そうだね!マーケに活かせる、人の心を動かせるような文章や表現とかドンドンインプットしてもらいたい!!

わく:ですね!簡単ではないですけど、その分学べることも多くて面白いです!

では次に、「面接中」に絶対押さえたい攻略ポイントです!

と言いたいところですが、今回はここまで!
もっとレオンさんや猿の話を聞いてみたい方や少しでも面白いと感じた素晴らしい感性をお持ちの方はこちら↓↓↓

22卒|新卒採用|マーケ職
弊社でデジタルマーケターのプロとして、市場価値上げにいきませんか?
【Webマーケティング・コンサルティング事業】 猿公式ホームページ→https://saru.co.jp/ 私どもは、日本をもっと輝かせるために 『人のこころに眠る「わくわく」を呼び覚ます』 という信念を持って業務を遂行します。 主なコンサルティングサービスは以下の通りです。 --- ・記事LP戦略サポート (広告とランディングページの間に挟む記事風広告、広告を嫌うユーザーや潜在層にも効果的です。) ①広告を嫌がるユーザーにも商品・サービスを買ってもらうことができる ②95%以上と言われる潜在層にも商品・サービスに興味を持ってもらえる ③相対的に安く顧客を獲得できる 例えば3に関しては以下の通り、検索広告より安い単価で顧客を獲得できています。 ※ ベリーベストのB型肝炎の事例 https://best-legal.jp/hepatitis-subsidy-6372 詳しくは、 記事LP→https://saru.co.jp/lp-article-writing/ ランディングページ→https://saru.co.jp/lp-article/ --- ・戦略的わくわくマーケティングサポート (クライアントがお客さんに「わくわく」を感じてもらえるようなマーケティングをサポートします。) 日本でマーケティング戦略を構築するにおいては、「わくわく」という要素が不可欠だと考えています。 そもそもなぜ日本でデフレが置き、そしてなかなか払拭されないか分かりますか? それは、日本人の長所でもあり短所でもある「慎重さ」ゆえです。 慎重さが日本人の消費行動に対して消極的にさせているのです。 では、そんな日本人に商品・サービスを「気持ちよく」買ってもらうにはどうしたらいいでしょうか?(絶対に「買わせる」のではありません。お客さんとの間でWin-Winの関係を築くのです) それは、お客さんに「わくわく」を感じてもらうのです。 買い物に対してわくわくできればお客さんは気持ちよくお金を支払ってくれます。 買い物が楽しくなります。 私どもは、クライアントがお客さんに「わくわく」を感じてもらえるようなマーケティングサポートをします。 例えば、「成果報酬型広告」の仕組みを活用して、広告主と消費者がWin-Winになる集客を目指しています。猿は集客を担い、決められた報酬の中で利益を出し続けるためには、消費者の信頼を得ることが不可欠です。優れた商品を必要とする消費者に届けることが猿の役割です。 --- ・戦略的LP制作 きちんと効果が出る戦略的なランディングページを制作しています。 「LPを作ってリスティングをすれば売れる」そんな時代もありました。しかし今はそうではありません。 「LPを作って数十万円、数百万円かけても全く売れない」 そんなことが起こりうるのです。 ではLP制作をやめた方がいいのでしょうか? 断言します。 「やめて下さい」 ただし条件付きです。 “お客さん、競合、自社、市場環境のことを深く分析しないのであれば”、やめて下さい。 逆を言うと、 [お客さん] [競合] [自社(の強み)] [市場環境] をきちんと分析し、それらを材料として戦略を構築した上でLPを作ればまだまだ効果は出ます。 私どもはきちんと効果が出る戦略的LPを制作しています。 --- ・戦略的SEOサイト制作 (目的とする売上・利益を獲得するためのSEOに強いサイト制作を提供します。) 私どもには以下の相談がよく寄せられます。 「SEOしたいんだけどお願いできますか?」 こういう相談を頂いたら必ず以下の通り返答します。 「そんな目的が漠然とした状態でお仕事をお引き受けすることはできません。 まずは、目標とする売上・利益を明確にし、その売上・利益を実現するためにどんなキーワードで上位表示させたらいいか、 というところから戦略的に考えてお手伝いさせて下さい。いかがでしょうか?」 ただ単にSEOをするだけでは意味はありません。 目的とする売上・利益を獲得するには もっと戦略的に考えなければならないのです。 私どもは戦略をきちんと構築した上で SEOに強いサイト制作をお手伝いしています。 Webマーケティングメディアでの代表インタビュー記事 https://ferret-plus.com/14255
株式会社 猿
広告運用|インターン
22卒・23卒の方でクライアントワークに挑戦して成果を出してみたい人へ!
【Webマーケティング・コンサルティング事業】 猿公式ホームページ→https://saru.co.jp/ 私どもは、日本をもっと輝かせるために 『人のこころに眠る「わくわく」を呼び覚ます』 という信念を持って業務を遂行します。 主なコンサルティングサービスは以下の通りです。 --- ・記事LP戦略サポート (広告とランディングページの間に挟む記事風広告、広告を嫌うユーザーや潜在層にも効果的です。) ①広告を嫌がるユーザーにも商品・サービスを買ってもらうことができる ②95%以上と言われる潜在層にも商品・サービスに興味を持ってもらえる ③相対的に安く顧客を獲得できる 例えば3に関しては以下の通り、検索広告より安い単価で顧客を獲得できています。 ※ ベリーベストのB型肝炎の事例 https://best-legal.jp/hepatitis-subsidy-6372 詳しくは、 記事LP→https://saru.co.jp/lp-article-writing/ ランディングページ→https://saru.co.jp/lp-article/ --- ・戦略的わくわくマーケティングサポート (クライアントがお客さんに「わくわく」を感じてもらえるようなマーケティングをサポートします。) 日本でマーケティング戦略を構築するにおいては、「わくわく」という要素が不可欠だと考えています。 そもそもなぜ日本でデフレが置き、そしてなかなか払拭されないか分かりますか? それは、日本人の長所でもあり短所でもある「慎重さ」ゆえです。 慎重さが日本人の消費行動に対して消極的にさせているのです。 では、そんな日本人に商品・サービスを「気持ちよく」買ってもらうにはどうしたらいいでしょうか?(絶対に「買わせる」のではありません。お客さんとの間でWin-Winの関係を築くのです) それは、お客さんに「わくわく」を感じてもらうのです。 買い物に対してわくわくできればお客さんは気持ちよくお金を支払ってくれます。 買い物が楽しくなります。 私どもは、クライアントがお客さんに「わくわく」を感じてもらえるようなマーケティングサポートをします。 例えば、「成果報酬型広告」の仕組みを活用して、広告主と消費者がWin-Winになる集客を目指しています。猿は集客を担い、決められた報酬の中で利益を出し続けるためには、消費者の信頼を得ることが不可欠です。優れた商品を必要とする消費者に届けることが猿の役割です。 --- ・戦略的LP制作 きちんと効果が出る戦略的なランディングページを制作しています。 「LPを作ってリスティングをすれば売れる」そんな時代もありました。しかし今はそうではありません。 「LPを作って数十万円、数百万円かけても全く売れない」 そんなことが起こりうるのです。 ではLP制作をやめた方がいいのでしょうか? 断言します。 「やめて下さい」 ただし条件付きです。 “お客さん、競合、自社、市場環境のことを深く分析しないのであれば”、やめて下さい。 逆を言うと、 [お客さん] [競合] [自社(の強み)] [市場環境] をきちんと分析し、それらを材料として戦略を構築した上でLPを作ればまだまだ効果は出ます。 私どもはきちんと効果が出る戦略的LPを制作しています。 --- ・戦略的SEOサイト制作 (目的とする売上・利益を獲得するためのSEOに強いサイト制作を提供します。) 私どもには以下の相談がよく寄せられます。 「SEOしたいんだけどお願いできますか?」 こういう相談を頂いたら必ず以下の通り返答します。 「そんな目的が漠然とした状態でお仕事をお引き受けすることはできません。 まずは、目標とする売上・利益を明確にし、その売上・利益を実現するためにどんなキーワードで上位表示させたらいいか、 というところから戦略的に考えてお手伝いさせて下さい。いかがでしょうか?」 ただ単にSEOをするだけでは意味はありません。 目的とする売上・利益を獲得するには もっと戦略的に考えなければならないのです。 私どもは戦略をきちんと構築した上で SEOに強いサイト制作をお手伝いしています。 Webマーケティングメディアでの代表インタビュー記事 https://ferret-plus.com/14255
株式会社 猿
広告運用|インターン
22卒でマーケティング職に興味がある方、実際に体験してみませんか?
【Webマーケティング・コンサルティング事業】 猿公式ホームページ→https://saru.co.jp/ 私どもは、日本をもっと輝かせるために 『人のこころに眠る「わくわく」を呼び覚ます』 という信念を持って業務を遂行します。 主なコンサルティングサービスは以下の通りです。 --- ・記事LP戦略サポート (広告とランディングページの間に挟む記事風広告、広告を嫌うユーザーや潜在層にも効果的です。) ①広告を嫌がるユーザーにも商品・サービスを買ってもらうことができる ②95%以上と言われる潜在層にも商品・サービスに興味を持ってもらえる ③相対的に安く顧客を獲得できる 例えば3に関しては以下の通り、検索広告より安い単価で顧客を獲得できています。 ※ ベリーベストのB型肝炎の事例 https://best-legal.jp/hepatitis-subsidy-6372 詳しくは、 記事LP→https://saru.co.jp/lp-article-writing/ ランディングページ→https://saru.co.jp/lp-article/ --- ・戦略的わくわくマーケティングサポート (クライアントがお客さんに「わくわく」を感じてもらえるようなマーケティングをサポートします。) 日本でマーケティング戦略を構築するにおいては、「わくわく」という要素が不可欠だと考えています。 そもそもなぜ日本でデフレが置き、そしてなかなか払拭されないか分かりますか? それは、日本人の長所でもあり短所でもある「慎重さ」ゆえです。 慎重さが日本人の消費行動に対して消極的にさせているのです。 では、そんな日本人に商品・サービスを「気持ちよく」買ってもらうにはどうしたらいいでしょうか?(絶対に「買わせる」のではありません。お客さんとの間でWin-Winの関係を築くのです) それは、お客さんに「わくわく」を感じてもらうのです。 買い物に対してわくわくできればお客さんは気持ちよくお金を支払ってくれます。 買い物が楽しくなります。 私どもは、クライアントがお客さんに「わくわく」を感じてもらえるようなマーケティングサポートをします。 例えば、「成果報酬型広告」の仕組みを活用して、広告主と消費者がWin-Winになる集客を目指しています。猿は集客を担い、決められた報酬の中で利益を出し続けるためには、消費者の信頼を得ることが不可欠です。優れた商品を必要とする消費者に届けることが猿の役割です。 --- ・戦略的LP制作 きちんと効果が出る戦略的なランディングページを制作しています。 「LPを作ってリスティングをすれば売れる」そんな時代もありました。しかし今はそうではありません。 「LPを作って数十万円、数百万円かけても全く売れない」 そんなことが起こりうるのです。 ではLP制作をやめた方がいいのでしょうか? 断言します。 「やめて下さい」 ただし条件付きです。 “お客さん、競合、自社、市場環境のことを深く分析しないのであれば”、やめて下さい。 逆を言うと、 [お客さん] [競合] [自社(の強み)] [市場環境] をきちんと分析し、それらを材料として戦略を構築した上でLPを作ればまだまだ効果は出ます。 私どもはきちんと効果が出る戦略的LPを制作しています。 --- ・戦略的SEOサイト制作 (目的とする売上・利益を獲得するためのSEOに強いサイト制作を提供します。) 私どもには以下の相談がよく寄せられます。 「SEOしたいんだけどお願いできますか?」 こういう相談を頂いたら必ず以下の通り返答します。 「そんな目的が漠然とした状態でお仕事をお引き受けすることはできません。 まずは、目標とする売上・利益を明確にし、その売上・利益を実現するためにどんなキーワードで上位表示させたらいいか、 というところから戦略的に考えてお手伝いさせて下さい。いかがでしょうか?」 ただ単にSEOをするだけでは意味はありません。 目的とする売上・利益を獲得するには もっと戦略的に考えなければならないのです。 私どもは戦略をきちんと構築した上で SEOに強いサイト制作をお手伝いしています。 Webマーケティングメディアでの代表インタビュー記事 https://ferret-plus.com/14255
株式会社 猿
株式会社 猿's job postings
13 Likes
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more