PHPConにて話した「PHPを使う理由」の解説



PHPConにて話した「PHPを使う理由」の解説

こんにちは、SCOUTER,Inc. CTOの kotamat です。
2018-12-15 PHPカンファレンス2018にて、スポンサリングさせていただきました!

プラチナスポンサーをさせてもらったので、「PHPを選ぶ理由」というタイトルでスポンサーセッションさせていただきました。

本記事は発表内容を簡単に解説します。

軽くまとめると

  • 入社したタイミングで、言語含めた技術の再検討を行った。
  • 採用難易度、市場性、習熟度などを総合的に判断してLaravel Vue.jsを採択した。
  • 情報発信を通じてポジション形成を行った。
  • PHPが苦手なものは技術で解決していく。
  • どうしても無理なところは他言語を使う前提でアプリケーションを構築していく。

採用難易度という概念について

人によるとは思いますが、ある程度習熟度のあるエンジニアは、新しい技術を触れ続けるという観点で、一見合理的に見える技術選定を行った後、採用に苦労するというパターンがいくつか見受けられてきました。
toCサービスやDev向けツールのサービスを行っている会社であれば、認知形成にそれほど苦労はしないですが、弊社のようなtoBに近く、あまり採用者が触れるサービスではないものになってくると、認知形成が難しく、認知形成できている採用競合に負けてしまうという事象が発生してしまいます。

もちろんサービスの方向性として、業界を変革するような新しいアプローチで課題を解決しているという自負はあるので、詳しくサービス説明をした方からは「面白いサービスやっているんですね。」という反応はあるのですが、その手前に「話を聞いてもらう機会を作る」という前提が必要であり、大変な売り手市場のエンジニア採用においては、そこがネックとなるパターンが多いです。

しばらく売り手市場は継続するはずであり、ここでの意思決定は今後の事業成長に大きく関わってくるということが自明であったため、採用難易度を将来見据えて検討いたしました。

認知形成の手法に関して

昨今のサービス構築には、OSレベルからフロントエンドまで、全てにおいてOSSが関わっています。

そういった環境下において、オープンに情報を共有するというのが結果エコシステムを形成し、自分たちにもメリットが有る形になるという文化が形成されております。ブログでの技術発信や勉強会などがその発信の場の一つとなっており、弊社はそういったものを主催したり、別の勉強会で発表するなど行ってきました。

情報発信するにあたって、マーケティング的な視点が必要と考え、どういったポジションを構築するのかということを考えたときに、LaravelやVue.jsでの独立したコミュニティはすでに存在していたのですが、それぞれをマージしたLaravueというものはポジションを形成している人や団体は存在していなかったため、そこに注力して情報発信を行ってきました。

その結果累計1000名規模の、それなりの認知の形成までは来ることができ、「Laravel + Vue.jsの会社ですよね!」というお声をいただくことが増えてきました。

PHPの得意なところ、苦手なところ

PHPは得意なところとして、エンジニア市場における言語習熟割合が高い言語であり、Webアプリケーションを構築する上では、及第点を出せる言語だと思っております。

逆に、高トラフィックを捌くことや、マルチスレッドでの高速化、FaaS系のサポート、機械学習など依存パッケージに伴う解決できる手法の限定などにおいては苦手だと思っており、その領域は1. PHP外のミドルウェアとの連携で頑張る 2. 他言語との連携を行う というエンジニアリングで解決できるのではと考えております。

今回は静的チェックに関して解決方法を紹介させてもらいました。クラウドのCI環境を整備することで擬似的に静的チェックでそこそこの品質担保ができるようになります。

他言語にまたがる前提で、gRPCやGraphQLなどのIDLをもちいたり、APIスペックの自動生成などでインターフェースレイヤーの品質担保をする必要があり、弊社では、LaravelのPHPUnitを拡張したテスト機能をもちい、APIスペックの自動生成を行っております。

まとめ

サーバーサイドの言語には、昨今様々な技術が取り入れられており、PHP以外にも選択肢が増えてきている状況かなと思います。
一つの言語にこだわらず、バランス感覚をもって技術選定をしていくのが今後求められるのかなと思っております。

最後に

SCOUTERではエンジニアの採用を行っております!

デザイナー、エンジニアの皆さん興味のある方はご応募お願いします!


フロントエンドエンジニア
最新技術で成長業界の波に乗りたいVue.jsフロントエンドエンジニア募集!
ROXXは「人を想い、社会に問う」をビジョンに、2013年に設立。この先何十年も使い続けられるような社会的意義のあるサービスを目指し、現在はHRTechサービスを展開しています。 ■月額制リファレンスチェックサービス『back check』( https://backcheck.jp )  書類選考や面接だけでは分からない採用候補者の経歴や実績に関する情報を、候補者の上司や同僚といった一緒に働いた経験のある第三者から取得することができる、リファレンスチェックサービスです。業界水準の1/10ほどの低コストで実施ができ、大手企業からスタートアップベンチャーまで、幅広い企業様にご利用いただくことができます。 ■ 採用企業と人材紹介会社を繋ぐ、求人プラットフォーム『agent bank』  サービス上に掲載されている1,500社以上の求人情報を、自社で抱える求職者へ自由に紹介することができる求人プラットフォームです。人材紹介会社は、自社で無駄な営業コストを抱えず、目の前の転職者支援に注力することができます。今後は、AIを活用した書類の自動作成、求職者に適した求人提案の自動化などのエージェント業務の大幅な効率化を進めていきます。中小規模の人材紹介会社を集約し、数年後には日本最大の人材紹介会社になることを目指します。
株式会社ROXX
サーバーサイドエンジニア
Laravelでマーケット成長の波に乗りたいエンジニアを募集!
ROXXは「人を想い、社会に問う」をビジョンに、2013年に設立。この先何十年も使い続けられるような社会的意義のあるサービスを目指し、現在はHRTechサービスを展開しています。 ■月額制リファレンスチェックサービス『back check』( https://backcheck.jp )  書類選考や面接だけでは分からない採用候補者の経歴や実績に関する情報を、候補者の上司や同僚といった一緒に働いた経験のある第三者から取得することができる、リファレンスチェックサービスです。業界水準の1/10ほどの低コストで実施ができ、大手企業からスタートアップベンチャーまで、幅広い企業様にご利用いただくことができます。 ■ 採用企業と人材紹介会社を繋ぐ、求人プラットフォーム『agent bank』  サービス上に掲載されている1,500社以上の求人情報を、自社で抱える求職者へ自由に紹介することができる求人プラットフォームです。人材紹介会社は、自社で無駄な営業コストを抱えず、目の前の転職者支援に注力することができます。今後は、AIを活用した書類の自動作成、求職者に適した求人提案の自動化などのエージェント業務の大幅な効率化を進めていきます。中小規模の人材紹介会社を集約し、数年後には日本最大の人材紹介会社になることを目指します。
株式会社ROXX
UI/UX designer
ユーザーの行動設計を変えていく!話題のSaaSデザイナー募集!
ROXXは「人を想い、社会に問う」をビジョンに、2013年に設立。この先何十年も使い続けられるような社会的意義のあるサービスを目指し、現在はHRTechサービスを展開しています。 ■月額制リファレンスチェックサービス『back check』( https://backcheck.jp )  書類選考や面接だけでは分からない採用候補者の経歴や実績に関する情報を、候補者の上司や同僚といった一緒に働いた経験のある第三者から取得することができる、リファレンスチェックサービスです。業界水準の1/10ほどの低コストで実施ができ、大手企業からスタートアップベンチャーまで、幅広い企業様にご利用いただくことができます。 ■ 採用企業と人材紹介会社を繋ぐ、求人プラットフォーム『agent bank』  サービス上に掲載されている1,500社以上の求人情報を、自社で抱える求職者へ自由に紹介することができる求人プラットフォームです。人材紹介会社は、自社で無駄な営業コストを抱えず、目の前の転職者支援に注力することができます。今後は、AIを活用した書類の自動作成、求職者に適した求人提案の自動化などのエージェント業務の大幅な効率化を進めていきます。中小規模の人材紹介会社を集約し、数年後には日本最大の人材紹介会社になることを目指します。
株式会社ROXX
株式会社ROXX's job postings
1 Likes
1 Likes

PHP

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more