1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

PMF前のプロダクト開発で大切にしていること

こんにちは、SecureNavi井崎です。

(まずは、弊社の概要をご覧ください!)



弊社は、日本で初めての、情シスやセキュリティ担当者向け「ISMSオートメーションツール」をSaaSで提供している会社です。国内ではまだ前例のない新しいプロダクトのため、プロダクト開発においてベンチマークできるものが少なく、日々、チームで悩みながら開発を進めています。そんな中、弊社の開発チームで常に意識している3つのポイントをご紹介します。

(1) 仕様を書くより、ストーリーを語る

弊社では、デザイナーがユーザーインタビューを実施してモックを作成し、Webエンジニアがそれを実装するという流れで、プロダクト開発を進めることが多いです。そのためには、当たり前ですが、デザイナーからWebエンジニアに対して、開発を行うために必要となる情報を伝える必要があります。

弊社では、その情報の伝え方にこだわっています。具体的には、プロダクト仕様を伝えるのではなく「ストーリーで会話する」ことを心がけています。

例えば、新機能の開発の際に「このボタンをクリックすると、この画面に遷移して、こういう情報が登録できるようにしてください」という伝え方しかしないと、これは仕様しか伝えていません。弊社では、そのような表面上の仕様だけで会話するのではなく、「そもそもユーザーはこの機能を使って何がしたいのか」であったり、「その時ユーザーは何を考えているのか」といった、ユーザー自身のストーリーを語り、社内でコミュニケーションを取っています。仕様を伝えるだけでは一方向コミュニケーションになりがちですが、ストーリーを語ることで、必然的に議論が発生します。まだ世の中に無い製品なので、誰も正解を知らず、すべての人の意見やアイデアが平等に重要です。そうして発生する議論の中で、ユーザーに対する理解を深めたり、新しい示唆を得ることによって、顧客に効率よく価値を提供しています。

(2) 最速でMVPをリリースすることを、唯一かつ絶対のKPIにする

プロダクト開発において、考慮しなければいけない指標は山ほどあります。しかし、それらの指標をすべてまんべんなく考慮しながら、チームで開発を進めていくことは難しいです(しかも弊社は、ほぼすべての人が副業メンバーのため、勤務時間がバラバラです。その現状を踏まえると、更に難易度は上がります)。

弊社の今のフェーズ(PMF前)では「すべての指標を考慮し、バランス良くプロダクト開発を進めていく」のではなく、あえて「多少荒削りでも1つの指標にフォーカスし、それを追い続ける」方針を採用しています。その「1つの指標」として現在定めているのが「MVPのリリース速度」です。

新しく機能を作るときは、まずはMVPにおいて「何を作り、何を作らないか」を明確にします。ここでMVPに機能を盛り込み過ぎてしまうと、リリース速度がでません。MVP(Minimum Viable Product)の名の通り、最小・最低かつ最速で機能をリリースし、ユーザーさんに利用してもらい、素早くフィードバックを得ることを目標にしています。

当然、最速でMVPをリリースするための基盤は整備されています。CI環境や自動デプロイ、アプリケーションレイヤーより低いレイヤーでセキュリティを確保する取り組みなど、アプリケーション開発に集中できる環境があって初めて、最速MVPが成り立っています。

(3) 思い込みで機能をつくらない

弊社の事業ドメインは「ISMS」という、かなりニッチで専門性の高い領域です。社内には、元ISMSコンサルタントや、大手企業のISMS担当者、情シス担当者など、複数のドメインエキスパート(ISMSに詳しい人)がいます。しかし、これらのドメインエキスパートの声だけをもとに、機能を作らないことを意識しています。

たとえ、完璧な機能ができたとしても、それをユーザーが使いこなせなければ意味がありません。弊社は「ISMSについて全く知らない人でも、ISMSの構築・運用ができる」ことを心がけています。ドメインエキスパートだけの声で機能を開発してしまうと、機能の完成度は上がるかもしれませんが、それを十分に使いこなせる可能性のあるユーザーが減ってしまう可能性があると考えています。

私自身もドメインエキスパートの一人ですが、「MVPは恥ずかしいくらいが丁度いい」(出典を忘れてしまいました...)という言葉を、業務中、何度も肝に命じています。プロから見れば「こんな機能だとXXXができないじゃないか!」というレベルでも、それに価値を感じてもらえる可能性があるならば、まずはリリースする(場合によってはモックをユーザーさんに使ってもらう)ことを意識しています。


以上、弊社がプロダクト開発で重要視している3つのポイントについて記載してみました。PMF前は、会社全体が「Build-Measure-Learn」のサイクルを回していくことが重要だと言われています。プロダクト開発においても、この原則に乗っ取り、素早くサイクルを回していくことを意識していますので、その様子が少しでも伝われば幸いです。

もし弊社に興味があれば、ぜひ以下のリンクからコンタクトください!

ぜひ一緒に働きませんか?

今回の記事で、弊社に興味を持っていただいた方は、ぜひ以下の募集よりエントリーお申し込みください。まずは、30分程のカジュアル面談の時間をご用意しております。お話できることを楽しみにしております!


オープンポジション
600億円の市場をひっくり返す!情報セキュリティDXツール立ち上げメンバー
<情報セキュリティ(ISMS)DXソリューション「SecureNavi」を運営〜600億円の市場をひっくり返し、その分野での第一人者を目指す。〜> SecureNavi Inc. は、ISMSの構築・運用を自動化するDXソリューション「SecureNavi」の開発・運営を行っています。2020年1月に創業し、【情報セキュリティの投資対効果(ROI)を最大化する】をミッションとした日本発のセキュリティスタートアップ企業です。 人事・会計・労務・事務作業など、様々な分野でDX化が進んでいるにもかかわらず、情報セキュリティマネジメントの領域に特化したSaaSやDXソリューションは登場していません。 そのため、私たちは「ISMSオートメーションツール」として商標出願をしておりその分野で日本での第一人者を目指しています! ▼まずは創業に向けた思いを乗せたフィードをご覧ください! https://www.wantedly.com/companies/securenavi/post_articles/313433 ▼未来のSecureNaviメンバーに向けた資料もご覧ください! https://www.notion.so/SecureNavi-390219b6938747e4a02cfeff15919e1d ▼ISMSの構築・運用を自動化するDXソリューション「SecureNavi」とは (https://secure-navi.jp/) ISMSとは、情報セキュリティマネジメントシステムの略称です。本来、コンサルティング会社に依頼をし、64種類程度発生すると言われている対象資料をWordやExcelを管理をするのですが、「SecureNavi」 を活用することで一括で管理をすることが可能です。 ▼「SecureNavi」の特徴 ◉ガイドに従うだけでだれでも簡単にISMSを取得 ISMSへの取り組みが初めての方でも、画面に表示されるガイドに従って取り組みを行うだけで、ISMSを構築し、認証を取得することができるような設計を組み込んでおります。 ちょっとしたスキマ時間に、自分のペースでISMS構築を進めることができます。 ◉優れたビジュアルで効率の良い管理・分析 今までのISMSのように、数10ページの文書をWordで管理したり、数100の情報資産やリスクをExcelで管理する必要はありません。 すべてWeb上で管理されているので、管理や分析もらくらく。マネージャーや経営層に、ISMSの取り組みの成果も報告しやすくなります。 ◉「みんなで作るISMS」だから絶対に枯れさせない ISMS担当者のみでISMSの構築を進めてしまうと、社内で情報セキュリティ文化が育たず、結果として、セキュリティリスクの増大に繋がってしまいます。 SecureNaviでは、各部署に協力してもらう様々な仕組みがあります。みんなで作るISMSだから、ISMSを枯らすことなく、社内にセキュリティ文化を深く根付かせることができます。
SecureNavi Inc.


Webエンジニア
ISMS導入にSaaSでアプローチ!新しい切り口で市場に挑むエンジニア募集
<情報セキュリティ(ISMS)DXソリューション「SecureNavi」を運営〜600億円の市場をひっくり返し、その分野での第一人者を目指す。〜> SecureNavi Inc. は、ISMSの構築・運用を自動化するDXソリューション「SecureNavi」の開発・運営を行っています。2020年1月に創業し、【情報セキュリティの投資対効果(ROI)を最大化する】をミッションとした日本発のセキュリティスタートアップ企業です。 人事・会計・労務・事務作業など、様々な分野でDX化が進んでいるにもかかわらず、情報セキュリティマネジメントの領域に特化したSaaSやDXソリューションは登場していません。 そのため、私たちは「ISMSオートメーションツール」として商標出願をしておりその分野で日本での第一人者を目指しています! ▼まずは創業に向けた思いを乗せたフィードをご覧ください! https://www.wantedly.com/companies/securenavi/post_articles/313433 ▼未来のSecureNaviメンバーに向けた資料もご覧ください! https://www.notion.so/SecureNavi-390219b6938747e4a02cfeff15919e1d ▼ISMSの構築・運用を自動化するDXソリューション「SecureNavi」とは (https://secure-navi.jp/) ISMSとは、情報セキュリティマネジメントシステムの略称です。本来、コンサルティング会社に依頼をし、64種類程度発生すると言われている対象資料をWordやExcelを管理をするのですが、「SecureNavi」 を活用することで一括で管理をすることが可能です。 ▼「SecureNavi」の特徴 ◉ガイドに従うだけでだれでも簡単にISMSを取得 ISMSへの取り組みが初めての方でも、画面に表示されるガイドに従って取り組みを行うだけで、ISMSを構築し、認証を取得することができるような設計を組み込んでおります。 ちょっとしたスキマ時間に、自分のペースでISMS構築を進めることができます。 ◉優れたビジュアルで効率の良い管理・分析 今までのISMSのように、数10ページの文書をWordで管理したり、数100の情報資産やリスクをExcelで管理する必要はありません。 すべてWeb上で管理されているので、管理や分析もらくらく。マネージャーや経営層に、ISMSの取り組みの成果も報告しやすくなります。 ◉「みんなで作るISMS」だから絶対に枯れさせない ISMS担当者のみでISMSの構築を進めてしまうと、社内で情報セキュリティ文化が育たず、結果として、セキュリティリスクの増大に繋がってしまいます。 SecureNaviでは、各部署に協力してもらう様々な仕組みがあります。みんなで作るISMSだから、ISMSを枯らすことなく、社内にセキュリティ文化を深く根付かせることができます。
SecureNavi Inc.
SecureNavi Inc.では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう