シーズアンドグロースの河本です。

2017年度採用も真っ只中ですね。
街中でも就活生をたくさん見かけます。

当社も5名~10名の採用を考えており
新しい手法で多くの優秀な学生と接点を持てています。
私も4月、5月は積極的に学生と面談を行い
直接訴求しています。

会社の事業・仕事の理解も最終的には重要ですが
事業型(事業が目的)ではない、
ビジョン型(事業が手段)の当社だからこそ
理念・ビジョンの訴求をどこまで熱を込めて
伝えられるかが一番重要ではないかと思っています。

感じたことは2つです。
①全体像訴求
仕事の各論にいく前に
会社の全体像・考え方・向かうべき方向性を訴求することの重要性を再確認しています。
②実践が昇華する(数が質に転化する)
数を行うことで話がシャープになる。
さらに今までに出会えなかった学生と会うことで
自分の語り口に工夫が生まれ、新たな訴求が出来ていると
感じます

7d8cf994 b254 4740 9bc2 baed0591692f

Page top icon