1
/
5

UXデザイナーの個性は「想像力」から生まれる |株式会社SEESAW UXデザイナー インタビュー

昨今、日本でもIT業界を中心に”UXデザイナー”が職業として定着してきました。新しい職業だからこそ、業務範囲が異なることが多いようです。デザインコンサルティングファーム・SEESAWではどのような業務をしているのか、どういった部分に面白さがあるのか、UXデザイナー兼プロデューサーとして働く葛西さんに話を聞いてみました。UXデザイナーに興味のある方や目指している方はぜひチェックしてみてください!

ーーーー
株式会社SEESAW UXデザイナー 葛西
コーダー、フロントエンドエンジニアとして制作会社、事業会社での従事を経て2019年にSEESAWに入社。現在はプロデュース部にてUXデザイナー兼プロデューサーとして、多数のプロジェクトをリードする。
ーーーー

●エンジニアからUXデザイナーに 社内でのジョブチェンジ

ーー SEESAWに入社する前はどんな仕事をされていましたか?

もともとWebやデザインに興味があって、大学を卒業してからデザインの専門学校へ行きました。そこでWebデザインやコーディングを勉強して、そのまま担当の先生が勤める制作会社に新卒で入社。そこでは出向先に常駐し、主にWebのコーディング担当でした。

そこで3年ほど働いてから、転職してフロントエンドエンジニアという肩書になりました。その会社は事業会社だったのでコーディングだけではなく、売上数値を見たり、マーケティングのことも考えたりする機会があって。それまでの仕事では運営における数値をあまり意識していなかったので、このタイミングで初めて「事業を運営すること」に触れました。新規事業立ち上げの担当になって、フロントエンド以外にも企画やアイディア出しにも関わりましたね。今思うと、その経験がサービスデザインやUXデザインの最初の一歩になったと思います。

ーー SEESAWへはどういった経緯で入社されましたか?

前職で3年くらい働いて、次のステップを考えていたときにWantedlyでSEESAWからメッセージをもらったんです。「クライアントワークもやってみたいな」と思っていたタイミングだったので、Webサイトを見て興味を持ちました。SEESAWは”事業の立ち上げにUXデザインから関われる”と打ち出していたので、フロントエンド以外の新規事業開発の経験も活かせるのではと思えたんです。

選考中に現在の上司であるプロデュース部の部長と話してみて、良さそうな会社だと思って入社に至りました。当時のポジションは「フロントエンドエンジニア」でした。

ーー 途中で職種を変更したということですね。

入社してから半年後くらいにジョブチェンジしました。前の会社にいたときから、決められたデザインを渡されてコーディングだけをするより、自分でも上流から考えてサービスに反映させたいと思っていたんです。その経緯もあってか、部長から「プロデュース部に入ってみませんか?」と誘われて。「やってみたらできるかも?」と思ってやってみることにしました。UXデザインやディレクションを覚えれば、もっと大きなプロジェクトにも裁量を持って取り組めるのでは、とも思っていたので。

ーー SEESAWでは具体的にどんなことをやっていますか?

UXデザインの上流である戦略、要件、構造とWebの制作を中心に行っています。UXの案件はざっくりとした相談をされる場合もあれば、別の案件から派生してUX周りもお願いしたいと言われることもあります。

例えば最近やったプロジェクトですと、vee ga boo(ヴィーガブー)という”ヴィーガンスイーツ”のECサービスの新規立ち上げ案件でUXデザインとブランディングを担当しました。STP分析をして、ペルソナをどんな人に想定するか決め、カスタマージャーニーマップを作って、そこから機能要件のリストを作ってお渡しするまでがこの案件におけるUXデザイナーとしての仕事です。

ブランディングに関してもプロデューサーとして関わっています。ベータ版のサイトを開発したり、ロゴ、パッケージデザインやリーフレットなどの制作ディレクションもやりました。UXデザインの上流から、ビジュアルデザインまで一気通貫で制作した思い入れのあるプロジェクトです。

ーー UXデザインとブランディングを全て同じチームで行うメリットはありますか?

どちらの工程も並走することによって、スムーズに開発できている部分はあると思いますね。UXデザインはA社、ブランディングはB社に頼むとなると、開発中の齟齬が発生する可能性が高くなります。また、コンサルティングからアウトプットの制作まで全部まとめてやりたいと思っている会社の場合、一社だけで完結できるのは結構な工数削減につながっているのではないでしょうか。

あとはSEESAWの場合、UXデザインだけではなくブランディングやビジュアルデザインのクオリティも高いんだなと思うことがあります。とある案件では機能要件を終えて別の企業に制作部分をパスしたんですが、その後「やっぱりクリエイティブもやって欲しい」と頼まれたことがありました。それはSEESAWの品質への信頼だと思い、嬉しかったです。

● UXデザインは「想像力」を活かす職種

ーー 仕事の中で「大変だな」と思うことはありますか?

対応する範囲が広いため、UXデザイナーやプロデューサーは覚えることが多いです。なので大変ではあるのですが、できることが増えると俯瞰してプロジェクトを見たり、コントロールしたりできるので、より解像度高くクライアントの希望を実現できると思っています。UXデザインを戦略から表層まで見ることができるようになるのは、強みになりますね。もちろん最初はわからないところもあるんですが、やってるうちに理解できることは増えていきます。

ーー 特に面白さややりがいを感じるのはどんなことですか?

新しい知識を得られる仕事が多いので、そこは面白いですね。自分ではあえて知ろうと思わなかったことに出会えます。SEESAWは食品、医療、エンタメなど、ジャンルを越えてなんでもやるので、興味の幅が広がりますよ。クライアントと話す際にも、自分では思いつかなかったようなアイディアが出てくることもあって新たな発見がありますね。

それと私の場合は考えることと手を動かして作ること、どちらもできることが仕事のやりがいに繋がっていると思っています。コンセプトボードやカスタマージャーニーマップは想像力を膨らませて考えて、ワイヤーフレームなどは手を動かす作業としてどちらも面白いです。

ーー UXデザインは「想像力」が重要になるのでしょうか?

基本的にはデータを読み解いてアウトプットを作る作業ですが、そのデータの取り扱いには「想像力」を使います。どんなデータを作るにも仮説は必要で、自分が消費者として日常生活をする中で「こうなんじゃないか」と考えることもあれば、サービスリサーチをして仮説を立てることもあります。集まった数字やテキストをどう解釈するかはUXデザイナー次第で全然変わります。人によってデータのアウトプットの仕方は違うので、そのあたりでセンスの良さや個性が出るんだと思います。

●UXデザインとブランディング どちらもできると可能性が広がる

ーー 葛西さんは別の職種からUXデザイナーになっていますが、過去の仕事で役に立っていることはありますか?

Web系の案件が多いので、実装側へのディレクションなどエンジニア時代の知見が役に立っています。仕様を決める際にも「実現できるか」はイメージすることができています。

あとは、事業開発の経験はあって良かったですね。UXでの戦略や要件を考える際にも、自社サービスを開発していたときの経験が活かせています。当時はマーケティングも少しやっていたので、スムーズに入れたように感じます。

ーー 「SEESAWだからこそできること」はなにかありますか?

やっぱり「UXデザインもブランディング どちらもできること」ですかね。SEESAWの強みでもある部分だと思います。両方やるからこそ、SEESAWならではの質の高いオーダーメイドなアウトプットができているのではないでしょうか。色々なことに挑戦してみると、自分の向きと不向きもわかります。難しいと感じることでも、なんだかんだ「やってみたらできた!」と思うことが多いです。(笑) 上司がそれぞれのレベルに合わせて仕事をアサインしてくれるので、少しずつチャレンジしていける環境です。

私は広告のことは全然やってこなかったんですけど、SEESAWに入ってから携わる機会が多々あります。スタジオでの撮影もSEESAWで初めてやりました。「できること」が増えていくのは実感できています。

ーー 「好奇心がある人」はSEESAW向きですね。

そうですね。できることを増やしたい人に向いていると思います。あとは、「ひとつのことを極めたい!」と思うスペシャリスト思考の方よりは、「色々なことをやってみたい」といったジェネラリスト思考の方のほうが楽しめる環境かもしれません。

ーー 葛西さんの今後の目標はなんですか?

目下は教育やディレクションの上達です。新人が増えてきて、教える立場に回ることが多くなりました。リードを取ることが増えてきたので、そこをもっと上手にやりたいなと思っています。

もともとリードするのはあまり得意ではなかったのですが、やり始めたら少しずつ慣れてきた感覚があります。過去に上手くできてなかった理由が発見できてきたので、あとは繰り返しやってさらに慣れたいですね。教える相手とも、良い関係性を築けるように頑張っています。

ーー 葛西さん、ありがとうございました。



■ SEESAWはUXデザイナーを募集しています!

SEESAWにUXデザイナーとしてジョインしませんか?UXデザインの上流から下流まで、一気通貫できるスキルを身に付けたい方にはピッタリなポジションです。得意なスキルを活かしながら、新たな挑戦をサポートいたします。スピード感のある成長をお約束いたします!

経験者の方はもちろん、UXデザイナーに挑戦してみたいと考えている方でも興味があればぜひお気軽にお問い合わせください。選考の前にまずは面談にてカジュアルにお話ししましょう。

株式会社SEESAW コーポレートサイト:
https://seesaw-design.co.jp/

株式会社SEESAWでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング