人生は一回きり。おもいっきりチャレンジできる環境を求めて。

スタートアップ企業には、会社組織の運営において整理・解決しなければならない課題が、際限なく沸いてくる。 北村さんはそういった、会社運営におけるあらゆる課題を整理・解決してゆく、コーポレート企画部門の要の一人。 彼女が来てからというもの、会社組織運営において危うかった部分も急速に安定化し、ようやくCEOをはじめとしたマネージャ陣も、事業運営のために割く時間をより高められるようになってきた。

結婚・出産という人生の一大イベントも進行中で、入社以降、気の休まる日もない多忙な日々を過ごしているが、それでいていつも朗らかで明るく、天然のムードメーカーでもある。 ※インタビューアーはCTO 武部

−それでは、自己紹介を韓国語でお願いします!

はい。え?これ、本当にですよね?えー、では…

안녕하세요, 저는 1월달에 입사한 기타무라 나오코라고 합니다. 지금 경영기획팀에서 열심히 배우며 일하고 있습니다. 오늘 인터뷰한다고 들어서 굉장히 긴장되는데요 .. 잘 부탁드립니다 !

こんにちは、1月に入社した北村尚子と申します。 今経営企画チームで学びながら一生懸命働いています。 今日インタビューすると聞いてとても緊張していますが、、どうぞよろしくお願いします!

※編集注:ご本人は留学経験があり韓国語がペラペラ

−すごい!韓国語ネイティブって感じですね!ありがとうございます。後で翻訳してもらって何を言っていたのか確認します(笑) では、所属部署と今ご自身が担当している業務について教えてください。

所属部署はコーポレート企画です。担当業務で一番時間をかけているのは経理で、後は人事総務あたりを担当しています。まぁ、何でもやってます(笑)

−いわゆるコーポレート業務を幅広く何でもやっているという感じだと思いますが、逆にやらない領域ってありますか?

法務はやらないですね。それ以外は全てやる、という感じです。

−入社日と、カラフル・ボードと出会ったきっかけを聞かせて下さい。

入社は2017年の1月1日付けです。

日経新聞で慶應のKII(慶應イノベーション・イニシアティブ)がカラフル・ボードに出資した、という記事をさらっと見たのが最初のきっかけですね。 その日の午後にWantedlyで経営企画系の仕事を探していたら、カラフル・ボードがヒットしたんです。「あ!今日ちょうど記事がでていた企業だ」と。面白そうなので調べていったら、私がやりたいことと一致したので応募しました。

−同日に、いい出会い。そもそも転職活動をしていたんですね。

そうですね。前の会社の同僚にも誘われてもいたので、そこも考えていましたが、基本的にはWantedlyで転職先を探していました。

やるか、やらないか、その選択でその後が変わる

−転職先について、他の選択肢もあるなかで、カラフル・ボードを選んだ決め手はどういったところにあったんですか?

私は、経験というのはとても大事だと思っていて、一回やるかやらないかでその後の広がりがかなり変わると思っています。カラフル・ボードで仕事をしたら、たくさんの経験ができそうだし、やらせてくれる雰囲気もある。自分の糧になり得ることが業務としてたくさん担当できそうだ、と思ったのがひとつです。

もうひとつあって、渡辺さん(※注:渡辺Founder/CEO)とは2-3回面談したんですけど、渡辺さんが考えている「“仕事する=会社の中で働く”というよりは、社会に何か貢献する、社会に新しい価値を生み出していく」という考えにすごく共感したんです。私はコーポレート企画というバックオフィス側ですが、『そもそもバックオフィスの概念自体を変えて欲しい』と言われたのも、すごく面白そうで。

−転職時期を含めると半年くらいカラフル・ボードと関わっていますが、実際入社してみてどう感じていますか?

入社する前とした後でギャップがある会社はとても多いと思いますが、カラフル・ボードの場合はそのギャップが全く無くて驚きました。渡辺さんがしっかりビジョンを持っていて、それを実行していく、という確たるものがあるからなのか、会社全体がしっかりしていて。壁にぶち当たっても、そもそも目的が何だったのか。自分たちは何のために働いているのか、それは社会のためだ、という原点に一度立ち戻る。そういう事がしっかりしてて、ブレがない会社だと思います。

−ですよね。入社してから色々な業務をしてきたと思いますが、その中で1番達成感があった・やりがいがあった、という代表的なものをひとつ聞かせて下さい。

すごく具体的な業務内容になりますが、社員全員の勤怠管理と連動して、それぞれがどんなタスク、プロジェクト、プロダクトに関わる仕事をしているかを可視化し、更にそれらを人件費として算出し、ソフトウェアや製造原価に分ける、管理会計の仕組みを作った事です。 自動で抽出できるようにしたので、すぐ計算できて便利になりました。経理も初めてだったので苦労しましたがやりがいはありましたね。

でも、まだまだ改善するところはたくさんあるので改善を続けていきたいと思います。

−すごく良くできた仕組みですよね。スタートアップ企業向けに、販売したいぐらい(笑)。では、入社して今日までの間で一番大変だった思い出も聞かせて下さい。

大変だった思い出、それは…継続中です(笑)やったことないです、が通用しないんですよ。 やったことない?じゃあ一回やってみよう!一回やったら後でできるようにもなるし、やるか、やらないか、の二択だから。という渡辺さんの方針もあって、全く経験がないことをたくさんやらされていて(笑) 専門知識がなくて困ることが多々あるんですけど、やってみたら確かにできることも多いんですよね。でも、Tryがずっと続いているのでまだ身については無いです。今のところずっと大変です。

好きなものは肉まんです

−ご結婚&ご懐妊、おめでとうございます!

ありがとうございます!

−ご結婚されてどのくらい経つんですか?馴れ初めは?

それがあまり経っていなくてですね、一緒に住み始めてまだ4ヶ月くらいかな。その後に入籍したので、すっごい新婚です。はい。

出会いは、前職の同僚の紹介です。育った環境が似ていたり、あと、父親同士がたまたま知り合いだったんですよ。結構大きい会社なんですけど、同じ会社で。

それで話がぽんぽん進んで、だから最初から家族みたいな感じでした。

−すごい偶然!ちなみにご主人のどこに惹かれたんですか?

おー!考えたことないですね!(笑) うーん…私と違って目鼻がくっきりしているとこですかね。かわいい子供生まれるかなって、本能が(笑)

−ご主人の性格を一言で言うと?

肉まん!

−(笑)ちょっとよくわからないので、じゃあご主人を動物に例えると?

動物?…豚、ですかね(爆笑)

−(笑)全体的にあんまり褒めてない感じがしますけど、可愛らしい感じなんですね。

喜びと、戸惑いと…

−お子さんが生まれるの、とても楽しみですね。ご結婚されてる方とか、お子さんが生まれて家族が増えた方とか、そういった方々がカラフル・ボードに増えるとすごくいいな、と思っています。

そうですよね。でも、正直に言うと最初は戸惑いました。今は子供ができた事をとても素直に喜んでいますが、妊娠発覚当時は転職が決まった直後で、内定から入社の間にそのことが発覚したので、申し訳なくてどうしよう…と思ったんですよね。やっぱり働く期間が産休に入るまでという短い期間になってしまうし、とても悩みました。

でも会社には伝えないといけないし、内定取り消し、って言われる覚悟で渡辺さんに相談したんです。最初はびっくりされていましたけど、『カラフル・ボードは、出産や育児をしながら働く為の制度もこれから考えていかないといけないから、すごくいいチャンスだと思う』という風に前向きに捉えてくださって、すごく嬉しかったですし、安心しました。

でも、実際体調が悪い期間があったので悩んだりもしました。渡辺さんは『無理して出社しないで自宅で作業してくれてもいいから』って柔軟に対応してくださって。会社に行くのが仕事ではなくて、場所は選ばず、結果を出せばいいっていう、そういう考えが浸透している会社ですよね。

−うんうん。結婚、出産されていく女性が働き続けられる為の制度はまだ確立ができていないんですけど、奈々さんと2人でその制度をリードしてもらいたいですよね。女性が自分の人生において、楽しく仕事ができて、家族ももちろん大切にできて、そういうバランスのいい会社にしていきたいです。

はい。コーポレート企画でどんどん提案していきたいと思います。

渡辺と書いて、◯◯と読む

−北村さんは、これから先、カラフル・ボードをどんな会社にしたいですか?

抽象的になりますが、一人ひとりが常に高い意識を持って、大きな方向性としては全員で同じ方を向いていたいですよね。同じ船に乗っていても色々役割があったりかすると思うんですけど、会社としてはどんどん前に進んでいくし、一人ひとりもどんどんブラッシュアップして、成長していけるような会社になったらいいと思います。

−なるほど。会社が大きくなってもそうでありたいですよね。全員で同じ方に向かって。いいですね。

はい。

−この質問は聞く人と聞かない人がいるんですけど、渡辺さんってどんな人と感じていますか?北村さんは業務上の接点が圧倒的に多いので、すごく興味深いです。

これ、難しい質問ですね!(笑) そうですね…渡辺と書いて仕事と読む。みたいな感じですかね(笑)すごい仕事人間で、もう24時間年がら年中仕事の事を考えている。でもそれは自分の利益とか会社の利益を考えているというよりは、もっと大きなところをみている感じがしますね。私は渡辺さんのそういう仕事に対する姿勢や生き方をすごく尊敬してるので、一緒に働けて大変光栄です。

−なるほど。クレームとか文句は?

うーん。どうでもいいところで優柔不断な事…ですかね。自覚はあるようですが、そこはクレームですね。今のところそういう場面では私が決めて、じゃあそうしよう、と言ってくださっているので、これからも引続きどうでもいい優柔不断は、私が決めていけたらと思います(笑)

あ、あと、クレームではないのですが、渡辺さんが何かをやるという決定をしたとして、「ハイ」って答えると、『何かないの?反論してよ』とはよく言われます。社長が言ったからとかそういうのは関係なくてい、どんどん反論してもらわないと意味がないから、という事で、社長自らがそういう事を言うのはいいことだと思います。

−渡辺さんは意思決定権をメンバーに任せますよね。自分が絶対こうだっていうもの以外は、みんなの意見をよく聞いて、意思決定を任せてくれてる。 それでは最後に、カラフル・ボードに興味がある人にメッセージをお願いします。

私は今まで、会社のブランドとか大企業とか、安定感を求めていて、そういった部分で仕事を選んできていました。でもやっぱり、一回きりの人生を後悔しないように、安定だけを求めないでどんどんチャレンジしていきたいと思ってカラフル・ボードに飛び込みました。失敗も受け止めてくれる大きな器がカラフル・ボードにはあるので、どんどんチャレンジしていきたい!と思っている方は、是非応募ください!

−素晴らしいコメント、ありがとうございます!ロングインタビューお疲れさまでした!

SENSY株式会社's job postings
Anonymous
01069e1f 188e 4860 aa31 1032540cde92?1522245190
19ccfce6 e3c0 428e 8beb 6ac46a12d052
15965800 1227863853933968 409817343878819062 n
17156149 163259924187920 2832475388971512225 n
11060282 880035455412070 1387046937684369362 n
6 Likes
Anonymous
01069e1f 188e 4860 aa31 1032540cde92?1522245190
19ccfce6 e3c0 428e 8beb 6ac46a12d052
15965800 1227863853933968 409817343878819062 n
17156149 163259924187920 2832475388971512225 n
11060282 880035455412070 1387046937684369362 n
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon