営業 ♥ OSS

   営業一筋17年の私がなぜ ♥OSS に至ったのか、また、それによって、これから立ち上げる開発チームも♥OSSな文化があるものにしたいなぁというモチベーションを著したいと思います。

これまでやったきたこと

これまでの17年、ずーっと色々企画しては営業して、失敗して、一部なんとかなって、というのをやってます。
ITの世界には、翔泳社で今の研修事業を立ち上げるときに入社したのがキッカケで、入社した2001年当時、DB Magazine という雑誌があったのですが、”でぃーびー” と呼ぶぐらいのズブの素人で入りました。

今から思えば、遠くまできたものです。

最近やったこと

直近では、新卒領域で企業様のエンジニア採用と学生の腕前を示す場を作ることをお手伝いする、SEゼミというイベントを企画・営業し、2013年4月から2015年の10月までやりました。(残念ながら今は休止しました。スケールって難しい。。)

これは、スポンサー企業様を募って開発イベントや勉強会をやり、学生の方々を集客して、学生の方々の成果評価や開発途中のメンタリングをもとに企業様の採用接触に繋げるというものでした。

最初に企画したイベントでは、説明会に誰も来ないという黒歴史からスタートしましたが、蜘蛛の糸を辿って、アカデミアの中でも先鋭的な講義を実施されている先生方や、参加してくれたLGTMな学生の皆さんと繋がることができ、何とか3年継続できました。(収支がまったく合わない中、継続してくれたSEプラスに感謝です)

詳細は このブログ にまとまっていますので、ご興味があればご覧くださいというところなんですが、それよりも何が言いたいのかというと、そのイベントを通じて最終的には OSSの世界 (その文化とそこにいるエンジニアの方々) が好きになってしまいました! ということなんです

♥ OSS

2014年にリーダブルコード(オライリー・ジャパン刊)をもとにした勉強会を企画し、コンテンツ相談からトレーニング実施までご協力いただいたクリアコードさんに出会ったことで、2015年は "OSS開発" というテーマで開発イベントや勉強会をシリーズで開催しました。

   クリアコードさんをはじめ、参加いただいたスポンサー企業のメンターの皆さんや、参加した学生の方々が、あまりに楽しそうに開発し、また心根が素敵すぎ、それはOSSの文化がなせるものなんだなぁと、完全に魅了されてしまいました。

もちろん私は物好きな営業を超えないレベルなので、コードは書けませんが(せめてMarkdownぐらいから始めようと練習中)、個人的な活動として、上記のシリーズと同じような、OSS開発参加のキッカケになる場を作るコミュニティ、"OSS Gate"に入り、活動しようとしています。

関連記事: ククログ OSS開発に参加する人を増やす取り組み「OSS Gate」を開始

だから何?

これから開発チームを立ち上げる状態なので、それだけ好きなOSSの文化を何かしら ↓ のような制度を作って、積極的に貢献する文化を作っていきたいと考えています。

OSSルール 20%ルールと同じように、業務内の時間で、OSSに貢献する時間を20%作ろうというやつです。

OSSコミュニティへの参加 毎週水曜は定時退社して、(希望次第ですが)コミュニティ主催の勉強会やイベント参加を積極的に推したいと思ってます。 -> もちろん OSS Gate も一緒にやりたい。。

その他、野生のOSSプロジェクトへのPull RequestがMergeされたら手当とか、公開したプロジェクトに★がついたら手当みたいなものもやりたいなぁなどと思ってます。

ぜひ、縁があって入社されたOSS好きなエンジニアの方には、このあたりも一緒に考えていきたいと思っていますので、ぜひお気軽にSEプラスに遊びにきてください。

また、あわせてOSS Gateへのご参加、お待ちしております!!

株式会社SEプラス's job postings
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
1 Like
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
1 Like

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon