1
/
5

新人賞を受賞したボクが、インドのスタートアップにシフトする理由。

みなさん、こんにちは!
Shift 入社2年目 對馬です。

本業は広告運用者ですが、あれこれ書くうちに
今回のストーリーが13本目の執筆になりました📕

今日は2019年にShiftに新卒入社したボクが
1年半のShiftライフを経て、タイトルの決断に至った経緯をお話します!

まずShiftをざっくり紹介。

Shiftってこんな会社です↓

設立:2006年9月
メンバー数:50人
事業内容:Web広告をはじめとするデジタルマーケティングのコンサルティング事業
保有認定:Google Premier Partner、Yahoo! Marketing Solutions ★★ Partnerなど

若くてエネルギッシュなメンバーが多く、お客様の価値最大化のために日々挑戦を続けています!

(写真は2019年忘年会です♪)

この18ヶ月と代表の一言。

Shiftにいた1年半は長いような気もしつつ
大学が4年ということを考えると18カ月の短さを痛感しています。

仕事へのモチベーションを振り返ると、もちろん常に全力でしたが
あえてを作ると以下のような感じになるかなと思います。

ちょっとだけ振り返ると...

新人研修(4月)

2カ月の新人研修で座学から入稿練習、レポート総評の書き方、実際にお客様のもとへ訪問同行などありましたが、一番モチベーションが掻き立てられたのは...

Google 本社での研修 & イルグルム(当時・ロックオン)での研修でした。

・実際にGoogleの雰囲気を感じ、そこで働く人と話ができたこと
・イルグルムで同世代の仲間と交流できたこと

特に愛媛にいると
どうしても社外での関わりを広げにくかったり、媒体を遠く感じたりするものなんですよね。

この時のスライド見ると「Shift新入社員発表」というのをやってたみたいです💦


訪問「45点」問題(10月)

ある程度 広告運用に慣れてきた頃、とあるお客様のもとに運用成果について報告に行く機会がありました。

数値を分析し、PowerPointで要点をまとめて自分のできる限りのことをして臨んだつもりでしたが
帰りの車の中で先輩に「今日の訪問100点中何点ですか?」と聞くと...

「45点」という指摘が...

完全な準備不足という判定でした。
これ以降、どんな質問にも適切に説明できるように訪問前準備に一層力を入れるようになりました。


大型新規案件(12月)

Shiftに入って8カ月が経ったころ
広告費がこれまでより大きいお客様を担当する機会を頂きました。

媒体の数も増え、施策やアプローチする層、報告資料のフォーマットなど
全てがこれまでと違っていたような気がします。

年末年始の休みを挟んでいたこともあり準備は予定通りに進まず
唯一この時期は土日も会社に来て準備した日々でした...(ちゃんと振休が取れます)

これまでのお客様ももちろんですが
この頃からより広い視座で広告運用を見ることにトライしていきました。


キャリアについて考え始める(6月)

今の社内環境には満足しているし、仕事も楽しい、そんな毎日でしたが
それでも心のどこかで「これからどこを目指していくんだろう」という思いがふと浮かぶ瞬間がありました。

そんなある日、理念研修(Shiftの経営理念について学ぶ時間)で
Shift代表の岡本さんが

俺はShiftを日本全国で通用する会社にしたくて、創業当時から愛媛にとどまらず全国に営業に行った
というエピソードを話してくれました。

この話を聞いたときに
「やっぱり世界を目指すなら、若い時期 なんなら今すぐにでも世界で挑戦するべきだ!」と心に決めました。

ちなみにShiftには
グローバルの中の日本で挑戦している同期がいて、彼女たちを見ていると挑戦の大切さを感じます。


新卒でShiftを選んで良かったこと

正直なところ
控えめに言って「Shiftに新卒入社してベストな選択だった」と思っています。

その大きな理由の一つが「何事にも挑戦させてくれる環境がある」ことです。

もともと社員が50人ほどの規模ということもあり
「やりたい!」と手を挙げたら、挑戦させてくれるのがShiftでした。

特に今年2月に開催された「SEM ohenro茶屋」で登壇させて頂いたことも
社外での繋がりができた機会になりました。

正直1年目のボクが話す内容は何がふさわしいのか迷った時もありましたが
先輩たちのサポートのおかげもあり、緊張しつつも無事に終えることができました!
(3日前にプレゼンの方向性がガラッと変わり、急ピッチで修正したのが懐かしい...)

また「とにかくメンバーが良い人ばかり」という点は
毎日の仕事が楽しく、出社しよう!と思う原点でした。

社員の平均年齢が若いこともあり
俗に言う「嫌な上司」がいないのは当たり前ですが、それに加えて
メンバーそれぞれに向上心が強い
上司が部下の成長のために愛情をもってサポートしてくれる
という点はメンバー全員が成長できる環境だったと思います。
(以下は月に一度、運用担当者が集まるワークショップ ↓)


これからのこと

とにかく面白くて刺激的だったShiftでの毎日でしたが
来月からインドに本社を置くスタートアップで新たな一歩をスタートすることに決めました。

主な理由としては前述した「グローバル環境で挑戦したい」という強い思い。

正直、社会人1年半という短さで学べたことは十分ではなく
もっとShiftで学ぶべきことがたくさんあるとの声も頂いたのですが...

若い時間はしかない!と感じ、会社を移る決心をしました。。

これまで支えてくれたメンバーへの感謝を忘れず、
次の会社でもクライアントの価値最大化に取り組んでいきます!

最後は新卒6人の写真で...笑(新卒2年目記事はこちら

p.s. Shift の「人を大切にする文化」

今回のいわゆる転職活動で一つだけ想定外だったこと。
それは...

Shift代表がキャリアについて本気で考えるサポートをしてくれたこと。

「グローバルで挑戦したい思い」を伝えたときに
本気で挑戦できる環境を紹介してくださったり、相談に乗ってくれたり...

本当に感謝しています。


それではまた!

株式会社 shift's job postings
19 Likes
19 Likes

Weekly ranking

Show other rankings