今年6月に決定した3つのバリュー。その想いを代表の鬼頭政人が語ります!

4月に全社員でセッションを行ない、ビジョンやミッションを一新し、新たな一歩を踏み出したサイトビジット。6月には再び全社員で話し合い、バリューを決めました。今回は、このバリューに込めた思いを、代表の鬼頭政人が語ります。

※「ビジョン」や「ミッション」に関してはこちらの記事をご参照ください。

黒字化を果たし基礎固めに成功!その要因は「331プロジェクト」などへの挑戦にあった!

社員全員で考える!その目的は?

—「バリュー」を決めたときのことを振り返っていただけますか?

4月に「ビジョン」や「ミッション」を考えたときと同じように、全社員が1カ所に集まって考えることにしました。今回は2回のセッションを実施。1回目は、それぞれのメンバーが考えてきた案をプレゼンしてもらい、それをもとに私から「楽しく働こう」「経営者意識を持とう」「チームワークを大事にしていこう」という3つの方向性を提示しました。2回目のセッションでは、3つの方向性に合わせて、キャッチーな言葉を決めていく作業をし、最終的には投票で3つの「バリュー」を決めました。今回、「バリュー」を決めるにあたって大切にしたのは、全員が確実に覚えてみんなで実行すること。そのために、3つに絞ることにしたのです。


方向性を定め、みんなで決めた3つのバリュー

—改めて、3つのバリューについての想いや決まった経緯を教えてください。

1秒1秒を楽しむ

5つくらい案が出たなかで、数が多かった2つに絞り決戦投票をしました。当初は「一瞬一瞬」とか「1分1分」という案でしたが、「瞬間瞬間を楽しもう」ということで、この言葉に決まりました。

自ら1歩をふみ出す

これは「経営者意識を持つ」という方向性のもとで決まった言葉で、ほかにも「すべて自分ごとにしよう」という案も出ました。最初は「すべて〜」の方に票が集まりましたが、2つの案をプレゼンし合った結果、自ら物事を起こしていこうということで、この言葉に決まりました。

早く行くなら1人で、遠くへ行くならみんなで

言葉としてはちょっと長いのですが、これは僕が案を出しました。アフリカのことわざなのですが、この言葉が好きなんですよね。チームワークを大切にしていこうという思いを込めて案を出しましたが、最終的にどの言葉にするかはみんなで決めました。


3つの方向性は私の方から提示しましたが、それをもとにみんなで考えることができたことは、とても意味があったと思いますね。

社内浸透を目的とした新プロジェクトスタート!

—バリューが決まってから、どのような取り組みをしていますか?

企業理念(ミッション・ビジョン・バリュー)は作っただけでは定着しないので、みんなで意識する試みをしていこうと、社員を3つのチームに分けて企業理念を浸透させていくプロジェクトをはじめました。1つは「企業理念を意識するイベントをする」、もう1つは「モノをつくる」、最後は「会社紹介の中に織り込む」というもの。ミッションやビジョン、バリューを決めた後に入社したメンバーもいるので、いずれかのチームに入ってもらうことで彼らも意識しやすくなったと思いますね。

みんなが同じ方向を向いて動き始めている!

—バリューが決まって約1ヶ月経ちますが、変化は感じますか?

はい。企業理念を浸透させていくプロジェクトの効果もあると思うのですが、普段の会話やチャットの中で「自ら1歩を踏み出します」といった言葉が自然と出るようになりました。みんなで決めたことなので、それぞれが「自分ごと」として捉えられているのではないでしょうか。みんなが同じ方向に向かって動き始めているように感じますし、社員たちの会社に対する理解も深まってきていると思います。

どう根付かせ、発信していくか。これから本番

—ミッション・ビジョン・バリューが揃いました。今後、これをどのようにしていきたいと考えていますか?

まずは、今期中につくる予定の人事評価制度に織り込んでいきたいと考えています。といっても、評価の対象だから覚えるというわけではなく、より社員に浸透するようにしていきたいですね。今は評価に関係なく、ちゃんと覚えているかテストをしたりしていますが、意外と間違えてしまうメンバーもいて。間違えたからといってお咎めはないけれど、まずは社内に浸透させていくことが大切だと考えます。

また、ミッションやビジョンは、会社がどのような方向をめざしているかを、社外の人にも明確に伝えられるものです。今、会社案内も刷新しているところで、この言葉を通して、私たちがどのような会社であるか、どういったことをめざしているかを発信していきたいと考えています。一方、バリューについては、これらのミッションやビジョンを実現するために、どんなチームでやっていきたいかという方向性を示すもの。採用面接などでも伝えるようにしていて、3つのバリューに共感してくれる方に、ぜひ入社してもらいと思っています。



これから入社する皆さんとも、一緒に会社をつくっていきたい!

—最後に。読者の方へメッセージをお願いします。

今回、ミッション・ビジョン・バリューを全社員で考えましたが、これから入ってきてくださる方とも一緒に会社をつくっていきたいと思っています。ミッションは何度も変わることはないかもしれませんが、ビジョンやバリューは、これからも変化させたり、増やしたりすることもあるでしょう。そこにぜひ参加してほしい。そう思いますね。

ミッション・ビジョン・バリューは、それぞれ短い言葉に凝縮されていますが、どのような想いでつくったのか、その経緯などもぜひお伝えしたいと考えています。ぜひ、気軽に話しを聞きにきてください。


Webマーケティング

Webマーケティング
新設ポジションならではの、あらゆるマーケティング戦略を試せる面白さ!
◆《登録会員数5万人突破!日本最大級の資格試験学習サイト「資格スクエア」》 その入り口として、法律ビジネスに関わる人を増やすための事業と位置づけているのが、資格試験学習サイト「資格スクエア」です。一番の特徴は、アウトプット学習、特に自学自習を重要視しているところ。脳科学を駆使した独自のカリキュラムで他社と差別化し、設立6年目にも関わらず業界トップクラスの実績を誇っています。 【資格スクエア】https://www.shikaku-square.com/ 【資格スクエア公式チャンネル】https://www.youtube.com/user/shikakusquare ◆《資格取得後までのワンストップサービス》 2018年3月に開始した人材紹介サービス『Legal Engine(リーガルエンジン)』 資格スクエアとつながっていくかたちで展開しており、得た知識を土台に、新たなキャリアを形成したいと人材と、高度知識を高いコストパフォーマンスで得たい企業をマッチングさせることが可能になりました。 【 Legal Engine 】https://www.legal-engine.com/ ◆《リーガルテックサービス》 オンライン契約締結し巣t無「NINJASIGN(ニンジャサイン)」 テクノロジーの進化や働き方の多様化に伴い、様々な形の契約が締結されている中、 契約締結等の法律手続きはまだまだアナログかつ煩雑な段取りを持って行われているのが実情です。 ToCだけではなく、ToBの新しい領域でも価値提供を目指します。 【 NINJASIGN 】 https://ninja-sign.com このような先進的なビジネス展開により、Legal Tech領域において自社のプレゼンスをますます強めている現状です。 【当社のプロダクトがメディアで取り上げられました!】 当社の"リーガル×テクノロジー"の1つ、AIが試験問題を予想する"未来問"(みらいもん)。この未来問第1弾は2018年の宅建試験で、約2,500名の方が受講くださいました。 そして未来問第2段は、2019年司法試験予備試験の短答式(選択式)試験。8年分の過去問題と出題傾向からAIが試験問題を予測。試験2週間前のリリースで試験受験者の20%程度にあたる約2,500名超の方がダウンロード。 法律系資格の最難関・司法試験における"未来問"は話題となり、NHK、テレビ東京のWBS、日本テレビの報道番組をはじめ、各種メディアに取り上げていただきました! 法律資格の取得は、資格を活かすための登竜門。その後も勉強は続きます。合格というスタート地点に最短距離で到達し、実務を通してキャリアを広げ、社会貢献に結び付けていく方を一人でもご支援したい、と当社は願っています。
株式会社サイトビジット

コンテンツ企画・ディレクター

コンテンツ企画・ディレクター
成長戦略の要、プロモーションや商品開発を手がけてみませんか?
◆《登録会員数5万人突破!日本最大級の資格試験学習サイト「資格スクエア」》 その入り口として、法律ビジネスに関わる人を増やすための事業と位置づけているのが、資格試験学習サイト「資格スクエア」です。一番の特徴は、アウトプット学習、特に自学自習を重要視しているところ。脳科学を駆使した独自のカリキュラムで他社と差別化し、設立6年目にも関わらず業界トップクラスの実績を誇っています。 【資格スクエア】https://www.shikaku-square.com/ 【資格スクエア公式チャンネル】https://www.youtube.com/user/shikakusquare ◆《資格取得後までのワンストップサービス》 2018年3月に開始した人材紹介サービス『Legal Engine(リーガルエンジン)』 資格スクエアとつながっていくかたちで展開しており、得た知識を土台に、新たなキャリアを形成したいと人材と、高度知識を高いコストパフォーマンスで得たい企業をマッチングさせることが可能になりました。 【 Legal Engine 】https://www.legal-engine.com/ ◆《リーガルテックサービス》 オンライン契約締結し巣t無「NINJASIGN(ニンジャサイン)」 テクノロジーの進化や働き方の多様化に伴い、様々な形の契約が締結されている中、 契約締結等の法律手続きはまだまだアナログかつ煩雑な段取りを持って行われているのが実情です。 ToCだけではなく、ToBの新しい領域でも価値提供を目指します。 【 NINJASIGN 】 https://ninja-sign.com このような先進的なビジネス展開により、Legal Tech領域において自社のプレゼンスをますます強めている現状です。 【当社のプロダクトがメディアで取り上げられました!】 当社の"リーガル×テクノロジー"の1つ、AIが試験問題を予想する"未来問"(みらいもん)。この未来問第1弾は2018年の宅建試験で、約2,500名の方が受講くださいました。 そして未来問第2段は、2019年司法試験予備試験の短答式(選択式)試験。8年分の過去問題と出題傾向からAIが試験問題を予測。試験2週間前のリリースで試験受験者の20%程度にあたる約2,500名超の方がダウンロード。 法律系資格の最難関・司法試験における"未来問"は話題となり、NHK、テレビ東京のWBS、日本テレビの報道番組をはじめ、各種メディアに取り上げていただきました! 法律資格の取得は、資格を活かすための登竜門。その後も勉強は続きます。合格というスタート地点に最短距離で到達し、実務を通してキャリアを広げ、社会貢献に結び付けていく方を一人でもご支援したい、と当社は願っています。
株式会社サイトビジット
株式会社サイトビジット's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings