1
/
5

森未来のリモートインターン生:      小出愛菜と大久保未来           Shinmirai’s remote interns

皆さん、こんにちは。

お待たせしました。新しい記事をお届けします!

今日は、小出愛菜さん(以下、K)と大久保未来さん(以下、O)とのインタビュー です。森未来では、出社、フルリモートと出社/リモートのミックスの三つの勤務形態があり、業務や本人の希望に応じて柔軟に使い分けています。

今回インタビューしたお二人は、全てリモートワークで業務に取り組んでいます。二人のインタビューから、森未来でインターンをするとはどういうことなのか、リモートワークの働き方はどうなのかなど、少しでも参考になればと思います。

一人ずつのウォームアップ質問の後は、インターンについての同じ質問に二人が答えています。2人の共通点、異なる点を見てみましょう。

小出さん、読書好きですよね?今は何を読んでいますか?

K:今は、資本主義の問題点について書かれた日本の経済学者の本を読んでいます。もう半分以上は読んでいますが、大学の新学期が始まり、なかなか読み終える時間がとれていません。

大久保さんは九州北部にお住まいですよね。九州北部を訪れた際に、おすすめのお店はありますか?

O: 九州には美味しいものがたくさんあります。私のおすすめは焼うどん発祥のお店です。とてもおいしいのでよく食べに行っています。

インターンシップについて教えてください。具体的には何をしているんですか?

K:TOKYO WOOD普及協会と秋川木材協同組合という森未来の協力会社のホームページの管理をしています。最新の情報を発信しています。

O: 木材サンプルのラベル作成など、デザインのお手伝いをしています。

週にどれくらい働いているのですか?どのように時間を決めていますか?

K: 週に8時間くらいですね。水曜日に一週間分の作業をまとめてやることが多いです。

O: 平日は大学の授業があるので、週末に業務に取り組むことが多いです。全体では、週に8時間くらい働いています。

インターンは完全にリモートですね。この働き方にはどのような課題があり、どのように対処していますか?

K: リモートワークでは対面とは違って、何か問題が起きた時にすぐ隣の人に相談することができません。そこで、Slack(メッセンジャー)を使って、こまめに連絡をとることで克服できています。しかし、オンライン朝礼以外に、森未来のメンバーや仕事内容を知る機会があまりないんですよね。他の人がやっている仕事の全体像やメンバーの人柄がよくわからない気がします。

O: リモートで仕事をしていると、困ったときに相談しづらいです。メッセンジャーで質問することはできますが、週末に仕事をすることが多いので、返信は早くても月曜になります。そのため、なるべく自分で調べたりして解決するようにこころがけています。一方で、平日に急ぎの仕事や返信をする時間が取れないことも多いです。朝礼にはなるべく参加するようにしていますが、ネット接続が悪くききとりづらいことがあります。あとは、東京の話題がよく分からないので話についていけないときがあります。家にいながら仕事をしていると、他の人のことをもっと知りたいと思ってしまうんですよね。

それともメリットはありますか?

K: メリットは、会社から自宅まで1時間30分ほどかかるので、移動時間がないことです。

O:リモートワークには二つのメリットがあると思います。一つ目は、自分が好きな作業環境を選べることです。二つ目は、場所に縛られずにインターンや仕事ができ選択肢が広がることです。

そもそも森未来でインターンを始めたきっかけは?

K:2019年に三重県で林業のワークショップに参加しました。そこで浅野さんと出会い、森未来を知りました。山で実際に林業作業をする以外のアプローチから持続可能な林業に貢献するという考えに興味を持ちました。それがきっかけでインターンシップを始めました。

O:浅野さんとは、学生インターンシップのオンラインイベントで知り合いました。イベントでのプレゼンが他社と比べてかなり印象に残っています。それに加えて、森未来はまだ新しい会社なので、自分のアイデアを持ち込むことができるなと感じました。

インターンシップを通して成長できたことはありますか?

K:広報の業務を通じて、読み手にわかりやすいように文章を書くことを意識するようになったことです。また、森未来では自ら考えて挑戦する経験をし、成功体験とすることができました。具体的には、広報としてインタビュー記事の作成を私から提案させてもらい実際に記事を作成しました。

O: 質問する前に自分で解決できるよう心がけることで、自立心が高まったと思います。また、私は大学で観光などを勉強しているのですが、観光学で知っている一般消費者向けのビジネスとは違う、企業対企業のビジネスの見識を得ることができ、新たな視点を得ることができました。

最後に、これから森未来でのインターンシップを考えている学生に一言お願いします

K:森未来では、インターン生がかなり自由に自分のアイデアを出して貢献することができます。なので、チャレンジするのが好きな人はぜひチャレンジしてみてください。

O: もちろん、リモートで仕事をするのは大変なこともあります。しかし、異業種を知ることで、就活に向けて視野を広げることができました。森未来でのインターンシップを迷っている方は、ぜひ挑戦してみることをお勧めします!

以上、小出愛菜さんと大久保未来さんのインタビューでした。これでインタビューシリーズを終了したいと思います。当社で働いている人のことが少しでもわかったのではないでしょうか。もし、「もっと森未来のメンバーのことを知りたい!」と思ったら、インターンや仕事に応募してみてはいかがでしょうか?もちろん、お友達にもお勧めしていただけると嬉しいです。

宜しくお願いします。

クリス

Hello everyone,

Sorry for keeping you waiting for the new article.
To make up for it, today I have not one but two interviews for you.
We will hear from Aina Koide (K) and Miku Okubo (O) about their internships at Shinmirai.
There are three working styles at Shinmirai. The first style is to work at the office ordinarily. The second style is to work remotely. The third style is a mix of both.
K and O have been doing their intern remotely from the start. So I hope the interviews with them give you insight into what it is like to do an internship at Shinmirai and the remote work style.

After an individual warm-up question, the two answer the same set of questions about their intern. Let’s see what they see similarly and what they experienced differently!

Aina, you like reading, right? What are you reading right now?
K: Right now, I’m reading a book from a Japanese economist about the problems of capitalism. I’ve already read more than half of it, but I don’t find the time to finish it because the new semester has started.

Miku, if one visits northern Kyushu, is there any must-eat dish?
O: There is a lot of good food here in Kyushu, but if I have to recommend a single one, it would be Yakiudon!

Could you tell us about your internship? What exactly are you doing?
K: I manage the contents on the homepages of our partner companies Tokyo Wood and Akikawa Timber. I’m responsible for keeping the information up to date.
O: I help with the design work, for example, making the labels for our wood samples.

How much do you work a week? How do you schedule your time?
K: I usually work around eight hours a week. Usually, I do all the hours on Wednesday.
O: I try to do the week’s workload mostly at the weekend. All in all, I work around eight hours a week.

Which challenges do you have, working remotely, and how do you deal with it?
K: Because I work from home, I don’t have anyone next to me to ask when I run into a problem. Instead, I rely on Slack (messenger) to communicate with the other members. That helps get the work done, but not really with getting your colleagues and their work.
O: When I have any questions, I can always ask via Slack, but because I usually work at the weekend, I get the answer I need most of the time, not before Monday. To handle this time gap, we decided that I make more decisions on my own. Besides the work, I find it hard to take advantage of the morning meetings -- sometimes the connection is bad, other times I don’t get the stories the others are sharing because I’m not familiar with places in Tokyo and so on. I would like to know more about the others, but this is hard to do remotely.

And what do you feel are the merits of working remotely?
K: Besides the morning meeting I join via Zoom, I don’t really have an opportunity to get to know the others and their work at Shinmirai. Even though I read the chats on Slack, I feel like I don’t have a good overview of the work the others are doing and their characters.
O: I try to join the morning meetings as often as possible, but sometimes the connection is bad. Other times I have trouble understanding the others’ stories because I’m not familiar with Tokyo. Working from home all the time makes it hard to get to know the others better.

How did it come that you started the internship at Shinmirai in the first place?
K: I participated in a forestry course in Mie Prefecture in 2019. At this course, I met Asano-san and got to know Shinmirai. The idea to contribute to sustainable forestry from the outside interested me. This is why I started the internship.
O: I met Asano-san at an online event for student internships. His presentation at the event left quite an impression compared to the other companies. On top of that, I felt like that because Shinmirai is still in the childhood of its company life, I could bring in my ideas. So I gave it a try and joined the company as an intern.

What did you learn through the internship?
K: One thing is that I became more conscious about how to write texts in such a way that the readers can understand them easily. Also, I feel like my self-management improved compared to before the intern.
O: As I mentioned earlier, I think I’ve become more independent. Furthermore, I was able to get some insight into the business-to-business area on top of the business-to-customer style I know from my tourism studies. The internship really gave me an additional perspective.

Finally, is there anything you want to say to those students who think about doing an internship at Shinmirai?
K: At Shinmirai, the interns have quite a lot of freedom to contribute with their ideas. So if you like to challenge yourself, give it a try!
O: Of course, working remotely comes with challenges. But in hindsight, I feel like overcoming those challenges and getting to know a different business field helped me get ready for my job hunting. You won’t regret doing an internship at Shinmirai!

These were the interviews with Aina Koide and Miku Okubo. And with these two, I would like to end my interview series. I hope it gave you an insight into who is working at our company. If you feel like you want to get them even better, what about applying for an intern or job? Of course, we would also be happy if you recommended us to friends who could be interested in us or leave a like here on Wantedly.

Yours,

Chris

株式会社森未来's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more