1
/
5

「経験を積み、会社の未来に貢献できる仕事を」マンガクリエイティブ事業部 アカウントプランナー【社員インタビュー】

【武本恭平 Profile】

マンガクリエイティブ事業部 アカウントプランナー

「世の中を分かりやすくし、情報格差をなくす」というミッションに共感し、2021年にシンフィールドへ入社。前職の決済業界では、toC営業・営業企画に従事。現在は前職を活かし、代理店担当営業として営業活動を行っており、分かりやすい情報伝達ツールとしての「マンガ」を世に広めるべく、クライアント目線に立った魅力的な提案を心がけている。自社ツール「マンガフィールド」を活用し、マンガ制作にもチャレンジ中。

新たな環境で、自分の力を伸ばしたい

ー本日はよろしくお願いいたします!早速ですが、まずは簡単に自己紹介をお願いします。

武本恭平と申します。現在、アカウントプランナーとして、日々営業活動を行なっています。

ー武本さんは、前職では何をされていたのですか?

クレジットカードなどの決済代行会社にて、決済端末を導入いただくための営業活動や、加盟店のフォローをしていました。広告とはまったく違う業界の出身です。

―転職をしようと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

「新しい環境に身を置きたい」と考えたことがきっかけです。実は以前働いていた会社というのが、私の父が経営していたところで。入社前に、自分で会社の事業拡大・売上について目標を決めていたんです。

その目標が達成できたことから「次は自分の興味のある分野で、やりたい仕事をしよう」と考えるようになり、転職の決意を固めました。

形だけじゃない、人や仕事と誠実に向き合う社風

―数ある会社の中で、マンガマーケティングのシンフィールドに入社した決め手は何ですか?

まず応募のきっかけは、転職サイトでした。たくさんの求人を眺めているときに、当社のミッションである「世の中をわかりやすくし、情報格差をなくす」というワードが目に止まったんです。また、自分が好きな「マンガ」を商材にしていたということもあり、興味を持ちました。

入社の決め手となったのは、二次面接の時に感じた社風です。会社の扉を開けると、社員の皆さんが大きな声で「いらっしゃいませ」と迎えてくれて…。外部の人に対しての姿勢が素晴らしいな、と感動したのを覚えています。関わる人への敬意と歓迎の姿勢が、形だけでなく文化として根付いていることがわかりました。実際の仕事にも、社員一人ひとりが誠実に向き合っているんだろうな、と感じましたね。面接が始まった瞬間から「絶対に入社したい!」と強く思っていました。

―人や仕事に対する社風が決め手だったのですね!それでは、入社して改めて感じたシンフィールドの社風や文化を、いい意味でも悪い意味でも良いので教えてください。

強く感じているのは、年齢に関係なく「できる人ができることをやっている」ということ。社歴が浅くても、未経験スタートでも、新卒でも、自分が得意なこと・できることを周囲に伝えれば、その仕事をどんどん任せてもらえます。早いうちから「会社に貢献できている」という実感が持てるのは、当社ならではの良さだと思います。

新メンバーの育成が、会社の未来につながる

―現在はどのような業務をされているんですか?

広告代理店への営業をメインに、新人のメンターとしても活動しています。もともと入社の際に「前職での教育経験を活かしたい、人材育成にチャレンジしたい」と伝えていたこともあり、任せてもらえることになりました。僕自身まだまだ学ぶことが多いので、自分に足りないところを痛感することも多いです。それでも新メンバーの育成を通して会社に貢献できていることに、大きなやりがいを感じています。

―それでは、苦労していること・大変なことはありますか?

広告業界は未経験のため「広告代理店の人はどういったことを考えているのか」「その先のクライアントは何を求めているのか」など、業務で必要な考え方を掴むのに苦労しています。自分の想像を上回ることが日々起きているので、先輩たちに相談しながら一つひとつクリアしている段階で。新たな知識を吸収し、噛み砕いて自分のものにすることは、なかなか簡単ではないなと感じています。

―武本さんは、広告代理店向けの営業を担当しているとお聞きしました。顧客と接するうえで心掛けていることなどはありますか?

3つあります。1つ目は、シンフィールドのサービスを用いた独自の提案をしっかり行なうこと。2つ目は、問い合わせにスピード感をもって対応すること。お急ぎの相談も多いので、少しでも早くお返しし、安心してもらえるよう心がけています。3つ目は、自分という人間をしっかりアピールすること。会社やサービスの良さを伝えるのはもちろんですが、「まずは武本に相談してみよう!」と思ってもらえるように日々活動しています。

―最後に、今後の目標やビジョンがあれば教えてください!

新人教育の部分、メンター活動により深く携わりたいですね。とはいえ、そのためには多くの経験を積み、まず自分自身の力を伸ばすことが必要。自ら試行錯誤して得た知識やノウハウを伝えることで、より多くのメンバーの成長をサポートしていきたいです。こうしたメンターとしての活動が、会社の成長・その先の未来にもつながると考えています。

ー武本さん、本日はありがとうございました!

株式会社シンフィールドでは一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング