1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

メディアも注目する、店舗経営のDXを実現するSHOP FORCE。顧客満足度でNo,1を獲得しました!(調査概要:2020年9月 サイトのイメージ調査 調査提供元:日本トレンドリサーチ)
200万ダウンロードを誇るプラットフォームアプリ『Stamps』やオリジナルアプリの開発に加えて、CRMの基盤となるデータベース・グラフ表示やMAをワンストップで提供します!
SHOPFORCEはアプリを用いて、お客様との繋がりを築くCRMソリューションです。 エンドユーザーに対しては、スタンプカードのアプリとして利用して頂くことで複数の店舗のスタンプカードをかさばらずにまとめられる価値を提供し、店舗に対しては、顧客管理・販売促進サービスとして成果を生み出しています。 店舗利用状況や性別、年齢などにあわせてリピート施策を最適化、店舗・ブランドのロイヤリティ向上&定着を実現しており、店舗で使われるスタンプカード・ポイントアプリとしては、業界大手としての地位を確立しております。 飲食店や美容院、アパレルなど、幅広い業種・規模で導入実績があり、200万以上のユーザーが利用するサービスを提供しています。

なぜやるのか

2020年12月に社名を『SHOP FORCE』に変更、主要メンバーもこの1年で大きく変わり、第二次創業期として、店舗経営のDXの波に乗っています。
サービスミッションは『四方良し』サービスを通じて、店舗、従業員、お客様(アプリユーザー)、弊社の四方良し(WIN-WIN-WIN-WIN)の実現を目指しています!
人々の暮らしはテクノロジーの力で日々便利になっています。しかしながら、便利の代償で失っているものもあるのではないでしょうか? 馴染みの店舗に行った時に感じる居心地の良さ、「いつもので!」で注文できる関係性、ECやキャッシュレス化で便利になっていく一方で、店舗を介した人と人との触れ合いなどが減り、どこかで人間味のない、寂しさの残る社会になりつつあるのではないでしょうか。 当社では、サービスを通じて「売り手」、「買い手」、「社会」に「働き手」を加えた『四方よし』の実現を目指しており その上で、衣・食・住が大きく変わりつつあるいま、テクノロジーの力で、人々が「心でつながる」世の中をつくっていくことをミッションとしています。

どうやっているのか

NTTデータ出身の創業者を中心に、本田技研工業、LINE、リクルートといった大手企業に所属していた経験豊富なメンバーが、ビジネスの1→10に向けて日々議論、開発、営業活動を行っています。2018年、みずほキャピタル、三菱UFJキャピタル、SMBCベンチャーキャピタルのメガバンク3行のVCから資金調達。 導入クライアントが増えていく中で、ブランドリニューアル、及び社名変更を行い、まさに第二創業期に差し掛かかり、中・長期のコアとなるメンバーを募集中しています!