次世代消費を形づくるShowcase Gigのデザイナーのお仕事紹介。

こんにちは。インターンの根本です。

今回は、Showcase Gigのデザイナーの仕事について紹介していきたいと思います!

自社プロダクトである「O:der」から、クライアントから直接依頼を受けたネイティブアプリまで、あらゆるサービスの“顔”である、UI/UXをデザインするのがShowcase Gigのデザイナーです。

協同でサービスを開発している企業には「JR九州アプリ」「餃子の王将アプリ」など日本を代表する鉄道、小売、飲食企業が並んでおり、これらのパートナー企業のアプリも社内のデザイナーがデザインしています。まさに日本の次世代消費をデザインすることが仕事になっていて、やりがいもありつつ、その責任は大きいと考えさせられる機会が多いです。Showcase Gigのデザイナー陣は、あらゆるサービスのUI/UXをいかに良くしていくか、日々頭を悩ませながら仕事をしています。

実は幅広く手がけています

サービスのデザイン業務全般を担っているプロダクトデザイン部。実は様々なサービスのUI/UXをデザインをする以外にもグッズやロゴなどのデザインを担当することもあるんですよ。

こちらのTシャツは昨年の展示会の際に制作した社員用のユニフォームです。

デザイン担当N「最近流行っているのアウトドア風のテイストで、グラデーションがきれいに出るようにこだわりました。」

社内でも好評で展示会に来たお客様にもお褒めの言葉をたくさんいただきました。


NさんはこちらのTシャツのデザインも担当しました。

デザイン担当N「色や形のバランスにこだわりました。色は男性も着れるようにいわゆるハイトーンな夢色より少し落ち着いたバランスになっています。」

私はこのTシャツが本当に気に入っていて、普段から私服として着用しています!


その他にもこんな販促グッズも手がけています。こちらは展示会のノベルティとして制作したトートバッグ。

デザイン担当K「海外のスーパーのデザインをモチーフにしています。実は右上のバーコードは隠し文字になっていて、斜めから見ると文字が浮かび上がるしかけもあるんですよ。」

PCや書類も入れやすいサイズなので普段からこのバッグで通勤している社員もいます^^


店頭POPやショップカード

こちらは店頭に置くO:derの説明が書かれたPOPやカードです♪



ロゴデザイン

こちらは、弊社と株式会社セガゲームス、フラー株式会社の3社共同で開催したミートアップイベント「DIGITAL CONSUMER MEETUP 2018」のイベントロゴです。


デザイン担当A「事業領域の異なる3社による主催イベントだったのですが、世の中で起こるデジタル化は消費者(Consumer)が主体である、という理念は共通しています。そこでConsumerを中心に3つの輪郭が混じり合って溶け込み、新しい発想や価値が生み出される場をイメージしてデザインに落とし込みました。」


改めて見てみると、アプリ以外にも幅広く制作しているのがわかります。このような仕事もプロダクトや会社をより多くの人に知ってもらう機会なのでとても大切にしています。自分のスキルの幅を広げるチャンスでもあるので、みんな力を入れてデザインを考えているんですよ。


Showcase Gigのデザイナーに興味を持った方はぜひ応募してみてくださいね!!

株式会社Showcase Gig's job postings
Anonymous
Picture?1522979425
Edd7fe27 03be 4263 a8a0 771222b1261c?1539770317
Picture?height=40&width=40
Anonymous
Picture?height=40&width=40
17 Likes
Anonymous
Picture?1522979425
Edd7fe27 03be 4263 a8a0 771222b1261c?1539770317
Picture?height=40&width=40
Anonymous
Picture?height=40&width=40
17 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon