This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

もうすぐ社長になります

合同会社simpleAに入る前

恥ずかしながら、simpleAに入る前、私は蕎麦を打ったことがありませんでした。

現在

そもそも蕎麦打ちの何が楽しいかというと、その絶妙な「難しさ」だと思います。道具と蕎麦粉があって、ある程度の練習をすれば、ある程度の蕎麦はできて、ある程度の満足は得られます。でもそこからの道のりが長い。絶妙な水加減やこね加減によってその喉越しや歯ごたえが全く変わってきます。その僅かな違いを見極めるためには、蕎麦粉の香り、生地の手触り、のし棒や包丁を伝わってくる感触など、五感を研ぎ澄まさないといけない。研ぎ澄ませれば、聞こえてくる声がある。聞こえてくれば、応えることができる。

37歳の私の誕生日には、4歳の娘が「おソバをつくるときにアタマにまくタオル」をプレゼントしてくれました。 良い人生なう。

合同会社simpleAについて

すごいよ。

今後どういうことをしていきたいか

流れる水は腐らない、と言います。 蕎麦にとっても、水はとても大事な要素です。 上空と地上と地中を絶え間無く循環する水、H2O、季節や年ごとにその様相を変える蕎麦粉、そして打ち手の感情や体調を反映して、そのときにしか生まれないお蕎麦を、私たちは啜っているわけです。 全ては不可逆であり一過性であると、お蕎麦様は語っているわけです。 啜らにゃ損損。

そうゆうことです。

合同会社simpleAでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
F0b384a2 e7fc 4585 8e01 3d0f07e720e5
9ede56e0 60f9 4db4 a946 bdbe08e3b667
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
8 いいね!
Anonymous
F0b384a2 e7fc 4585 8e01 3d0f07e720e5
9ede56e0 60f9 4db4 a946 bdbe08e3b667
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
8 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon