新規事業は「自社のため」にある~代表清水の思い~

「シンプラインって最近新規事業始めたみたいだけど一体なぜ・・・?」
今日はあらためてそんな質問をこの3人にぶつけてみました。


(左から)営業リーダー・荒井/代表・清水/技術部長及び採用責任者・米山

ーー今年度ITコスト最適化のためのSaaS事業をリリース予定ですが、そもそもなぜ取り組もうと思ったんですか?

本音言うと、「自社のため」って言うのが一番大きいよ。自社サービスを創ることで、エンジニアの働き方の多様を本格的に実現したいと思った。
今はお客様先に常駐するスタイルだから、どうしても働く時間や場所が自由に選択できない。
ただ、僕は「仕事は成果を出せば時間や場所関係なくやりたい」という思いが強くあって。自社サービスによってそういった環境を整備していけるんじゃないかと思った。
あとは、職務の多様化を推進したいというのもあるね。
お客様先に常駐する場合、どうしてもエンジニアは技術力もオペレーション力もコミュニケーション力もバランスよくできることを求められるケースが多い。なので、SESに特化しているとどうしてもそういう人の採用に偏りがちだけれど、自社であれば、例えばコミュニケーションは苦手だけど技術力に尖りがある人とか、技術はまだ途上だけれど抜群にプレゼンスキルがある人とか、雇用できる人のバリエーションが多くなる。それによって顧客にさらなる価値が提供できて、会社として成果もあがるし、社員同士の刺激にもなってモチベーションが上がるんじゃないかと考えた。それぞれの分野で優秀な人材を採用できるからね。

ーー きっかけは内的動機だったんですね。
今回のサービスは「IT(IaaS)リソースの無駄を減らすシステム最適化により顧客のサービスとシステム品質を維持しコストを下げる」ことが目的ですが、なぜここに着目したのでしょうか。

まず、世の中の本質的な欲求に応えられるものを作りたいというのが根底にある。
対個人だと、健康や衣食住等ほとんどの人が持っている生理的な欲求に関すること、
対企業だと、利益を上げること、これに尽きると思っていて。
じゃあどちらをターゲットにするか?となると、シンプラインはこれまでBtoBでやっていたからサービスもその方が訴求しやすいよね、となる。
さらに、「利益を上げる」には、売上を上げるか、コストを下げるかのどちらかだけど、売上を上げるサービスとなると、アプリケーションに強くないとなかなかいいものって生み出せないと思うんだよね。その点、うちはインフラ事業を長くやっているのでそこのノウハウはある。
ある意味消去法だけど、長けている分野でまずはやっていこう、ということで今回のサービスに至った。
何かをはじめる時に大事なのは「自分がやりたいことをやるか」「筋道がたっているか」が重要だと思っていて。正直、僕自身には今、サービスとして具体的にこんなものを作りたい!というのは特に無いから(笑)、理屈にはこだわったよ。

ーー たしかに合理的ですね。対象をAWSユーザーに絞っているのはなぜなんですか?

シェアが大きいというのと、将来的にサービスをグローバルに展開したいからだね。
グローバルってかっこいいじゃん(笑)。
AWSは世界共通のプラットフォームだから、サポートと言葉の問題だけ解決すれば、スムーズに世界中の企業にサービス展開が可能。
まずはAWSだけれど、ゆくゆくはAzureやGCPユーザーにも展開していければと思っているよ。

ーー 徐々にシェアを増やしていければ、ということですね。開発で今苦労していることとかありますか?

アジャイルで作っているからそこに対する不安はあるよね。ドキュメントレスだし、プロジェクトオーナーとしてやっていけるのかな、と。
ただ、僕はやってみて失敗し、そこから学ぶことで成功すると思っているから、開発に関わっている人にも失敗してOK、というスタンスでやってもらえるよう尽力している。
現場にいるエンジニアにも、AWSの知見に関するアドバイスをもらいながら進めているよ。

ーー アジャイルだと柔軟に対応できますもんね。
米山さんは、採用責任者という立場からみて今回の新規事業についてどう思われますか?

SES業界を見渡してみると、自社サービスはあるけどITではなかったり、やっているけどあまり機能しておらず実質SESが軸になっている、というところが多いと思います。
そんな中、うちは完全に二本柱にしようとしているので、求職者の方から見ても魅力的なんじゃないかな。自社サービスがあることで、IT業界に数ある中小企業の一つから「シンプラインってあの会社ね!」って想起してもらえるよう脱皮を図りたいと思います。

ーー 営業責任者の荒井さんはいかがですか?

米山さんと同様、「シンプラインってあの会社ね!」と想起いただけるのは非常にメリットがある。
何より、現場で頑張ってくれているエンジニアのモチベーションがあがります。同じ目的で一体感ができれば内部のつながりが強くなるとおもうので、是非成功させたいですね。

ーー改めてですが、清水さんが「シンプル」「本質」にこだわる理由とは?

性格的な問題かな。
人生の時間には限りがあるから、何かを捨てないといけないと思っていて。
よくよく考えると、大事なことって意外と少ないんだよね。なのに忙しいのはそうじゃないことをやっているから。
これだけ情報が溢れているし色々なことに手を出したくはなるけど、自分は1個のことに集中することに美学を感じるし器用貧乏になりたくないと思っているので、今価値があるということに精力を注ぎたい。

ーー ありがとうございました。

まもなくリリース予定の自社サービスに関して、
シンプラインでは9/5(水)に意見交換会を実施します。
興味のある方は是非参加してみてくださいね。
https://connpass.com/event/96885/

シンプライン株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings