Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

ワンストップサービスを提供できるよう、自社で開発を行っています。
私たちSKYDISCは、実社会でまだデータ化されていない事象のデータ化と、集まったデータを分析してサービス化するために、IoTのセンサデバイス開発から、集まったデータをAIで解析するサービスをワンストップで提供しています。 現在は製造業樣への導入実績が多く、機械の異常診断、歩留まり率の向上、検品の精度向上などを実現することで、スマートファクトリー化推進に貢献しております。 少子高齢化による労働力人口の減少と生産性向上が求められる日本の社会課題を、IoT×AIで解決することを目指します。

なぜやるのか

九州大学にて研究していたテーマは高速分散処理を利用したデータ分析に関するテーマでした。その分析の元となるデータがセンサデータ。その際に本事業の元となるセンサデバイスの原型を開発し、本事業に活用しています。
Skydiscの会社名の由来は、人類最古の天文盤。天体を指し示す天文盤と同じように、クラウドのさらに先を指し示す存在になりたいと言う思いを込めてつけました。センサデバイスからクラウド、アプリケーションまでワンストップで開発をしています
2010年のビックデータというキーワードが流行ったとき、AI(人工知能)での解析に目をつけた代表の橋本は、九州大学の博士課程に入り直し、AIの研究をすることを決意しました。 しかし、すでにデータが揃っていて、それらを解析するところからスタートする授業に対し、 「そもそもこのデータを揃えることが難しいのではないか」 という疑問を持った橋本。 実際に、SKYDISC創業時の2013年10月頃は、まだ実社会の情報をデータ化するセンサー等が少ない時代でした。 そこで橋本は、センサデバイス(ハードウェア)の開発から、取得したデータをクラウド上にあげる通信デバイス、そして情報をわかりやすく可視化するダッシュボードの開発をすれば、大手企業よりも先駆けてAIであらゆる分析がしやすくなるのでは、と考えました。 当時の研究成果を元に創業した企業が、SKYDISCです。 「データ化されてないところをデータ化する」「集まったデータをきちんと分析する」そしてお客様の問題を解決していくことがSKYDISCのミッションだと考えています。

どうやっているのか

各拠点間のやり取りは主に社内チャット。週一度の定例MTGではビデオチャットで各プロジェクトの情報共有を行います。
さらに年数回、福岡または東京で社員やインターン生など揃って合宿を行い、スタッフ全員がコミュニケーションを取れる機会を設けています。
容易に利用できるIoTワンストップサービスの提供、AI(人工知能)解析サービスの提供、自社パッケージサービス(振動や音による故障予知サービスなど)の提供を行っています。 現在は、福岡本社の他、東京オフィス、大阪・名古屋オフィスとベトナムオフィスの5拠点。 各拠点、エンジニアや営業メンバーが交流しやすい環境があり、多国籍なメンバーでグローバル感覚で仕事をしております。 IoTやAIサービスは技術の塊。サービス提供のために必要となるスキルは多岐にわたり、ハードウェアエンジニアやAIエンジニア、ビジネス開発など、様々な職種の方々と一緒になって、より便利な社会を実現して行きたいと思っています。

Page top icon