Wantedlyを使うと運命のチームやシゴトに出会えたり、シゴト仲間のつながり管理が簡単になります

This page is intended for users in Japan. Transfer to the page for users in United States.
240人のフォロワー

メンバー

全員みる(15)

なにをやっているのか

ママのための子供服のファッションセール通販サイト・アプリsmarby(スマービー)(https://smarby.jp/)を運営しています。

【smarbyとは?】
smarby(スマービー)は、会員制のブランド子供服・ベビー服・生活雑貨のセール通販サイト・アプリです。17万人のママ会員(2016年4月時点)に対して、定価の20-80%オフの限定セールを毎日実施しており、子育てに忙しいママがお得にお買い物を楽しむことができるサービスです。

また、普段はちょっと手が出ないブランド子供服を、smabyだけのお得なプライスで手に入れることができます。ベビーカーを押して、わざわざバーゲンに足を運ばなくても、自宅で、外出先で、家族といっしょにお買い物を楽しむことができるという点で、サービス開始以来、非常に好評で、たくさんのママたちにご利用いただいております。

【特徴】
・サービスの意思決定はデータドリブン。自社独自の分析基盤を築いている他、仕入・マーケティング・プロダクトの方針決定などあらゆる局面でデータから逃げずに意思決定を行います
・web・アプリで全く異なるユーザー動態のため、チャネルに合わせたグロースハックを行っています。
・また上記の自社チャネルのみならず、Bots for MessengerやLINE@といった、ユーザーの生活に馴染むプラットフォーム上での購買体験を提供できるよう、技術的・サービス的にチャレンジをしています。

なぜやるのか

【スマービーが生まれたきっかけ】
smarbyは、「子育てを頑張っているママを笑顔にしたい」そんな思いで立ち上げたサービスです。

小さな子どもがいると
・買い物に行く時間がない
・行ったとしても子どもと一緒だとゆっくり選ぶことができない
・子どもを連れて行ける範囲だと気にいったものが見つからない

そんなママ達の悩みを解決したい。

子育てがママにとって楽しい時間になるようにSmarbyが少しでもお手伝いできたら……そんな思いでこのサービスを立ち上げました。

また、「子どもには可愛い洋服を着せてあげたいけれど、すぐにサイズアウトしてしまうかも…」「せっかく買っても汚してしまうかも…」と思ったりするとなかなか手が出ないブランドでも、少しお手頃になっていると手を出しやすいという声もありました。

そんな、サービスを日本でも提供したい。と代表の遠藤が現在のメンバーと準備を始め、2014年11月よりサービスを運営しております。

どうやっているのか

smarbyでは3つのコアバリューをもってメンバーが仕事に臨んでいます。

【Mommy First】
smarbyではメンバーの一人ひとりが「すべてのママに、子供に、笑顔を届けたい」というピュアなビジョンを自分事として捉え、『mommy first』を体現していきます。すなわち、

・ユーザーであるママにとってのベストは何かを追求すること
・サービスと向き合い、smarbyというブランドを創造すること

開発・システム運用・マーケティング・営業・カスタマーサポート・物流等、あらゆる局面で上記のmommy firstを貫くカルチャーがメンバーの一人ひとりによって産み出されています。

また社員の多くが子供をもつパパでもあることから、社員自身が家族を大事にすることもチームの共通認識となっています。

【Professionalism】
smarbyは少数精鋭ながら、各領域で絶対に負けないprofessionをもちつつも、得意領域にとらわれずに自由闊達に「できること」を拡げる意志をもったメンバーが揃っています。

・国内外のスタートアップエコシステムに深い知見を持つCEO
・日本有数のEC事業にて大規模システム開発・運用経験のあるエンジニア
・全ユーザーとのタッチポイントを掌握するCSディレクター
・集客・販促・効果測定・施策実行を全てインハウスで行うマーケター

多様なProfessionをもつメンバーがお互いを刺激し合い、ストレッチできるチームがsmarbyです。

【Productive】
私達自身が子育て世代であり、『スタートアップ ×子育て』という2つを両立させていくためにも、”Productivity = 生産性”に対しては妥協をしたくないと考えています。

時間という限られたリソースの中でサービスを最大化するために、働く時間や働き方に対しては柔軟に、そしてアウトプットを重視する文化が有ります。

また業務のオペレーションを磨き続ける文化が有り、エンジニアと企画メンバーにより、オペレーションをサポートするツールも数多く産み出されています。
カイゼンを実直にやり抜けるメンバーが多いこともsmarbyの特徴です。

Page top icon