Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「結局、企業は人がつくるもの」社員インタビュー 人事編

株式会社スマートドライブに入る前

前職のウェブ企業では、人事採用担当として日本オフィス、およびAPAC内の様々なオフィスの中途採用を担当していました(新卒・インターン採用含む)。グローバルで一緒に仕事を進めていくような就業環境だったので、自分がどこの国で仕事をしているのかということをあまり意識せずに仕事をしていた気がしますし、採用業務を通してお会いしたりお話しした方々の数はかなりになると思います。あとは、社内トレーニングプログラムの開発や提供も一部担当していました。

フェーズという意味で、自分が前職にジョインしたタイミングはちょうど日本オフィスの採用を一気に加速させていくというフェーズだったので、そこからの採用のスピード感やオフィスがどんどん成長していくのをその真っ只中で経験できたのは楽しかったですね。

あとは、働く環境ということで言うと、本当に様々な国の様々なポジションの採用に関わらせてもらえたおかげで、社内・社外問わず相当にダイバーシティ度合いの高い人達と一緒に仕事ができました。社内の人達であっても「なんでこんなに話が伝わらないんだろう?」ということはしょっちゅうでしたし、一緒に仕事を進めるのが大変だなと感じるようなケースも多々あり、勉強になることばかりでした。

現在

相変わらず採用まわりを中心に置きつつ、ジョインしたタイミングも非常に早いフェーズだったので、何でも屋としてやれることはなんでもやってきた感じがします(笑)今でも採用や人事まわりを中心に担当してはいますが、事業企画やサービス開発に混ざったり、広報的なことやカスタマーサポートのお手伝いなど、必要なことはなんでもやりますよというスタイルは変わってないですね。これからもきっとそうだと思います(笑)

株式会社スマートドライブについて

【入社を決めた理由】 前職では、「米国本社」という絶対的な存在がある中で、やはりゼロベースでいろいろ作っていくのは本社の役目という色合いが強かったので、自分の裁量や判断で何かを新しく作るというのは無理でした。すでに会社としての仕組みや体裁もできていましたし、グローバルで統一したやり方で物事も進めていくようになっているので、自分の手でつくっていくという実感を得るのが難しい環境でもありました。

そんな中で、やはりスタートアップのような環境で、自分が人事まわりの第一人者となって何もないところからつくっていけるような会社があれば、そういうところで挑戦してみたいと思っていました。そういう意味では当時の SmartDrive はまさにぴったりという状況でしたし、会社のビジョンの壮大さとおもしろさはもちろんのこと、代表の北川とデータサイエンティストの元垣内と会い、このチームにジョインして立ち上げをやるのは相当おもしろいはずだと思って、決心しました。

今後どういうことをしていきたいか

これは今すぐに実現できるようなものではありませんが、SmartDrive が順調に成長していく途上では、完全にデータに管理されている街というのをつくってみるというくらいのおもしろいことはできるんじゃないかと思ってます。

人・建物・車などの情報が随時 SmartDrive プラットフォームに吸い上げられていて、その動きと状態が常に可視化され、街の人達みんなに共有されている。そういう中では、人やモノの動きが常に先読みというか、「いつどこに何がくる」というのがリアルタイムにわかるので、それをふまえて様々なことを準備したりしておくことが可能になります。そういう世界では、たとえば、「ただ待つ」という行為や時間が極限まで減らせると思うんです。

街周辺の車の状況等もすべてわかっていますから、職場から家に帰ってくる家族の人たちの帰宅時間なども大体予測できていますし、ご飯があとどれくらいで出来上がるのかなども共有されています。

まずはそういうことが小規模な市町村でできたりすると非常に面白くて、そこに住む人々の交通データや生活情報データを一手に把握していることで様々なサービスを提供していけると思うんです。ちょっと目先の未来をすっ飛ばして話してしまいましたが、極端な話そういう状態もあり得るのかなと思ったりするんですよ、サービスとして成立するかどうかは別として(笑)

【仕事において大切にしていること】 やはりスタートアップというステージだったり規模では、採用を間違えると取り返しのつかないことになるケースもありえると思ってますので、そこはエキサイティングでありつつも、ヒリヒリしながらやっているところではあります。ビジョンやカルチャーを共有できない方がこの規模で入ってくると、周囲に与えるネガティブな影響も甚大なので、そこは本当に気をつけているつもりです。

あとは、ここから会社が大きくなっていく過程で、様々なひずみというか、成長痛みたいなのは出てくると思うんですが、そういう時にこそいかに丁寧にコミュニケーションできるか、面と向かって話し合っていけるか、そういうわりと基本的なところが大切になると思っています。

代表がしつこいくらいビジョンや情報を全体に共有するだとか、今なんでこういうことをしているんだっけ、ということだったり、どういうふうにユーザーの生活を豊かにしているんだっけ、みたいなことを社員ひとりひとりがちゃんと理解していて、必要であればそのことをすぐプレゼンできますというような(笑)ちょっと大袈裟ですが、そういう組織は強いと思いますね。

株式会社スマートドライブでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
12998613 859864840786121 8170466346632509485 n
9a105ded 703f 4133 a7b9 75a2a8e5c8b2
Picture?1522999362
4 いいね!
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
12998613 859864840786121 8170466346632509485 n
9a105ded 703f 4133 a7b9 75a2a8e5c8b2
Picture?1522999362
4 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon