This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

技術で世の中の役に立てなかった絶望が、全ての始まり。

スマートニュースでの役割

現在はひとことで言うと、プロダクトマネージャとしてSmartNewsというプロダクト全体をみています。ニュースアプリとしてのユーザー体験をより良くするという大前提のもとに、開発チームがより働きやすい環境作りに力を注いでます。

スマートニュースに入る前

自分で言うのも何ですが、小学校中学校は勉強ができて、成績はずっとトップでした(笑)ただ高校受験で息切れして、高校時代はドン底でしたね。。尾崎豊を聴きながら根暗まっしぐらでした。いつか、盗んだバイクで走り出したり、窓ガラスを壊してまわることを夢見ていました。そこから頑張って京大に入って、ただ今度は院試に落ちて。。 大学院に入る前の研究生時代にプログラミングのアルバイトをしていまして、当時はガラケー全盛期。iアプリのサイズを小さくする技術を作って製品化されたのがなんと大ヒットしました。当時某有名ゲームタイトルとか、この技術のおかげでガラケーで動いていたんですよね、少し誇らしいです。

プログラミングをはじめるきっかけ

中学時代に親がファミコン買ってくれずに、代わりにパソコンかってくれたんです。しかたないからゲーム作って遊んでました。ただそれを文化祭に出したてみんなが遊んでくれたりとか、ものづくりにピュアに興奮を覚えましたね。ただ暗黒の高校時代はやらずに、大学の4年ぐらいから再開しました。

なぜスマートニュースに入社したか

前職は某EC大手企業のR&Dのチームでレコメンデーションエンジンの開発から商品検索の先行開発まで色々やりました。その過程で、当社代表の浜本さん(当時は浜ちゃんって呼んでました笑)から誘って頂いたんですよね。 実は私が未踏ソフトウェア時代の発表会に、彼もたまたま観に来ていたらしく実はその時からの縁がありまして、運命感じました(笑) 私は浜ちゃんのスマニュー前のプロダクトとかも知っていたので、スマニューは本当にすごいなと。今までの彼のプロダクトとはレベルが違うなと思っていました。実際に自分もつかっていましたし、世の中に大きな価値を残していて、むしろ浜ちゃん羨ましいなと。。

スマートニュースに入社してみて

wantedly_nishioka_02.png

ある種大きな会社から来た自分にとっては、全てが速いなと。私の入社当時は今以上に小さいチームだっので、作ってからデリバリーがとにかく速い。それ、承認いらないの?みたいな(笑) あとはまわりのメンバーがとにかく優秀。システム的な中身は、ある程度想像がつきましたが、スピード感や人は想像をはるかに超えていました。

一番印象的なプロジェクトは?

熊本地震に際して、熊本の方に向けたチャンネルを作ったんですよね。「熊本地震 支援情報」チャンネルです。実は私は兵庫出身で、阪神大震災を経験しています。 3.11発生直後には、自然言語処理のちからで安否情報を提供するプロジェクトを必死で行っていました。ただ、結果として、それが直接的に人々の役に立つことがあまり出来ませんでした。発生数日後からは安否情報より、原発の情報の方が重要になりましたし、技術的にも課題がありました。テクノロジーで役に立てなかったという本当に悔しい思いをしたんです。(当時のプロジェクト:ANPI NLP

そしてスマニューに来て、熊本の地震が起きました。 当然それは予期できるものではないので、当日は何もできなかったのですよね。その日の夜にひとりで落ち込んだんです。そしたら次の日、メンバーが自発的に動き出して震災の情報を提供するチャンネルを作ったんです。みんなが自発的に、被災している人たちに有益な情報が送れたらと。

kumamoto_screenshot.png

そのアクション自体は、決して技術的に難しい取り組みではなかったのですが、実は迅速に今回のチャンネルを新設できたのも、そのための基盤を整備してきたからなんですよね。今後きっと役に立つはずだと整備してきたものに、みんなの自発的なアクションと想いが重なって形になったんです。そして、実際に多くの人がそのチャンネルを購読して、震災に関する情報に目を通してくれたので、有益な情報を届けることが出来て役に立ったと感じました。これぞSmartNewsだと、今でも熱い想いがこみ上げてきますね。

プロダクトマネージャとして気をつけていることは?

何よりもメンバーみんなのことを考えること、ですかね。みんなが気持ち良く働けて、パフォーマンスを最大限発揮できる環境を用意すること。そして自分がボトルネックにならないこと。 あまりエンジニアリングの細部には首を突っ込まないようにしています、任せる、信頼する。( ただ、サーバーサイドのかなりの部分は SmartNews に入って自分が作ってきたこともあり、ときどき突っ込んでしまうことも。) また、SmartNewsはどんなユーザーでも楽しめるようにしたいので、できる限りシンプルかつ最大公約数を意識しています。

こんな人と一緒に働きたい

前向きに物事を前進させる人。前向きとは、問題山積のなかで文句をいうのではなく、解決を楽しむ人ですね。日々色々な課題があるので、不平不満を言うのはもちろんok。ただ物事を前進させない不平不満は良くないですよね。 スマートニュースに制約は無いので、チャレンジングな環境でポジティブに問題解決できるメンバーを待っています!

スマニューの次のイノベーションを創る!プロダクトマネージャー募集

スマートニュース株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Picture?height=20&width=20
Picture?height=20&width=20
C4140d4e 6d3c 4a00 8407 976a3b448b35
16a99f2a ecd4 4bbc a9a7 653734bd272c
De578399 1df3 4807 893e 3d1b60f331f4
20 いいね!
Anonymous
Picture?height=20&width=20
Picture?height=20&width=20
C4140d4e 6d3c 4a00 8407 976a3b448b35
16a99f2a ecd4 4bbc a9a7 653734bd272c
De578399 1df3 4807 893e 3d1b60f331f4
20 いいね!

今日のランキング

ランキングをみる

Page top icon