1
/
5

#soeasy people 「おしえあうって、すばらしい。」を社会に!ソーシャル・ビジネス・パブリックをつなぐトライセクターリーダー Chief Hospitality Officer 小菅 隆太

こんにちは、soeasyです!今回は、一風変わった役割を担う、Chief Hospitality Officer(CHO、最高おもいやり責任者)小菅さんにお話を聞きました。

― 小菅さんの今のお仕事について、教えてください。

soeasyにはこの2022年4月からジョインし、専門知識と経験で、主にコーポレート部が主幹となっている人事系・広報系分野を中心にサポートしています。

― 小菅さんは実に豊かなキャリアをお持ちですが、soeasyへのジョインはどういった経緯だったのでしょうか?

(『EDAC自治体ドローン活用情報』の取材の様子 経済産業省本省「未来対話ルーム」にて)

あまり聞き馴染みがないと思いますが、私はビジネス(事業・営利)セクター以外に、ソーシャル(社会・非営利)セクター、パブリック(行政・公共)セクターに実際に籍(席)をおきながら、そのセクター同士をつないだり、共創させたりすることで新しい価値創造を行う、トライセクターリーダーという働き方を選択していて、入社以前にもsoeasyとは、ビジネスセクターの一パートナーとして、広報PRの顧問としてプロジェクトをご一緒してきました。

企業理念でもある「おしえあうって、すばらしい。」というコンセプトを、社会に発信していくお手伝いをする中で、いつしか私も主体的に携わりたいと思うようになりまして、ありがたいことに取締役メンバーからラブコールをいただき、ジョインを決めました。

特に代表とは、別の会社で協創してきた過去もあり、時を経てお互い経験を積み、今持つ双方の強みを活かし、シナジーできるのではないか、と意気投合したことが大きかったですね。

― いきなりですが、Chief Hosipitality Officer(CHO)というのも、聞き馴染みがないのですが、どんなことをされているのでしょう?

そうですね、私も聞いたことがありません(笑)。

実はこちらの役割は、正式ジョインをする前にラブコールをいただいた取締役のみなさんと一緒に考え、決定した、新しいコミュニケーションデザインなんです。

「おしえあうって、すばらしい。」を企業理念で掲げるsoeasyと、私の個人的な座右の銘「ホスピタリティ(おもいやり)は、快楽である。」という言葉を良い形で掛け算させて価値創造できないか?そんなチャレンジを形にしたのが、この役割、Chief Hospitality Officer「最高おもいやり責任者(CHO)」というデザインになります。

ジョインしたてということもあり、正直にいうと、明確な定義は現況まだありません。

難問あふれる現代において、soeasyのビジネスが、社会課題や産業振興にきっとお役に立てると確信していまして、そのサービスを必要とされている方にきちんとお届けするには、時にソーシャル、時にビジネス、時にパブリックなアプローチが必要と考えています。

そうした思いを「Hospitality(おもいやり)」という、意識的にふわっとした単語に含ませ、その伸び代のようなところに興味関心を持ってくださる方が現れたら嬉しいなと考え名乗りはじめました。

― 入ってみてイメージ通りだったこと、逆に想定外だったことはありますか?

フルリモートを基本としている会社なのですが、社会を見渡しても「フルリモートの成功事例はこれ!」という型があるわけではありません。soeasyもまだまだ発展途上ということもあり、そのあり方については絶賛模索中です。

こうした話も、皆がそれぞれの立場で「どうあるべきか?」を考え、「こんな事例があるよ!」「こうしたニュースを見つけたよ」といったように、社内である意味気軽におしえあう文化がある、というのは完全にイメージ通り、でした。

それが片方向であれ双方向であれ、一緒に働く仲間たちがもっともっと「おしえあうって、すばらしい。」と思いながら、一つ一つの行動の意味を考えていくような、そんな組織に成長していけたら、私自身の幸せにもつながってくる。そんなことを日々考えながらお仕事させてもらってます。

想定外、については「常に仕事は想定外である」というのが私の仕事観なので、いろいろな想定外が当然ありますが、そうした状況もとても楽しませていただいていますね。

― 小菅さんから見た、soeasyメンバーの印象を教えてください!

言葉の力が強いので解釈はそれぞれに出てくると思いますが、一言で言えば「超個性的」な人たちの集団です。いい意味で、仕事をしている顔と、もう一つ、二つの顔を持っているメンバーがとても多いです。

よく多様性を重んじることが世の中解かれていますよね。
組織のメンバーの多様性もそうですが、その「個」が持っている内面の多様性にもとても興味があって、それぞれの方々の様々な顔、一つ一つにとても興味があります。

私自身もよく「個性的」と言われますが、率先してそうした働き方、ひいては生き方を許容するこの文化を持続可能なものにしていきたいですね。

― 最後に今ご転職を考えている方へ、soeasyをおすすめする理由やメッセージをお願いします!

メッセージはシンプルです。

チャレンジする土壌と、共に成長しようとする風土がこの組織には満ち溢れています。一方、まだまだ発展途上でもありますから、その組織の成長と自分の成長を紐づけられる、そんな仲間と出会えること、心から望んでいます。

ご興味ありましたら是非ご検討くださいね^^

株式会社soeasyでは一緒に働く仲間を募集しています
7 いいね!
7 いいね!
今週のランキング