1
/
5

成長産業だからこそ体験できる広報PRとアライアンスの仕事について

はじめまして!
スペースマーケットで広報PRとアライアンス業務を担当してる積田です。
5月にジョインしてから初めての投稿です。
今回は、スペースマーケットだからこそ経験できる広報PR&アライアンス業務の醍醐味を少しでもお伝えできればと思います!

まずは、広報PRの仕事から

広報PRという仕事は、何よりも時代性や社会性という文脈を捉えてタイムリーに情報発信することで、自社のビジョン、ミッションはもちろん、リリースする内容をできるだけ広く知らしめることが重要になります。
その点において、スペースマーケットの事業領域であるシェアリングエコノミーは、「日本再興戦略2016」の中でも重点施策として位置付けられ、日本経済を牽引するドライバとして、また人口減少による様々な社会課題を解決する仕組みとしても期待されています。
このように大きな時代の文脈の中にいることで、成長産業による新たな市場創造及び雇用創出、地方創生、観光立国実現、1億総活躍社会実現、IoT推進等、様々な切り口で情報発信することができ、広報PR冥利に尽きる毎日を送っています!

そして、アライアンスの仕事について

アライアンス業務は、自社、そして提携を結ぶパートナー企業の事業目的達成や自治体の抱える課題解決に向けて、お互いのニーズを理解した上で、双方の価値を交換したり組み合わせて新たな価値を創造することで、個社ではできないことを実現するという大変やり甲斐溢れる仕事です!

シェアリングエコノミーが、新たな成長市場として、また社会課題を解決する仕組みとして大きく注目されていることで、日本を代表するような大企業や、これからの日本を牽引していくベンチャー企業、そして全国各地の魅力溢れる文化資源・観光資源を持った自治体や観光DMOから数多くの提携オファーを頂いており、これまで様々な事例を生み出してきました!
そして、これからも新たなカルチャーを創造するようなワクワクするアライアンスを生み出し続けていきます!!


幾つか具体的な事例をご紹介します。

1.ピザハットと業務提携
・シェアスペース利用のユーザに対して、ピザハット商品をお得に購入出来る特別割引クーポンを発行し、スペース利用者に対して付加価値を提供するとともに、自宅でもレストランでもないシェアスペースにおける新たなパーティニーズを喚起し、市場を創造していきます。

・プレスリリース:http://spacemarket.co.jp/archives/10992
・主な掲載メディア:日経新聞 等

              ✳︎8/22 日経新聞掲載



2.福利厚生サービス大手 ベネフィット・ワンと業務提携
・シェアスペースを福利厚生サービスとして提供し幅広く活用していただくことで、政府も後押ししているシェアリングエコノミー普及を推進していきます。

・プレスリリース:http://spacemarket.co.jp/archives/11008
・主な掲載メディア:日経産業新聞 等


3.長崎県島原市と地方創生に向けた連携協定締結
・スペースシェアの仕組みを活用し、島原市内の魅力溢れる観光施設の有効活用を推進すると共に、市外から人を呼込み、新たな交流及び経済循環を生み出すことで、地域経済活性化を実現します。

・プレスリリース:http://spacemarket.co.jp/archives/11077
・主な掲載メディア:CNET、長崎新聞等 

✳︎9/2 CNET掲載


✳︎島原市との連携協定 記者発表の様子


最後に

スペースマーケットには、広報PR&アライアンスはもちろん、成長産業でしか経験することができない魅力溢れる仕事が沢山あります!今ここでしか経験できないことがあります!!

現在、様々なポジションで一緒に働いてくれるメンバーを絶賛募集中です!!


募集中のポジション:https://www.wantedly.com/companies/spacemarket/projects


皆様のご応募を心からお待ちしております!

株式会社スペースマーケットでは一緒に働く仲間を募集しています
7 いいね!
7 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング