1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

依田、将来について考えてみた。

Photo by ariyan Dv on Unsplash

お久しぶりです!

気づいたら一か月経ちました。社会人の一年はあっという間に過ぎますね、、、あー大変だ。


今回は、前回の続きを交えつつ、自分の将来について考えた時のお話をします。

前の記事を読んでから読んで頂けると助かります!

雑談なのですが、これを書いてる今、タイトルで「未来」と「将来」のどちらを使おうか迷っていました。

言葉の意味を深く考えずに使っていたのでどっちにしていいかわからなくて、、、Google先生に教えていただきました(笑)


未来」は単に先の時間のこと。 具体的な対象がない。 「将来」は具体的な対象があり、その人にこれから訪れる先の時間のこと。


だそうです!(笑)26歳依田、ひとつ賢くなりました。小さな学びの積み重ねが大切です!ってお話です(笑)


すいません。本題に入ります。

前職は、精神的にも、肉体的にもとっても大変なお仕事でした。いわゆる「3K」ってやつですね。

僕はこの仕事を3年くらいかな?頑張りました。毎日朝早くて、寝る時間も遅くて、、、。大変な生活も慣れれば普通になっちゃうんですよ!人間の適応力ってすごいものです。

毎日仕事して疲れて寝るルーティンワークだと、自分の将来について考えることが出来ない、考えることから逃げてました、、、脳死状態ですね(笑)

そんな日常から将来について考えるキッカケになった出来事はウイルス被害が拡大してきてからです。

僕の会社は、ウイルスの除菌・清掃作業などの依頼が多くあったので仕事に困らなかったのですが、色んな業界が経営が大変って状況になりました。

もし、自分の会社が倒産したら、、、「自分には何ができるのか?」、「ちゃんと就職できるのか?」、「そもそも体力的にずっとこの仕事やれるか?」、「薬害は?」など、今の現状と、将来の自分について考えるようになりました。

「自分ができることを増やす」、「手に職がほしい」、必要とされる人材になれば仕事に困ることが少なくなると思い、転職に踏み切ったって訳です!

この経験からウイルスみたいな大きな環境変化がなくても、時に立ち止まって、自分の「現在」と「将来」について考えるようにしています。色々考えていると、物事に目標を持って取り組めたり、小さいことにでもやりがいを感じられたりします!

ルーティンワークを楽しく、ステップアップする向上心を持って取り組みたいですね!!


因みにスピードリンクジャパンは、現場に出る前にしっかりとした研修があります!未経験でも、PC苦手な人も、新社会人の方も、1からきちんと教えてくれるので大丈夫です!(ビジネスマナー講座とかもあった気が)。誰でも最初は初心者です!


現状を変えたい、新しいことに挑戦したい、知識とスキルが欲しい皆様へ

新しい一歩踏み出して一緒に頑張りましょう!!


来月も投稿します!また見てくださいね!!

では!

株式会社スピードリンクジャパンでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう