【インタビュー#7】切磋琢磨できる環境で、皆で知識を学んでいける【会計税務部・泉澤】

こんにちは。人材戦略室の竹内です。

今回は会計税務部の泉澤さんにインタビューしました!

とても落ち着いていて冷静な泉澤さん。メンバーみんな安心してお仕事をお願いしています。

汐留パートナーズに入社したきっかけは何ですか?

泉澤:汐留パートナーズを知ったのは、転職時に利用していた広告媒体がきっかけです。様々な税理士法人を調べていましたが、グループとして行政書士法人や社労士書士法人など様々な業務を引き受けている汐留パートナーズに興味を持ちました。実際に面接を受けてワンストップで業務を行っていることや税理士法人としての業務内容にさらに興味を持ち、面接をしてくれた方の人柄にも惹かれ、入社を決めました。

アシスタントとして入社を決めたのはなぜですか?

泉澤:私は前職でも税務に関わる仕事をしていました。転職をする際にも税務を活かした仕事がしたいと思っていましたが、税務に関する勉強をしたことがなく実務のみの経験に不安も持っていました。一度原点回帰という意味も込めて、税務を勉強したいと思ったことがきっかけです。税理士さんの下につき、税務の仕事と勉強を両立させたいと思い、アシスタントで入社しました。

汐留パートナーズではどのようなお仕事をしていますか?

泉澤:主に自分が担当しているスタッフの月次作業や事務作業、さらに前職の経験を活かして確定申告書の作成などを行っています。複数のスタッフから業務を依頼されるため、優先度の高いものをしっかり選別して業務に取り組んでいます。さらにクライアント様の支払業務を代行する仕事も行っています。実際に預金を動かす仕事になるので、入念に準備をして業務に取り組んでいます。

汐留パートナーズの魅力は何ですか?

泉澤:勉強できる環境だと思います。税理士資格を取りたいと思っている人が多いので、試験勉強するための休暇が付与されることはとてもありがたいと思います。さらに勉強をしたいと思っている人たちで朝の始業前の1時間程度集まって勉強しています。このように、切磋琢磨できる環境でもっと実務に活かせる知識を皆で学んでいけることが大きな魅力だと思います。

汐留パートナーズで今後成し遂げたいことは何ですか?

泉澤:まずはアシスタントととしてもっとスタッフに頼られたいと思います。

「私に仕事をお願いすれば完璧だ」と思われるような業務を心がけていきたいです。

そして今後は、社内のスタッフ皆さんの負担を軽減できるよう、自分がアシスタントとして業務を行っていくだけでなく、アシスタントの手本と思われるような社員になるのが私の目標です。

汐留パートナーズ株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more