Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

体育会に所属する新卒学生の就職支援、既に卒業した元
「スポーツの持つ可能性を様々なフィールドで発揮する」 私たちは、創業9期目のスポーツベンチャー企業で、現在は、「スポーツが持つ可能性を様々なフィールドで発揮する」という経営理念の実現に向けて、「スポーツ」を軸に様々な事業を展開しております。アマ・プロスポーツ人財の就職支援(体育会学生総合就職支援サイト:スポナビ・スポナビキャリア)や、スポーツに関するCSR活動を積極的に行っています。使われなくなったスポーツ用品をウガンダの学校へお送りしたり、プロ野球選手を招いた子供向けの野球教室や、チャリティーオークションを開催したりした実績もあり、今後も、プロ・アマ、社内・社外のアスリートのつながりを活かして、さらにスポーツに貢献する活動を加速させていく予定です。 また、社内でもスポーツの実施を積極的に支援しており、先日も当社従業員が7人制ラグビーで国体優勝するなど多方面にわたり、スポーツを推進しています!さらには、プロスポーツチームやアスリートへのサポート、また社内での交流(全社員運動会、社員同士でのスポーツ観戦等)などを実施して来ましたが、引き続き経営理念にもある、スポーツを通じた社会貢献活動と地域、日本の発展に寄与すべく、日々取り組んでいます。

なぜやるのか

社会貢献活動
大学スポーツのチームビルディング
創業以来、私たちは、「スポーツが持つ可能性を様々なフィールドで発揮し、日本の発展に貢献する」という経営理念の実現に向けて、アマ・プロスポーツ人財の就職支援を中心に、スポーツを通した社会貢献活動などを積極的に行っておりました。スポーツの可能性は、まだまだ日本で過小評価されていると感じていて、私たちはさらにその可能性を広げていきたいという想いで、事業、CSR活動を実施しています。

どうやっているのか

2017年社員旅行
「スポーツが創る未来」 私たちスポーツフィールドは、これからも体育会人財の支援によってスポーツにチャレンジしてきた人たちがさらに活躍できるようなサポートをしていきます。またテクノロジーを駆使した「スポーツ×○○」の新規事業にもチャレンジし、「する、観る、支える」スポーツの発展に貢献することで、スポーツの価値を様々なフィールドで発揮できる環境作りにチャレンジしていきます。 単なる人財屋ではなく、私たちは、スポーツの価値や可能性をもっと高めるような事業や取組を行っていくスポーツベンチャーです。現在取り組み中で言える範囲としては2例ありまして、一つはスポーツ人財の価値の見える化(定量化)です。スポーツをやってきた方の就職前後のデータが日本で一番集まるのは当社であると自負しています。サッカーをやってきた人は野球をやってきた人より営業に向いている?!オフェンスよりもディフェンスの方が離職率は高い?!など定説を支持したり、覆すようなスポーツ人財の価値を統計分析で数値化したりしていくことを検討しています。もう一つは、スポーツの領域で次から次に新規事業を起こしていくためのアクセラレータプログラム。つまりスポーツ領域の起業家支援をすることで、常に新しい事業や、プロジェクトを積極的に実施していくということです。以上2例は私たちが今後取り組んでいく例でしかなく、さまざまな活動を通して、スポーツが持つ可能性を追求し続けるというのが、私たちの一番大切にしている行動指針です。

Page top icon