1
/
5

「今年こそ変わりたい」変化を求めて突っ走った2021年【社員インタビュー】

こんにちは!スポーツフィールド広報担当です。

今回から上半期社内表彰受賞社員たちのインタビューをお送りいたします★

第1弾で登場するのは、九州オフィスで働く柳さん!

なんと!柳さんは、上半期、最も優秀な成績を収めた社員に送られる個人MVP(新卒部門)とスポーツフィールドが大切にする行動指針を最も体現した人に送られるSFアワードのW受賞!

スポーツフィールドに入社した経緯から2021年の振り返り、2022年の抱負などお聞きしました!

◆プロフィール

柳雄治朗(やなぎゆうじろう)

入社:2017年10月 スポーツフィールド 中途入社
所属:体育会・スポーツ事業本部 体育会事業部門 九州Div
役職:セクション長代理
競技:サッカー
★2021年上半期 新卒部門個人MVP・SFアワード受賞

現在はプレイヤーとして体育会学生の就職支援と顧客企業の採用支援を担当しながら、チームのマネジメントを行う。


◆社員インタビュー


本日はよろしくお願いします。

Q.これまでの競技経験を教えてください!

兄の影響でサッカーを小学校1年生から始め、大学4年生までサッカー一筋でした!
ポジションはずっとキーパーでした。(よく意外!と言われますが。笑)
大学生のころまでプロサッカー選手を目指していました!




Q. 大学卒業後、1社目ではどのようなお仕事をされていたのですか?

大学卒業後は、地方銀行に就職しました。
就職活動では、人の人生の選択や重要なタイミングに携わるような仕事を軸に企業を探していました。そんな中でも、お金は人生の中ですごく大切だし、大きな選択の時にはお金が携わることが多いと思い、銀行に入社しました。

一方で、元々はプロサッカー選手を目指していたこともあり、就職活動を他の人のようにたくさんやっていた訳でもなく、正直、” 銀行だったら安定しているだろうし…”、”自分が大切にしたい軸にはあっているし…”、という気持ちもありました。

銀行では、主に「融資」といわれる企業の開業資金や個人の住宅ローンなどで貸し付ける業務を担当していました。

銀行に1年半勤めて、スポーツフィールドに転職しました!

Q. 転職を考えた始めたきっかけは何だったのでしょう…?

入社してみて思ったのは、就職活動を疎かにしてしまっていたこともあり、業界の理解や知識が浅いまま、安易な考えで就職先を選択していたということです。仕事内容や企業風土にGAPを感じることがとても多かったですね…。

そんな中で、「人の人生の役に立つ方法」は他にももっとあるのではないか…、と考えるようになったのが転職を考え始めたきっかけですね。


Q. 次に、スポーツフィールドとの出会いを教えてください!

転職を考え始めた時に、学生時代に使用していたスポナビ(※)の担当スタッフに連絡しました。

※スポーツフィールドが運営する体育会学生のための就職支援サイト

その時に、「うち(スポナビを運営しているスポーツフィールド)受けてみない?」とお声がけいただいたことがスポーツフィールドを知ったきっかけですね。(スポナビを運営しているのがスポーツフィールドということを始めて知りました)

スポナビの仕事は、就職活動という人生の中でも重要なタイミングに携わる仕事であることや、体育会学生を対象としているところに魅力を感じましたね。
自分自身の学生時代を振り返っても、就職活動を疎かにしたことへの後悔があったので、そこに携われることが入社の決め手でもありました。

ずばり!入社した当初のスポーツフィールドの印象は?

入社後、すぐ社員旅行に参加せてもらって、そこで全社員が集まって表彰式があり、非常に盛り上がっていたことや受賞者のスピーチが印象的でした。とにかく、みんなめちゃくちゃ燃え滾っている印象が入社当初は強かったです(笑)

あとは、「みんなお酒強っ…」という印象がありました。(個人の見解です)
もともと結構飲める方だと思っていたのですが、全然敵わなかったですね(笑)


Q. 今の仕事のやりがいを教えてください!

入社してからプレイヤーとして仕事をしている時は、一言で表すと「いけいけどんどん!」でしたね。ある意味、周囲のメンバーのことはあまり気にせず、お客様のために、学生のために、自分が立てた目標を達成するために…と自分のことだけを考えてただひたすらに突っ走っていましたし、そこがおもしろさ・やりがいでもありましたね。

今はセクション長代理というマネージャーの役職となり、また新たな面白さも感じ始めています。
メンバー一人ひとりのストロングポイントを見つけて、それをいかに引き出せるか…、と試行錯誤しながらチームをマネジメントすることに面白さを感じています。




Q. 2021年はどんな1年でしたか?漢字一文字で表すと…?!

「変」

色々考えたのですが、「変」を選びました!
この1年は自分自身、変化を求めて突っ走った1年だったと思います。

ちょうど1年前に組織編成があり、色々と大きく変わるタイミングで、九州の責任者や上司が代わり、新しい人たちとの出会いがあり、環境が変わるこのタイミングをどう活かしていこうか考えていました。

これまで「変わりたいけど、変われないな…」というのをずっと思っていたのですが、変われないのではなく、「変わろうとしていない」ということに気づき、この1年は変わろうとする姿勢や行動を大切にしていくことを決めました。

そこが自分の中で大きく変わった1年で、変わったからこそ、一つひとつの選択や決断が良い方向に進み、今年度は大きなチャンスを掴めたと思います。


2020年:社内表彰受賞回数 個人0回/チーム0回
2021年:社内表彰受賞回数 個人3回/チーム3回


誰とどのタイミングで出会うか、そこで何を学び、どう活かしていくのか。また、 チャンスをものにするために常日頃から準備をしておくこと。そして、ベストな選択・決断ができるかが重要だとこの1年で気づくことができました!


Q. 今年1年、何か新しく挑戦されたことはありますか?

今年は、コーチングの勉強をはじめ、資格も取得しました。

コーチングを学ぶ中で、これまでの私は、無意識に自分の解釈で、相手のことを決めつけてしまうことが多かったことに気づかされました。「相手はこう思っているだろう…」、「こう考えているに違いない…」など。

ですがコーチングを学び、考え方や捉え方、メンバーとの関わり方がが大きく変わりましたね。
メンバーの考えや思っていることを引き出そうとしたり、相手のことを理解しようとするようになりました!

自分自身の変化もチームの変化もすごく実感できていますし、何より、チームの雰囲気がすごくよくなりましたね!


Q. 2022年はどんな1年にしていきたいですか?

2022年のテーマは、「1ミリの成長・1歩の挑戦」です。

現状維持は衰退とよく耳にすると思うのですが、「自分たちはこんなに頑張っている」「このやり方が1番正しいんだ」のように現状維持をしようとするのではなく、日々ブレイクスルーすることで、挑戦を繰り返して、成長を実感してきたいと思っています。

また、マネージャーとしてはじめて丸1年間過ごす年にもなりますが、九州エリア全体や会社全体のことを考えて、動いていきたいですね。一つの目標として、九州として過去最高売上げ更新を目標にしています。

あと、一緒に働くメンバー一人ひとりの思い描くキャリアを実現できるようにマネージャーとしてのサポートも、ひとつのミッションとして掲げています。


Q. 仕事をするうえで大切にしている考え方、教えてください!

明確な「目標」と達成への「信念」を持ち続けること
特に、” 持ち続ける "という部分を大切にしています。

嫉妬・妬みを持たない
前までは、結構、嫉妬や妬みを持つタイプでした・・・(笑)
特に去年1年間、個人としてもチームとしても全く社内表彰を受賞できていなかった中で、全体会議の表彰の時に正直、嫉妬や妬みの感情がありましたね。

ですが、本を読む中で嫉妬や妬みの感情について、「嫉妬や妬みを持つ時間はもったいない」、「人の悪口を言っている時間がもったいない」「そう思っている自分がかっこ悪い」「自分の成長を止めている」などの内容に出会いました。

そこから考え方が変わり、嫉妬や妬みをもたないということは、今も大切にしていることですね!



Q. スポーツフィールドの魅力、好きなところは?!

役員や事業部、エリアの責任者の皆さんが強気な姿勢を前面に出して、会社やエリアを引っ張っていってくれるところはとても魅力だと思います!

コロナ禍で先行き不透明な状況だったときも、下向きな話や発信を役員や上司から聞いたことがありません。
また、世の中的には、オフィス縮小が進む中で、スポーツフィールドとしては全国的にオフィス拡張が進んでおり、九州オフィスも今年拡張し、会社としての攻めの姿勢を感じましたね。


あとは、月に1回の「全社会議・表彰式」、年に1回の「入社式・社員運動会 in札幌ドーム」・「社員旅行 in海外」は魅力のひとつですね!
現在コロナの影響でオフラインで全社が集まるイベントは中止が続いていますが、復活する時をみんなが楽しみにしていると思います!




Q. どんな人がスポーツフィールドにぴったりだと思いますか?

GIVE&TAKEのGIVEを大切に出来る人、GIVE&GIVEが出来る人は、スポーツフィールドにぴったりだと思います。
スポーツフィールドは現在、就職支援・転職支援・アスリート支援と、人財ビジネスが中心となっているため、対「人」の仕事で、尚且つ一人の人生の重要なタイミングに携わる仕事になります。

そのため、どれだけ目の前の学生・求職者にどれだけ向き合うことが出来るかが大切な中で、GIVE&GIVEは重要ですね。



Q. 最後に・・・、就職・転職を考えている方へ一言お願いします!

就職活動・転職活動は、入社が「ゴール」ではなく、「スタート」です。
自己実現のために、最適な会社は、どんな会社なのか。を深く考え、たくさんの企業と出会ってください!

そして弊社の理念である、「スポーツが持つ可能性を様々なフィールドで発揮する」へ共感した方は、ぜひ一緒に未来を切り開いていきましょう!!


柳さん、ありがとうございました!



【社内アンケート調査】中途入社1年目Ver

【社内アンケート調査】新卒入社1年目Ver

株式会社スポーツフィールドでは一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング