1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

業務の見える化について

効果的な業務改善を目指すなら

まずは業務の実態を把握するための「業務の可視化/見える化」を行い

現状の業務のプロセスの流れ・工数や人数、現在の問題や事象

潜在化している真因の把握を最優先にしなければいけません。

①なぜ業務改善がいるのか?キーワードでもよいので20個程度書く

②業務改善したら今よりも作業時間・労働時間・経費・予算はどれぐらい

変化するのか?(数字に落とし込む)

③改善することはツール・作業で効率化出来るのか?

④改善した後の時間・資金をどのように活用するのか明確にする

①~④を行うことにより小さな改善が繰り返し可能になると思います。

時間・資金が数字によって可視化されれば

①外部へ委託②社内でアイデイア作り③社外の方と情報収集

など小さなことですがコツコツ改善すれば強い仕組みとなり小さな成果が

大きな成果となります。

spreadwithでは一緒に働く仲間を募集しています
今週のランキング