誰もが知る超大企業を飛び出し、”他人に決断を委ねない生き方”を選んだ理由

こんにちは。スタークスで新規事業の立ち上げに奮闘している上野と申します。新卒では、グローバルなキャリアに憧れ、同志社大学を経てキリン株式会社に入社。その後、社員数5,000人の超大企業であるキリンから、当時たった十数名のスタークスにどうして転職したのか。今日は、ちょっと長くなりますが、その理由を振り返りたいと思います。

タージマハルでグローバル・ビジネスに目覚める

話は大学2年生の頃に遡ります。昔から歴史が大好きだった僕は、大学でもらったチラシの「タージマハル」という1枚の写真につられ、インドへ短期インターンに行ったんです。日系の超大手現地企業を何社か訪問し、新規事業を現地駐在員にプレゼンするインターンでした。

僕は人生でひと目見てみたかったタージマハルを見ることができて大興奮。しかし周りのメンバーは、「いまインドが伸びているから」「将来の起業のヒントにしたい」「就活で海外企業を目指している」など、ビジネス感覚を持った優秀な学生ばかり。当然、「タージマハルを見たいから」なんていう理由で参加しているのは僕だけ。もちろん、インターンの最終プレゼンの結果も最悪でした。そんな自分の浅はかさに落ち込む一方で、プレゼン相手の海外駐在員の人たちは本当に優秀で格好良く、当たり前ですが圧倒的な力の差を見せつけられました。

子供の頃から、野球や駅伝などスポーツで努力してきたからかもしれませんが、負けず嫌いな自分は、インドで圧倒的な存在に出会ったことで「グローバルで働く」ことを目標に据えました。そして、早速大学3年を1年間休学してオーストラリアのブリスベンに留学することに。インドで出会ったビジネスマンのように、”いつか海外で働きたい”という夢を実現するべく、ブリスベンのFMラジオ局でMCに挑戦したり、長期間の海外インターンで修行してみたりと、自分を殻を破るために思い切りチャレンジしました。

その結果、圧倒的な自信をつけた僕は、帰国後すぐに就職活動をはじめ、「絶対に海外で働きたい」「自分が主体的にチャレンジできるような仕事がしたい」という想いを伝え、複数社内定を頂いた中でキリンに選びました。

振り返ってみると、高校を中退する人が一定数いる環境で育ち、浪人を経て大学に進学、親や友人からも認めてもらえるような大企業に内定したことで、少し調子にのっていました。就職はキャリアのスタートであるはずが、「これで自分のキャリアは約束された」そんな奢りもあったのかもしれません。

マザーハウスが気づかせてくれた自分の無力さ

無事キリンに内定をもらい、時間ができた僕はたまたま先輩から紹介されたのをきっかけに、卒業までの間、東京にシェアハウスを借りてマザーハウスという会社でインターンをすることを決意。マザーハウスは、「途上国から世界に通用するブランドをつくる」というミッションを掲げ、バングラデシュを代表とする”途上国”でバックやファッション雑貨を生産、日本、台湾などの直営店で販売するベンチャーです。

内定先への入社前に少しでも”グローバルなビジネスを体験したい”、そんな思いでマザーハウスに入ったのですが、その濃密な5カ月間は今でも忘れられません。これまでも長期インターンなどで何度か働く経験はありましたが、圧倒的に優秀で個性もバックグラウンドもバラバラなメンバーが、1つのミッションのもとにベクトルを揃え、目標に邁進している様子は衝撃的且つ快感ですらありました。

でも、時は流れて4年生の3月、いよいよ内定先への入社が迫り、インターンを卒業する日が近づくにつれて、僕は気づいてしまったんです。本当にいい経験ができたと感じる一方で、「自分がこの会社に残せたものが何もなかった」ということに。悔しかった。就活でも自分はチャレンジできる人間だとアピールし続けてきたのに、実際のビジネスの現場では結果を残せなかった。

ありがたいことに、そのまま会社に残り、結果を出せるまで携わるという選択肢もありました。ただ、そこで僕は挑戦する決断をしませんでした。「まだ十分な力がないから大企業でしっかり修行しよう」そんな風に自分に言い聞かせ、もやもやした想いを抱えたまま、キリンでの社会人生活をスタートさせることになります。

夜11時のテキーラショットで営業開始

キリンでは半年の研修を経て、東京本社直下の新しく立ち上がった営業部門に配属が決まりました。

扱う商品も国産ビールだけではなく、ウィスキーやワイン、クラフトビールなど多種多様な商品を洋風バルやクラブなどのいわゆる「イケてる店」に開拓する部門です。夜11時からテキーラショットで営業開始もザラ。翌日明け方にはお礼を目的に再訪問するというのが当時の営業スタイルでした。営業を通じて世に知られていないブランドを広めるのは楽しかったですし、それなりに結果も出せていました。そのまま7~8年働けば海外へのチャンスも見えてくる手応えもあり、優秀な先輩にも恵まれ、おおむね順風満帆だったと思います。


ただ、会社からの期待も大きい新規営業部門に配属されたといっても、そこは100年以上に歴史を持つ会社。何でも自分の裁量で大胆にはやるというわけにはいきません。自分では気がついていなくても、日々の仕事が海外にいけるまでの時間を待つだけの期間になっていっていました。

今度こそ、挑戦する。そう決断した上ノ山との出会い

スタークス代表の上ノ山に会ったのはそんな時でした。キリンをすぐに辞めるつもりはなかった僕は、「転職するつもりはないけれど、話すだけなら減るものでもないし」と軽い気持ちから、知人の紹介で上ノ山に会いに行ったんです。ところが会ってみると、上ノ山がもうひたすら喋り続けてくる。僕は5%くらいしか話していなかったんじゃないでしょうか。では残りの95%はというと、上ノ山がスタークスのビジョンを語り続けていました。想いをもって目を光らせながらずっと話し続ける、「社会人でもこんな純粋な人がいるんだ」と感心しながら、僕は昔のことを思い出していました。そう、マザーハウスでの5カ月間です。全員がビジョンを共有して、全力で仕事に向き合うあの感覚。それに気づいた瞬間、ふつふつと昔自分が持っていた「挑戦への想い」が蘇ってきました。

就職の時は、親が誇れるような選択をすることが、恩返しだと思ってキリンを選んだのも事実です。もちろん、その気持ち自体は嘘ではないし、喜んでくれたと思います。でも、今思い返せば、それは決断を他人に委ねていただけではないか。自分で決断せず、理由をつけて安心できる道を選んでいただけだったと気づいたんです。同じことを繰り返している限り、結局いつまでも自分は自分で決断する人生を生きることはできない。今度こそ、挑戦する。そう決意し、転職する気などまったくなかったにも関わらず、”挑戦”とそれを後押しする自分の将来、スタークスの未来に対する”ワクワク感”を胸に転職を決断したのでした。スタークスには「Ownership(全員経営者)」というVALUEがありますが、やっと自分の仕事やキャリアに対して真に主体的になれた瞬間でもありました。

物流という社会課題を”ラストワンマイル”で解決する

スタークスに来て初めての仕事が、ラストワンマイルのビジネスを新規事業としてやるべきかを検討するためのリサーチでした。そのとき僕は「いまのスタークスではすぐにはできない。ただ、こういうステップを踏んでリソースを確保すればできる」と結論づけました。「じゃあ、誰がやろうか。お前やる?」そんな上ノ山の言葉に対して、挑戦する準備はできていました。まさか自分が入社してすぐ新規事業をやることになるとは思わなかったですし、そのスピード感にも驚きましたが、もう迷いはありませんでした。



「ラスト・ワンマイル」とは、宅急便や宅配など、配送ビジネスにおいて、配送先に至る最後の1マイル(約1.5km)のこと。全国的な配送網や倉庫でのオペレーションなど、オートメーション化、デジタル化されていっている部分はありますが、中でも最後に人の手に渡るまでのラスト・ワンマイルは、人が動かないといけないアナログな環境です。そのため、労働環境が悪くなりがちで、慢性的な人出不足や、遅配などの品質問題が多く、無視できないレベルの社会問題になっています。

「マーケット・イノベーションで社会課題を解決し、世界に新しい可能性を拡げる」というミッションを掲げるスタークスにとって、ここに革新を起こせれば、ビジネスとしても社会課題を解決するという意味でも大きなアドバンテージになると信じています。

今は、ラスト・ワンマイルの課題解決を実現するために、配送拠点を増やすべくデータサイエンティストとタッグを組んで、需要予測や解析などをしながら、効率的な物流を提案しています。本当にゼロから事業を切り拓いていくことに情熱を感じています。もちろん、日本で課題解決の手法を確立させたら、次は海外にも拠点を展開していこうと思います。

入社当時の強い想いを忘れかけているあなたへ

大企業で働いている若手の方で、自分みたいにもやもやしたまま大企業に入社した方や、強い想いを持って入社したのに、振り返ればそんな想いを忘れかけている方には、ぜひお会いしたいですね。全ての会社がそうとは思いませんが、大企業は資本やリソースがしっかりあり、社内にも経験やノウハウがたくさんある一方で、スピード感や若手の成長環境という意味では物足りない場合もあるかと思います。今この瞬間の社会課題を解決するために仕事をしている、そんな実感を持つことが難しい場合もあるでしょう。あと40年この会社にいるのは長すぎる、でも今すぐ転職したいとも思えない……そんな人こそぜひ相談に来てください。もちろん、美味しいお酒の飲み方もアドバイスできますよ!

スタークス株式会社's job postings
Anonymous
Anonymous
Picture?height=40&width=40
15073389 1024694247639607 264701230887786610 n
18425372 1040143372754023 6103220278573204471 n
440518ad 86a4 4c16 9201 13479aee12de?1537452221
39 Likes
Anonymous
Anonymous
Picture?height=40&width=40
15073389 1024694247639607 264701230887786610 n
18425372 1040143372754023 6103220278573204471 n
440518ad 86a4 4c16 9201 13479aee12de?1537452221
39 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon