内定式にイノベーションが起きた!?内定者自らプロデュースした内定式を執り行いました!

こんにちは!スタークスの人事担当 國崎です。

今週11月6日火曜日、スタークスでは19年新卒の内定式を行いました。

今回の内定式は「内定者自らが企画しプロデュースする」というもの。企画から運営まで全て内定者が考え実行まで行うというスタークスでは史上初の取り組み。

社員はもちろんのこと、代表ですら直前まで内容を知らないという非常に斬新な企画でしたが、色濃く思い出に残る内定式となりました。

今日はそんな内定者プロデュースの内定式について、少しだけご紹介いたします!

「内定者プロデュースの内定式」が生まれたきっかけ

なぜ「内定者プロデュースの内定式」が生まれたのか?

それはとある人事部の定例MTGで出た「内定者の皆に、自分たちで企画してもらったらどうか?」という言葉がきっかけでした。

スタークスはマーケットイノベーションカンパニーで、スタークスのメンバーはそこで働くマーケットイノベーター。自分たちの内定式からイノベーション起こしてもらおう、ということで、内定者の初仕事として「内定者プロデュースの内定式」という今までにない企画がスタートすることとなったのです。


コンセプトは「僕たちのことを知って下さい!」

約3週間の準備を経て、いよいよ内定式が開幕。開始と同時にオープニングムービーが流れ、かっこいい音楽と共に、内定者5名が登場。「皆さんお疲れ様です!!」と元気の良い挨拶で、内定式がスタートしました。

彼らの格好は皆「オールホワイト」。「新たなスタート」と「純白な想い」という2つの意味を込めて、白色の衣装で登場。全員が衣装のどこかに「★」マークのものを身に纏い、スタークスらしさを表現してくれていました。

コンテンツ1つ目は、【この人は誰でしょう?ゲーム】。内定者を良く知る社員からのインタビュー動画をもとに、内定者の誰のことを言っているのか?を当てるというゲームが企画されました。

彼らのパーソナルな情報や就活時代の話しなどが流れますが、意外とわからず、苦戦する社員たち… 思わぬ一面を知って、と驚く場面もありました。

続いてのコンテンツは、彼らにまつわるクイズが出題。某番組にちなんで、「XPPONグランプリ」が開催。これも意外な一面ばかりで、なかなか当たらないかと思いきや、意外と正解を出す人も!和やかな笑いも起き、楽しく会が進んでいきました。


想いのこもった決意表明に胸が熱くなる

最後は代表から内定証書を授与し、一言メッセージをプレゼント。「これで終わりかな?」と思いきや、ここで彼らから「入社にあたっての決意表明をさせてほしい!」と1人1人から熱い決意表明が。

ー「僕がスタークスに入社したのは、死ぬときの状態を考え、その理想がスタークスにいることで成し遂げられると思ったからです。」

ー「今社会で起きている不を解消することで、より多くの人に幸せを与えたいので、マーケットイノベーションで社会課題を解決していくスタークスに決めました。」

ー「困っている人に対して既に存在するナレッジやリソースをシェアすることで、豊かさや幸せが分け与えられるような、そんな世界を私は作りたいです。」


色んな思いを持って入ってきてくれた彼らの言葉を聞き、聞いている社員は思わず胸がいっぱいに。彼らのその強い意志に感銘を受けると共に、彼らが入ってくるあと5ヶ月後までに更に誇れる企業にしよう。そんなことに気付かされた瞬間でもありました。

最後には写真撮影。皆がこれから色んな経験を積むことで、自分なりの色に染まってくれることに期待しています!



様々なことに「イノベーション」を起こす!

初めて実施した、内定者プロデュースによる内定式。笑いあり感動ありの、まさに「イノベーションが起きた内定式」となりました。

せっかく実施するなら、何事も既成概念に縛られず、自分たちで次の「当たり前」を創った方が面白い。スタークスは、そんな想いを持って、これからも色んなことにイノベーションを起こし続けます。そんなスタークスに今後もご期待下さい!

スタークス株式会社's job postings
21 Likes
21 Likes

Weekly ranking

Show other rankings